相手に伝わる文章を「書く」ための3つのコツ〜後編〜


働く女性の皆さんこんにちは。今回は、先日紹介させて頂いた『相手に伝わる文章を「書く」ための極意とは?〜前編〜』に続き、後編を紹介させて頂きます。ポイントは「どのような書き方をすれば相手に伝わるか」です。

1 ①結論から書く

a9049938cf17c8bad11036e638765471_s

これはもう、至るところで言われているポイントですが、「結論から書く」ことは大変重要ですよね。

ベストセラーになった藤沢晃司さんが書かれた『「分かりやすい説明」の技術』という本がありますが、そこにはこう書かれています。

—-
映画館に先に入っていたあなたが、遅れて来た友人を席まで案内すると考えてください。すでに暗闇に慣れているあなたは、通路も良く見えます。そこで、映画館に入ったばかりの友人を足早に誘導しようとします。ところが暗闇に目が慣れていない友人は、歩くのもおぼつかなく、つまずいて転ばないかと恐怖さえ感じているのです。(P39より引用)
—–

文章を書いた本人は、当然どのような内容が書かれているか既に知っていますが、読み手は、全く知らない手探りな状態から読み始めます。

ですから、映画館のフットライトのように、「ここにはまずこういうことが書かれているよ」と先に伝えてあげることで、より、ストレスフリーに文章を読み進めてもらうことができるのですね。

2 ②ナンバリングする

image

これも基本中の基本と言われていますが、説明する事柄が3つある場合は「理由は3つあります」という風に最初に書いて、読み手に配慮する気持ちが大切ですね。

「一体何個あるんだろう」と思って読み進めるよりも、「今は3つのうち2つ目だな」と思って読んでもらえるほうが、内容も頭に入りやすくなります。

せっかく自分が頑張って書いた文章が、相手にしっかり伝わるためにも、読み手の立場にたった心遣いが大切ですね。

次のページ>>> 相手の心を動かす文章を書くには「●●」を必ずいれよう!…


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方

  2. 女性活躍推進も男女雇用均等も制度以上に大切なこと

  3. 働く女性イベント協賛団体

  4. 家庭や職場ですぐに使える、伝える力を高めるコミュニケーションのコツ!

  5. たらの春菊ジェノベーゼソース〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. 仕事に活かせるデール・カーネギーの「人に好かれる6箇条」とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  2. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  3. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21

  4. イライラして、怒って、自己嫌悪になって…そんな日々の中に幸せはある

    2019.06.10

  5. 女性の生き方は、100人100色 – 働く女性も、専業主婦もどちら…

    2019.05.28