気になる記事をClick!

フィンランド発話題の「育児パッケージ」〜日本で購入も可能!〜


働く女性の皆さんこんにちは。以前より、聞いたことがありました。フィンランドの「育児パッケージ」については。赤ちゃんや親が使用するアイテムがパックになった箱で、毎年4万世帯に出産をひかえた母親に無料配布されています。中身が充実していてめちゃくちゃ素敵なのですが、なんとこのパッケージを世界中に広めようと、フィンランドのイクメンパパたちが会社を興したそう!

今日は、HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN『フィンランド流子育て イクメンたちが世界に伝えたい「育児パッケージ」の効果』の記事をご紹介します。

1.フィンランドの働く女性を取り巻く環境とは?

43.18画像
—-

「お母さんにやさしい国」ランキングで、2013年、2014年と2年連続、世界1位

となり、男女格差ランキングでも2015年に3位だったフィンランド。合計特殊出生率も、日本が1.42(2014年)であるのに比べ、ほとんどの女性がフルタイムで働いているフィンランドでは約1.8の水準を保っている。(記事より抜粋)

—-

ほとんどの女性がフルタイムで働いていて、かつ出生率が日本より高いとは…。
北欧は人口が少ないので、男性女性問わずみなが働いて国を支えないといけない国。だからこそ、子どもを産んでも働き続けることや、男性も育児に参画することは今ではごく当たり前なんですね。

2.「育児パッケージ」とは?

image
—-
そんなフィンランドの子育てを支えているのが、政府の支援策のひとつである「育児パッケージ」と呼ばれる母親手当だ。赤ちゃんや親が使用するアイテムがパックになった箱で、毎年4万世帯に出産をひかえた母親に無料配布されている。その「育児パッケージ」を世界でも広めようと、フィンランドのイクメン3人が2014年に会社を立ち上げて販売を始めた。(記事より抜粋)
—-

この育児パッケージはとても嬉しい。以前この「育児パッケージ」のことを知った時、日本にもこんな政府の支援があればいいのに…と思いましたが、これを世界で広めようと立ち上がったパパがいるとは驚きです!

—-
日本でも2015年に発売しているが、その“PR大使”を務めるのが、2010年から2015年まで駐日フィンランド大使館に参事官として勤務、現在はフィンランドのNGOに勤めているミッコ・コイヴマーさんだ。大使館在任時には、フィンランドのイクメン事情やワーク・ライフバランスを日本に伝え、「フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て」(かまくら春秋社)も出版、“イクメン大使”として親しまれていた。

フィンランドの育児パッケージには、一体、どんな効果があるのだろうか? 3月に来日したミッコさんに聞いた。(記事より抜粋)
—-

確かに、この育児パッケージにはどんな効果があるんでしょうか?

次のページ>>>「●●の自覚が生まれる」育児パッケージの驚きの効果とは!?…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 業界が注目する「日本公認会計士協会近畿会 女性会計士委員会」インタビュー

  2. 働き方変革シリーズVol4.産休中にステップアップする方法

  3. ベンチャー企業で働くワーママに編集長が突撃取材!〜北窓佐和子さん〜

  4. 働くママの災害対策〜子どもと自分の身を守るために大切なこと〜

  5. 子育てのイライラへの対処法〜子育て研究家が教える逆算法のすすめ〜

  6. クリスマスの可愛いデコレーションアイデア3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  7. 働き方変革シリーズVol5.自分や会社の価値をあげる方法

  8. クリスマスツリーを飾る場所が無くても大丈夫!〜マスキングテープデコレーション〜

  9. 身近なアレを赤ちゃんの安全グッズに〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP