ネットショップを始める女性が知っておきたい5つのポイント


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!ネタリストの文美月です。今回は、ネットショップを14年運営している私が感じた“働く女性的ネットショップのススメ”について、二回に渡って綴っていきます。

1.ECとは?今後拡大を続けるEC市場とは?

①2.23.画像

みなさんはEC(Eコマース、電子商取引)という言葉を聞いたことがありますか?

言葉に馴染みはなくても、ECは私達の生活にはすでに入り込んでいます。

ECとは、「お気に入りのネットショップで洋服を買った」「アマゾンで本を買った」「ホテルの宿泊をネットで予約した」といった例に挙げられるように、商品・サービスの注文から決済までを“インターネットなどの電子的な手段を介して”行う商取引をいいます。

2015年5月の経済産業省の発表によると、2014年の国内EC市場規模のうちBtoCに関するものは、12.8兆円2020年には20兆円の市場規模に達すると予測されています。(※BtoC:企業と個人の取引)。

EC市場は、前年比14.6%増で拡大しており、これからもスマホの普及で私達の生活や行動形態が変わっていくことで二桁成長が続くとみられています。ちなみに現在の百貨店市場規模は6兆円。コンビニエンスストア市場が9兆円、スーパー市場が12兆円インターネットの登場がいかに流通経路に改革を起こしたかが分かる数字です。

私がネットショップを始めたのは2001年末。一般家庭でのパソコンの普及率が上がり、ブロードバンド時代が到来したころです。ネットは常時接続・定額制料金になりました。

おかげさまでそれからの14年間、なんとかEC業界で仕事をさせていただいてます。現在はリトルムーンというヘアアクセサリー専門のネットショップを5店舗運営しており、販売点数は2015年夏の累計で420万点超になりました。

講演のお話をいただくこともあります。

2.EC業界には、月商数億を売るスゴ腕の女性も実在する

文さん

 

私が長らくこの業界に身を置いて感じるのは、大変多くの女性が活躍している業界だということ。10年以上残るネットショップは全体の数パーセントとも言われますが、中には月商数億を売るスゴ腕の女性も実在します。

そして最近ではCtoC(個人間取引)のEC市場規模も拡大傾向にあり、個人が作った作品などを売買する人も増えています。いわゆるフリマのデジタル化です。

「なぜEC市場で女性が活躍しやすいのか?」

それには、五つの理由があります。リアルの商取引との共通点も多いのですがネットショップでも女性の視点や感性は大いに活かされています。そこで、EC業界に活かせる女性の強みについて考えてみましょう。

次のページ>>> 家族で何かの消費財を買うとき、こんな経験をする男性が多い・・・


1

2

リトルムーンインターナショナル株式会社 文美月
人生一度きり!やりたいことやっちゃいましょう。

関連記事

  1. 業務委託で働くメリットとデメリット〜女性のキャリアの選択肢〜

  2. 「だてにはげてない」杉浦佳浩さんインタビュー〜夢を持つのに遠慮はいらない〜

  3. 大好きな英語で独立した働く女性に編集長が突撃取材!〜日野ゆう子さん〜

  4. 起業を目指す学生、女性向けセミナー〜未来経営塾レポート@京都〜

  5. 女性社長が教える、「好き」を仕事に起業する方法とは?

  6. 柔軟な働き方を自ら実践する女性社長に編集長が突撃取材!〜神野沙樹さん〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  2. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  3. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24

  4. 【オンライン開催】12月11日(金)第63回ぷちでガチ!子連れMBA…

    2020.11.13

  5. 忙しくて英語を勉強する時間が無いというあなたへ。

    2020.11.11