気になる記事をClick!

腸内細菌不足は赤ちゃんの発育に悪影響?〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜


働く女性の皆さんこんにちは。神戸を拠点に2008年から産院のキッチンで働くチームとして活動をされている「みらいたべる」さん。
その中で、産み育てるための食事「産育食」を広く伝えるために「月とみのり」というサイトを運営されています。

素敵な記事の中から、オススメをご紹介していきますね。今回ご紹介するのは【産育食ラボ速報】妊婦さんが腸内細菌不足だと、子どもの脳の発達に悪影響!?です。

1 腸内細菌が少ないと、産まれた赤ちゃんに発達障害って…!?

10.5-9 アイキャッチ
福井大学の研究チームが行った発表によれば、妊娠中にお母さんの腸内細菌が少ないと、生まれたお子さんに発達障害が出る可能性があるとのことです。研究結果は国際的学術雑誌「PLOS one」に掲載されました。

2 腸内細菌が子どもの行動に影響するの?

4aeba54c3a3e5cba8ffa0e24a8192863_s
福井大学こころの形成発達研究部門の栃谷史郎特命助教らは、お母さんの腸内細菌が赤ちゃんにどのような影響を与えるかを調べるために、マウスを用いて実験を行いました。実験では妊娠中のマウスに抗生物質を与えます。すると抗生物質によって、腸内細菌が減ってしまいます。このような方法で腸内細菌を減らした母マウスから生まれた子マウスについて、体重や行動を観察しました。

腸内細菌の少ないお母さんから生まれた子マウスの生後1週間目の体重は、正常な子マウスよりも軽くなりました。また行動観察を行ったところ、活動時間帯になってもあまり活発に動き回らず、飼育箱の壁沿いにいることが多かったのです。これは不安感の表れだと考えられます。

実験ではさらに、正常なお母さんから生まれた子マウスを、腸内細菌を少なくした母マウスに育てさせました。するともともと正常だった子マウスも、体重が通常より軽く、行動にも異常が出ることがわかりました。

反対に、腸内細菌の少ない母親から生まれた子マウスを正常な母マウスに育てさせると、体重も行動もほぼ正常でした。この実験結果から、赤ちゃんマウスは生後に腸内細菌を受ける機会が減ることで、異常が出ることがわかります。

次ページ >>> 健康のカギを握る腸内細菌。腸内細菌は腸の中に住む菌を総称した…

 


ページ:

1

2

関連記事

  1. 社内初時短管理職ワーママに編集長が突撃取材!〜井本七瀬さん〜

  2. マーク・ザッカーバーグの育休取得で日本の父親の育休取得は進むのか?

  3. 育休復帰後、部署や本人の不安や不満を解決するために最も大切なこと

  4. 12/4(金)女性向けイベント「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2015」開催!@大阪

  5. いたずら大好きな赤ちゃんにぴったりなおもちゃ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. つわりに効く生姜ドリンク〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  7. Woo!編集長髙野の出産復帰対談〜だてはげ活用術特別企画vol.9〜

  8. 最新の研究結果「つわり」の役割〜 神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  9. 働き方変革シリーズVol1.私が働き方を変えると決めた決定的な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP