気になる記事をClick!

女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜サウンドプラン 迫中智信さん〜

natural-link(Woo!編集部)

natural-link(Woo!編集部)

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、"働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に"という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。


働く女性の皆さんこんにちは。毎回大好評の、女性が活躍するベンチャー企業の社長インタビュー。今回のゲストは、株式会社サウンドプランの迫中智信社長。「商業施設活性化運営」のスペシャリスト集団として、施設のコンセプト作りやイベント企画・集客、広報活動まで、トータル的にプロデュースできる仕組みを持つことを強みとする会社です。「運営に携わった施設は必ず活性化し業績があがる」と口コミで話題になり、日本全国から依頼が殺到するサウンドプラン。カギを握るのは、女性が持つ消費者感覚や視点だとして、女性社員さんも積極的に採用され、今や女性社員比率は3割を超えています。そんなサウンドプラン創業者の迫中社長にお話を伺いました。

1.迫中社長の子育て論と、現在の基礎になっている若手時代の経験について

image

(ペットボトルのお水を飲まれる姿でさえ、紳士で爽やかな迫中社長。)

ー高野:本日はよろしくお願いいたします。いきなりなのですが…迫中社長はそのお若さで、高校2年生と小学校6年生のお子さんを持つ父親でいらっしゃいますが、子育てにあたり、大切にされていることを教えて頂けますか?

ー迫中:そうですね…僕は常々「目標や目的を持つことの大切さ」を伝えています。「何となく好きなことをする」より「自分はどうなりたいのか」があるからこそ、取組むこと全てが意味を持つようになると思っているからです。

実は、高校2年生の長男は「将来はパパの会社の後を継ぐ!」と言っています。「目標を持つのはいいけど、うちの会社は世襲じゃないからな。実力無かったら継がせへんからな。」と伝えてはいますが…(笑)

彼には「父親の会社の跡を継ぐ」という大きな目標があるので、その為に今の自分に何が足りなくて、何をしなければならないかを考えて動いているようです。そばで見ていても成長を感じますね。

子どもの頃から色々な経験をしたらいいと思いますし、親は子どもの行動が目標に対してずれていた場合に、そっと軌道修正してあげるだけでいい。

息子は今までに中学受験をしたり、ホームステイに行ったりもしましたが、それも全部自分で決めていました。…とはいえ、自分で決めたと思えるようにこちらが誘導した部分も若干あるかな(笑)

ー高野:素晴らしいですね。最近は、後継者問題で事業承継に悩まれる会社が多いとお聞きします。そんな中で「パパのようになりたい!」とお子さんに思ってもらえるなんて、親冥利に尽きますね。

ー迫中:はい、嬉しいですね。でもこれは、僕が仕事で留守の間に、妻が僕のことを子どもたちにちゃんと伝えてくれているからだと思います。妻に感謝です。

ー高野:おぉ!素敵です!2番目のお嬢さんは、自分の将来についてどんな風におっしゃっているのですか?

ー迫中:これが、ありがたいことに、今のところ「パパみたいな人と結婚したい。だから自分を磨く!」と言ってくれています(笑)

ー高野:素敵なご家族ですね。では今日はそんな迫中社長のお考えや事業の経緯について、たくさんお話をお聞きしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。迫中社長は32歳で起業されていますが、ご実家が商売をされていたのでしょうか?

ー迫中:いえ、父は、鹿児島出身で左官屋の職人でした。ただ父が体調を崩しがちになったことで、高校卒業後は僕も働きに出て、家計を支えるようになりました。当時は金融関係の会社に入りたいと思っていましたが、「学歴社会だから、出世ラインを持っていなければ上に上がることは難しい」と周囲から聞いて…。

「それは面白くない」と思っていた矢先、大阪の八尾市で不動産会社を経営していた幼なじみのお父さんが「うちにおいで」と誘って下さったので、そこで働くことになりました。

会社は当時、企業向けに工業用地を開発して売却するといった、企業不動産を扱う事業をしていました。ただ、僕が入社したのはちょうどバブル崩壊の頃。幸い会社は、地域密着で仕事をしていたので、そこまでの打撃はありませんでしたが、不況の波に飲み込まれる他社の状況を目の当たりにしているうちに、うちでも何か新たな収益事業の軸を作らねばと思うようになりました。

そして入社3〜4年目の頃、新しく住宅不動産の事業をしたいと会社に提案しました。住宅分譲で売れ残りになった物件の販売受託の事業でしたが、まだ20歳そこそこの若者の言うことですから、最初は社長に反対されました。

そこで「その分の給料も、休みも無しで働きますから!」と必死で社長を説得し、ようやく新規事業をスタートさせてもらうことができたので、それはもう無我夢中で取組みました。

当時の社長は、人柄が温かくとても良い方だったのですが、事業計画や戦略を練るような方ではありませんでした。ですから、資金調達のやり方については、周囲の皆さんにとにかく聞いて教えて頂いて…財務戦略や事業計画の作り方はその時に実地で学びました。この経験は本当に貴重でしたね。

ー高野:21歳の若さで、新規事業を立ち上げられ、資金調達まで…すごいです。私の21歳の頃と言えば「3年くらい働いたら結婚して会社をやめるのかな〜」とぼんやり考えていたような時期です。結局仕事の面白さに目覚めて結婚はだいぶ後になりましたが(笑)

ー迫中:仕事って本当に面白いですし、何でもやってやれないことはないですよね。

そして6年後、その事業がおかげ様で年間20億の売上になり、既存の事業規模を超えるまでに成長しました。そのことを評価して頂き、社内では統括部長として部下を持ち、その後も事業を伸ばしていきました。

ただ…会社の今後のことを考えると、「僕がこのまま会社に居るより、社長の息子が会社を継ぐ準備をしていくべきではないか」と思うようになったんです。

社長も年をとるので「タイミングは今しかない」と思い、当時他社で務めていた息子を呼び戻し、僕が3年でひくことを伝えた上で、彼が事業承継できるよう全て教えました。

そして全てを引き継ぎ、お客様も全て渡した状態で、32歳の時、身ひとつで会社を退職しました。

2.会社を設立したものの、そう甘くなかった…

image

(女性社員さんとちょっとした立ち話をされている様子)

ー高野:え…!ご自身が作られた新規事業で独立されたのではなく、またゼロからスタートされたのですか!?

ー迫中:はい、また「ゼロ」からです(笑)新規事業を僕が引き継いでしまうと、お世話になった前職の会社や地元の企業と客の取り合いになることは目に見えていました。だったら、大阪市内に出て「ゼロ」からやるほうがいいと考えました。とはいえ、ゼロから築き上げたものを捨てて、もう一度ゼロからを経験するのは、結構大変でしたね。

ー高野:そうだと思います。私は今34歳ですが、今までやってきたことを全部手放して、またゼロからやれと言われたら、とてもじゃないけど出来ないと思ってしまいます。

ー迫中:そうですよね(笑)実は以前に弁天町の日本料理屋を仲間10数人と買収していたのですが、そのお店の経営がうまくいっていませんでした。ただ、そんな中で僕が別事業で会社を興し、お店のことがなおざりになるのは良くないと思ったので、僕がお店の再生に乗り出すことにしました。ただ、お店は当時、毎月結構な額の赤字が出る状態だったので、すぐに再生できるほど甘いものではなかった。

夜は居酒屋の店員をやり、昼間は起業した不動産の仕事をする生活が1年ほど続き、結果的に半年でお店を再生することができました。当時はものすごく大変でしたが、飲食店の現場で実際に働くことで、お店がどのようなオペレーションでまわっているのか、またどうすれば飲食店を再生できるかがよくわかりました。

その経験が、現在の「商業施設活性化運営」に大いに役立っています。無駄な経験なんて何一つなく、全てのことにちゃんと意味があります。

ー高野:大変勉強になります。昼間の不動産事業では、どのようなお仕事をされていたのですか?

ー迫中:不動産の住宅の売買ですが、基本は「なんでもやります!」という形でスタートしました。そして半年ほど経った頃、前職で住宅の販売受託をしていた実績を知って頂いている方から「販売協力してもらえませんか?」とお願いされるようになりました。

ただ、それをするためには資金が必要です。当然、設立してすぐの会社が銀行から大きなお金を借りられるはずがありません。ところが、前職の私の働きを知って頂いていた信用金庫の常務理事の方が「君になら貸してあげるから頑張れ!」と言ってくださり、2期目としてはあり得ない額の借入をすることができました。

ー高野:将来を思い描くことはもちろん大切ですが、目の前の今を頑張ることが結果的に自分の未来を切り開いていくのですね。

ー迫中:そうですね。そこから3年事業を成長させてきましたが、2008年にリーマン・ショックが起こりました。今までにない不景気だったので、「この状況から日本が抜け出すには時間がかかる。そうなれば、多額の投資を必要とする不動産販売が苦戦を強いられるのは目に見えている」と思いました。そこで、当時自社が持っている分譲物件を、全て売却することに決めました。

ー高野:思い切った舵取りをされたのですね。

ー迫中:実はその前に知人から、「商業施設活性化運営」のきっかけとなる仕事の紹介を頂いていたので、これを機に事業をシフトしようと考えました。

「クライアントが商業施設のオーナーをしている。大手商社がその施設の管理を任されているが、年間で巨額の赤字が出ているので、きっと契約更新はしないだろう。何とかオーナーさんを助ける術はないものだろうか」と。

「その施設運営の仕事、僕たちがやりますよ!」と言ってみたものの、どこの馬の骨かも分からないものに、大きな施設の運営を任せてもらえるはずがありません。当時は施設運営の実績も無かったですから。そこから1年かけて、何度も先方とかけあいプレゼンをして、ようやく契約をさせて頂けることになりました。ただ施設運営には人出が要りますので、当社もその頃から採用に力をいれはじめました。

次のページ>>> 大阪南港のATCや神戸の北野工房を再生させた驚きの手法とは?…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 天職を見つけた働く女性に編集長が突撃取材!〜FAITH 小川由佳さん〜

  2. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜ベラジオコーポレーション守谷さん〜

  3. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜ベラジオコーポレーション 垣内規利さん〜

  4. 女子未来大学主催社長に編集長が突撃取材!〜猪熊真理子さん〜

  5. 宇宙一プラス思考な女性に編集長が突撃取材!〜マイディア 西川順子さん〜

  6. 大活躍のキャリアカウンセラー女性に編集長が突撃取材!〜MNキャリア 高橋紀子さん〜

  7. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜AmidA 藤田優さん〜

  8. 「人事」という苦手分野にチャレンジして得られたこと〜Mさんの実体験〜

  9. 今どきの女子大生が社会人になりたくない、納得の3つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP