気になる記事をClick!

天職を見つけた働く女性に編集長が突撃取材!〜FAITH 小川由佳さん〜

ceofaith
小川 由佳

小川 由佳

小川由佳(おがわゆか) FAITH(フェイス)代表

メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。

■一言メッセージ:働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!


働く女性の皆さんこんにちは。転職を重ねる度にステップアップされ、外資系企業のマネージャーも経験。現在は働く女性をサポートするコーチングや企業研修をされながらも一児の母である小川由佳さん。Woo!のネタリストとしても活躍中です。その華々しい経歴の裏には、働く女性がぶつかる壁を1つずつ乗り越えてこられた経験と、その中でも自分らしさを貫いてこられた軌跡がありました。

1.20代は、答えの出ない自分探しの道のりだった。

2016-2-19-12%e6%99%82%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

ー小川:小学生の頃。周りの友達は「保育士さんになりたい」っていう子が多かったんです。でも私は、当時ちっちゃい子が苦手で、自分が小学生なのに「中学の先生になりたい!」と言うような子どもでした。自分自身まだ子どもなのに…笑。

英語が好きだったので、大学は英文科に入学し、英米文学を学びました。大学時代に読んだ中で、今でも心に残る本があります。

それはアメリカのある小説だったのですが「物事をどう感じるかは、全て自分の捉え方次第」ということが描かれていました。起こった出来事は1つでも、人によって色々な捉え方があるという”発見”に感動し、その考え方にとても興味を持ちました。

今思えば、そのときの興味と、現在の『人の可能性をサポートするコーチや講師』という仕事は、ちゃんと繋がっている。若い頃は、「何をやりたいのか」頭で色々考え過ぎて答えが出せずに悩んだりましたが、結局自分の直感は嘘をつかない。心の奥底はちゃんとわかっているのだと常々思います。

ー高野:結局巡り巡って最初の答えに戻ってくること、私も多いです。直感は正しいことが多いですよね。そもそも大学卒業後の進路はどうやって決められたのですか?

ー小川:「中学の先生になりたい」と言っていましたが、大学在学中に教職免許を取ることにはあまり興味がありませんでした(笑)英文科で勉強した人は結構教職免許取る人が多いんですけどね…。
ですので私は普通に就職活動をしました。

「一生仕事したい!」という気持ちがあったので、結婚しても子どもを産んでも働き続けている女性が多かった日系のメーカーに就職しました。

ー高野:日系で、女性が結婚出産しても働き続けられるなんて、当時としては珍しいほうですよね。

ー小川:そうなんです。ですからとても惹かれました。希望通り海外営業部に配属されたのですが、実際に担当になったのは、海外の工場へ部品を供給したり、逆に、日本の工場へ部品を調達したりする、物流(ロジスティクス)関係の仕事でした。

居心地のいい職場でしたが、ただ少し物足りなさもありました。

「20代のうちに『自分はこれだ!』と言えるものを見つけたい、キャリアを積みたい」と思っていましたし、自分がどこまでいけるのかもっと試してみたかった。

そこで転職を決意し、外資系のメーカーに就職しました。前職の経験を活かし、その転職先では業務プロセスを作ったり、物流業務の立ち上げを担当しました。

ただやはり日系企業とは全然違いましたね。ある日突然上司がクビになっていなくなってしまうこともありました…!「外資系って本当にそんなことあるんだ!」と衝撃でしたね。仕事自体はとても面白かったです。

ー高野:180度違う会社に転職された感じですね。すごいステップアップ!

ー小川:そうですね、順風満帆に見えるかもしれませんが、20代半ば以降はずっと自分探しをしていました。たまたま最初の会社でロジスティクスに携わることになり、自分なりに一生懸命やってきたし、仕事も面白かった。でも、ロジスティクスが好きでずっとこれをやりたいかと問われると違う気がするし、かといって「何がやりたいの?」と言われればそれも明確には答えられない

「20代半ばを過ぎて30歳が迫ってくるのに、このままでいいのか!?」という焦りがありました。するといてもたってもいられなくなって、休日はひたすら自分探しをしていました。セミナーにも行き、本もたくさん読みました。

子どもの頃ものを作ることが好きだったからと、ペインティングの講座に参加したこともあります。また、たまたま目を通した雑誌に「天職を見つけた女性」か何かのインタビューで素敵な女性が取り上げられていて、「この人に会って話を聞きたい!」と思い、早速雑誌社に電話で問い合わせをすると、なんとその女性とコンタクトをとってくださって、お会いすることができました。

今であれば個人情報関係で無理だったと思いますが、その当時だからこそできたことなんでしょうね。

靴職人に興味を持つ、週末に1ヶ月靴屋に修行にいったりもしました。 「あの頃は若かったな〜」と今思い返せば笑えるんですが、当時は本当に必死で、自分探しのために色々やっていました。

ー高野:私も自分探しで、バーテンやりたいと思って本を買ったり、書道家になりたいと思ってユーキャンに申し込んだり(結局開封すらしてない)色々していました(笑)

ー小川:そういう時期ってありますよね(笑)。それでも自分が何がしたいのか分からない。

ただ「コンサルタントという仕事をやってみたい」という気持ちがずっと心のどこかにありました。

でも「自分とは遠い世界のこと」「知識もいるし、今からなれるかわらない」「本当にやりたいかも分からないし」と見て見ぬふりをしていました。

するとある時、「SCM(サプライチェーンマネジメント)のコンサルタント募集がある」と声をかけていただきました。「せっかくのご縁だったらやってみたい!」と思い、その会社に転職することに決めました。

2.転職で見えた。私が本当にやりたいこととは。

2016.2.19-12時写真②

ー:小川その会社は、クライアント企業に対して物流現場でのSCMソフトウェアの導入や、それに伴う業務改革のコンサルティングを実施するIT系の会社でした。
ただ、私はものすごくアナログ人間で、ITなんて全くの素人なわけです。

案の定入社しても、最初は全然ITのことが分からず、研修をして頂いたり勉強する中で少しずつわかってきて、コンサルティングの現場にも携わらせて頂くことになりました。

するとそれがすごく面白かった。

ITの素人とはいえ、ロジスティクスにはずっと携わってきたのでその部分での知識や経験はありました。ですからお客様が困っていることに対して、業務の目線で「こうすれば解決できますよ」と提案することができ、結果それですごく喜んでいただきました。

今までの仕事は、お客様との直接の関わりがなかった。一方コンサルタントの仕事は、お客様に実際に会って、ダイレクトに反応がわかる。そしてお客様や部下の変化・成長に関われる。「これだ!」と思いましたね。

そこではプロジェクトマネージャーまで任せて頂きました。

ー高野:パズルのピースが噛み合った瞬間だったんですね。

ー小川:そうなんです…!と言いたいのですが、これはまだきっかけに過ぎず、ここから色々ありました(笑)。ITの世界は、日々新しいものが世の中に生まれてくるので、常に新しい技術や最新の知識を取り入れ続けなければいけません。

ただ私は、そこまでITに情熱があるわけでもないし、また別にSCMをずっとやっていきたいわけじゃない…。そして私の年齢はもうすぐ30代半ば…。

既に20代で結婚はしていたので、子どもを作ることを真剣に考えはじめました。

夫とは夫の転勤の関係で別居婚だったんですが、「果たしてこのままでいいのかな?」と思うようになり…。

6年務めたそのITコンサルティング会社をからの転職を決意しました。次は大手外資系メーカーへ、SCM分野のマネージャーとしての転職でした。今までITコンサルとしてマネージャーを経験してきたので、次はメーカーで現場のマネージャーとしての経験を積んでみたいと思ったからです。また、大手企業であれば、育休や産休制度が整っていて、きっと出産した時にも何かと良いという気持ちもありました。

転職先の会社では、10年ほど前にM&Aがあり、2社が統合された形だったのですが、10年たっても両社のシステムや業務フローに違いがありうまく機能していなかったので、その業務改革をしてほしいといわれました。チーム運営から部下育成からチーム運営から業務改善まで、壁もたくさんでしたが勉強になりましたね。

そしてようやく…今までの経験を経て、『やっぱり私は人の変化や成長に直接関わる仕事がしたい』と思うようになりました。

人が自分の可能性に気づくための“触媒”でありたい』というのが今仕事をしている中で根底にある想いなのですが、メーカーで「企業の根本は人」「人は関わり方次第で大きく変わる」ということを実感し、やはり人に関わる仕事がしたいと思うようになったんです。

そしてそこからまた転職しました!

次のページ>>> 転職先で待ち受けていたまさかの試練とは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. VJF8BWGNNW

    扶養内の働き方に大変革〜専業主婦になる前に知っておきたいこと〜

  2. 2016.2.29-12時アイキャッチ

    最初が肝心。女性社長が教える起業のチームづくりのポイントとは?

  3. 2016.1.20-12時アイキャッチ

    子育てにイライラするママが心がけたいこと〜「ゆらぎ」「隙間」のすすめ〜

  4. putigatimba

    育休ママの味方!「ぷちでガチ!育休MBA」運営メンバーインタビュー

  5. d45531f82b54616a34c46070ba82b0c1_s

    女性社長が教える、「好き」を仕事に起業する方法とは?

  6. gazou56

    子育てするなら知っておきたい、子どもを静かにさせる魔法の言葉とは?

  7. stocksnap_3x8p1nydcq-1

    バリキャリ・ゆるキャリはもう古い?注目のフレキシブルキャリアとは?

  8. gazou78

    就職、転職を考える人にオススメ、無料でできる性格診断ツール!

  9. stocksnap_c4of7le3ps

    2人目出産で、私が恵まれた待遇の会社を思い切って退職した本当のわけ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

  1. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-7-21-9%e6%99%82woo%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
  2. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-7-26-9%e6%99%82woo%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
  3. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-7-28-9%e6%99%82woo%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
  4. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-7-24-12%e6%99%82woo%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
  5. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-8-10-9%e6%99%82woo

New記事をClick!

  1. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-8-18-9%e6%99%82woo 発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?vol.2
  2. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-8-10-9%e6%99%82woo チャットワークエモーティコンに隠れキャラが!?その誕生の秘密とは
  3. %e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-8-7-12%e6%99%82woo%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81 会社初育休取得男性に編集長が突撃取材~平岩公認会計士事務所 平岩雅司さん
netalist
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP