PICK UP!

祖父母手帳のすすめ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜


働く女性の皆さん、ママの皆さんこんにちは。神戸を拠点に2008年から産院のキッチンで働くチームとして活動をされている「みらいたべる」さん。
その中で、産み育てるための食事「産育食」を広く伝えるために「月とみのり」というサイトを運営されています。
素敵な記事の中から今回は「祖父母手帳」の記事をご紹介します。

1 おじいちゃん・おばあちゃんの力は借りたいけれど・・・

9ML7MMR8T5

共働き世帯の増加、里帰り…おじいちゃん・おばあちゃんの手を借りて子育てするひとが多い現代。

ところが、祖父母世代では当たり前とされたことが今では真反対に、昔の常識が非常識になっていることもたくさん。
祖父母手帳を手に入れて、子育ての知恵をアップデートしてもらいましょう!

2 昔の常識は今の非常識!?

0IHHGNXUCH

1)頭の形が良くなるからうつ伏せで寝かせよう。
2)抱き癖が付かないように、泣いてもあまり抱っこしない方がいい。
3)三ヶ月を過ぎたら果汁を、離乳食は噛み砕いたものをあげればいい。

…これらはすべて、かつて推奨されていたものの、現在の育児ではNGとされているもの。

1)のうつ伏せ寝は乳幼児突然死症候群(SIDS)予防のため避けられているし、
2)は赤ちゃんの心を満たすまで抱っこしても良いと言われています。
3)の果汁は離乳食の導入から消え、口での噛み砕きやスプーン等の共有は虫歯を防ぐために良くないとされています。

世代間でこんなにも異なる育児の常識。知らなかったでは済まされない、生命に関わるものまであるのです。

「おじいちゃん・おばあちゃんの助けを借りたいけれど、子育て方法が異なりすぎて意見が対立してばかり…」
「かわいい孫のお世話を手伝いたいけれど、昔と今で何が良くて悪いのかが分からない…」

そんな困りごとの助けになるのが、母子手帳ならぬ「祖父母手帳」です。

次のページへ>>> 祖父母世代のための育児に関する冊子は・・・


ページ:

1

2

関連記事

  1. 宇宙一プラス思考な女性に編集長が突撃取材!〜マイディア 西川順子さん〜

  2. バリキャリ・ゆるキャリはもう古い?注目のフレキシブルキャリアとは?

  3. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018」

  4. 結婚、出産後も女性が自分らしく働き続ける大切なことは?

  5. 11/20(日)女性向けオススメイベント「ワーママフェスタ」@大阪

  6. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜WSPのベテランパートSさん〜

  7. 20年後の社会と働き方改革~vol.4 30代の仕事と出産の兼ね合い

  8. 2/1(水)育休ママ女性向けセミナーぷちでガチ!育休MBA講座「交渉学」@大阪

  9. 9/6(火)ワーママや女性向け〜ワーキングマザー応援セミナー @大阪商工会議所〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking!

New記事をClick!

  1. 忙しくても自分磨き!その極意とは・・・
  2. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018…
  3. 脱・「全部自分でやっちゃうリーダー」!今日から「割り振り上手なリーダー」になろう…
PAGE TOP