気になる記事をClick!

物分りが良くデキル女性の多くが持つ悩みと、そんな人へのアドバイス。


働く女性の皆さんこんにちは。世間では女性活躍がさけばれており、2016年4月には、女性活躍推進法が施工されました。女性活躍に取組む企業は、今後ますます増えていくことが予想されます。ただその一方で、こんな働く女性の本音があることも事実。今日は日々たくさんの働く女性の皆さんとお話した際に出た本音をご紹介します。

1 本音①上司は文句を言う女性ほどよくフォローするよね。

02
—-
上司って、文句を言ったりよく落ち込んでいる女性をよくフォローしますよね。確かにそういう人ってわかりやすいですが…。
でも、強くしっかりしているように見える女性も、本当は弱さを見せないだけ。

淡々と仕事をして結果を出していて、いつも元気に見られるけど、実はすごく葛藤しながら、上司や周囲に心配かけまいと、頑張っている。

でも男性の上司は見た目でしか判断してくれない人が多いですよね~。
—-

確かに。物分りがよく、責任感が強く、周囲から頼られているから、弱った部分は周囲に見せられないと自分を鼓舞して頑張っている人も多いはず。

別に、四六時中「大丈夫?」「今日は平気?」「いつもありがとう」と気にかけてもらいたいわけじゃないし、「察してよ〜」と機嫌が悪くなるような面倒くさい部下にもなりたくない。

でも私だって、いつも元気なわけじゃないし色々悩んでるんだよって、人知れずもんもんとすることもありますよね。

2 本音②子育てする社員に優しすぎないか?

aikyacchi
—–
うちの会社は、子育てしながら働く人にはすごく優しいので(今の時代は)サポートする側の自分のモチベーションがだだ下がりになってしまうこともあります。

それを口にすれば誤解を招きかねないので伝えていないけれど、応援したい気持ちはすごくあるのに心のどこかで「えっ何で?」と思ってしまう自分もいます。

自分ができる限りの協力をしようとは常々思ってやっていますが…自分の仕事プラスサポートで必死な自分を尻目に、それが当たり前な雰囲気…。気持ちのやり場がなくなってしまうこともあります…
—–

育児しながら働く社員のサポートは、とても大切なことです。子どもの急な発熱、家事、365日育児…育児と仕事の両立は、当事者にしか分からない大変さがあります。

またこれからは、子どもを育てながら働く、介護しながら働くということは、もっと当たり前な世の中になっていくでしょう。

でも、サポートしてもらえることは当たり前ではないですもんね。

サポートされる側の「ありがとう」の気持ちや言葉、そしてサポートする側の「困ったときはお互い様」の気持ちや言葉、それら両方があってはじめて、チームは成り立っていくと思います。

次のページ>>> 本音3つ目は?「できる女性あるある」なこれ…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 女子未来大学セミナーレポート~老舗料亭の女将から教わる女性の美の秘訣〜

  2. 働く女性に刺さる!謎の主婦「DJあおい」の深すぎる名言3選。

  3. ワーク・ライフ・バランスは追わない、仕事依存症で、何が悪い?

  4. 自分だけのオリジナル旅行の作り方の3つのポイントとは?

  5. SNSで話題になった〜人生で大切なことを教えてくれる名言とは〜

  6. 仕事で燃え尽きてしまった時の、効果的な回復方法とは?

  7. 発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?

  8. 相手に自分の思いを正しく理解してもらうために、知っておきたい大切なこと。

  9. 教える時間が無くても後輩がぐんぐん育つ裏技ご紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP