「だてにはげてない」杉浦佳浩さんインタビュー〜夢を持つのに遠慮はいらない〜


働く女性の皆さん、こんにちは。今日は、だてにはげてないでお馴染みの、杉浦佳浩さんの記事の第二弾。杉浦さんとお会いする度に思うのは「何故そんなにいつも楽しそうなのか?」ということ。それは、浮ついた楽しさではなくて、”人生が充実している”という本当の意味での楽しさだということが、ひしひしと伝わってきます。今日は、その理由をさぐるため、杉浦さんの仕事観を紐解いてきました。

1.仕事することは、食べることと同じ。

20151217092819

ー杉浦:毎日、ご飯を食べるでしょ?食べないと死んでしまいます。仕事も一緒です。食べることも、仕事することも、生きることも、全部含めて、自分の人生です。最近はよく、「ワークライフバランス取ろう」「ブラック企業で働くな」と言いますが、そうやって無理に仕事と人生をわけようとすることには違和感があります。人生は、自分のやっていることが、自分の人生に同化した途端に、全てが楽しくなるものです。

ー高野:ほんとにそうですよね。「ワークライフバランスを目指す」ところに集中し過ぎるよりも、まずは仕事で実力をつけることのほうが先決だと思います。

ー杉浦:そうですね。やはりある期間は、無我夢中で働くことも大事やと思っています。僕も「1年365日のうち、364日は仕事をしていた」という時期がありました。別に長時間労働をすすめているわけではないのですが、夢中で仕事して得たこと、経験したことが自分の土台となって、今があると思います。

2.夢を持つのに遠慮は要らない。

20151217082231

ー杉浦:最近、企業の若手社員さんに話をする機会を頂くことがあり、その時に皆さんにお聞きします。「皆さんの夢は何ですか?」と。すると、無難な答えが返ってくることがなんと多いことか!「え?それってすぐ達成できるやん。それ、夢って言わへんよ。」と思わず言ってしまいました。

ー高野:「確かに、以前、『正社員になるのが夢です!』というキャッチコピーの政党のポスターを見て、少し違和感を感じました。

ー杉浦:もっと大きな夢をもっていい。夢を持つのに遠慮なんて要らないんですから。「そんな大きなこといったらカッコ悪い」「どうせ無理だ」と思うのではなく、自由に夢を口に出してみたらいいんです。

だって、人生は一度きりです。そして、みんないつかは死ぬんです。もしかしたら、明日死ぬかもしれません。その時に、後悔しませんか?ということです。死ぬ前に「もっとこうしておけばよかった!」なんて、もったいなさすぎる。

僕が3日で27件のアポいれるのも、極端に言えば、明日死んでも後悔しないくらい、一生懸命生きたい、「1日1生」が根幹にあるからです。

20代の頃「自分のやっている仕事が日経新聞に載ったらかっこいいなーいつか日経新聞に載りたいなー」と漠然と夢見ていました。周りは「何言ってるん?」と馬鹿にしていました。「いちサラリーマンが無理に決まってる」と。

そしたら、40歳の時に日経新聞に載ったんですよ!しかも、金融欄に!!(金融欄に掲載されるのはなかなか難しい)僕の名前は出ていませんが、僕の仕事が「損害保険業界初」という見出しで掲載されました。もちろん、僕だけの力ではなくて、周りの皆さんのおかげなんですが、大変嬉しかったですね。思い描いていたことが実現した達成感が重なっていくうちに、仕事が楽しい歯車が回り出したのだと思います。

次のページ>>> 杉浦さんは、仕事を通じて奇跡を起こす魔法使いのよう…


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 働き方変革シリーズVol5.自分や会社の価値をあげる方法

  2. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜Snip 清水幸樹さん〜

  3. 子育てで女性のキャリアは断絶される?〜働き方を創り出すまでの軌跡〜

  4. まともな年の重ね方~変化し、違いを受け入れる~

  5. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜FCS 藤本繁夫さん〜

  6. 9/15(木)女性社長役員におすすめ!関西初西日本ベンチャーセミナー@大阪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 自分を整えるということ ー 余白のススメ

    2019.02.18

  2. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  3. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31

  4. 2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~…

    2019.01.25

  5. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15