気になる記事をClick!

全国で活躍する関西出身ワーママ対談〜だてはげ活用術特別企画〜

natural-link(Woo!編集部)

natural-link(Woo!編集部)

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、"働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に"という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。


関西で働く女性の皆さんこんにちは。Woo!でお馴染み、「だてにはげてない」杉浦佳浩さんのご縁をご自身のステップアップに繋げておられる働く女性を紹介する『だてはげ活用術』の特別企画です。
今回はなんと特別企画!滋賀県出身で全国的に活躍され、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」にも出演されたリクルート伝説の営業マン森本千賀子さんと、女性活躍が進む大阪のベンチャー企業株式会社PALで、3児の母として働くパワフルワーママ北窓佐和子さんの対談です。
そして私たちを繋いで下さった肝心の杉浦さんは…今回は東京出張のため参加できず…(笑)女子トークで大いに盛り上がりました!

1 森本千賀子さん、北窓佐和子さんのプロフィールと杉浦さんの出逢いのきっかけ

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912016-11-9-9%e6%99%82%ef%bc%91

♥森本千賀子さん 株式会社リクルートエグゼクティブエージェント エグゼクティブコンサルタント

1970年生まれ。獨協大学外国語学部英語学科卒業後、1993年にリクルート人材センター(現リクルートキャリア)入社。大手からベンチャーまで幅広い企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援、転職支援を手がける。入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞以来、受賞歴は30回超、常に高い業績を挙げ続けるスーパー営業ウーマン。現在は、主に経営幹部、管理職を対象とした採用支援、キャリア支援に取り組む。2012年、2013年、2015年とNHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演。

【主な著書】
・リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!
・No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本
・HONKI SWITCH ON 本気になれば人生が変わる! (Nanaブックス)
他多数

♥北窓 佐和子(きたまど さわこ)さん 株式会社PAL 人材開発部

大学卒業後、大手メーカーに総合職として入社。夫の転勤でアメリカに5年駐在し、その間に第1子出産。帰国後は派遣で外資系企業の役員秘書として働く。第2子を出産し、その後は株式会社PALにて社長秘書として勤務。その後、夫の転勤で再び海外へ行くことになるが、PALに在籍したまま、遠隔で仕事をこなすという異例の働き方を実現。第3子を出産し、帰国後は3児の母として、現職の人材開発部で奮闘中。2015年パワーママプロジェクト関西ワーママオブザイヤーにて「特別賞」を受賞。

ー高野:今回の対談企画、随分前から楽しみで楽しみで仕方がありませんでした。森本さん、北窓さん、本日はよろしくお願いいたします。

ー森本:私も楽しみにしておりました、こちらこそよろしくお願いいたします。私は、大学入学を機に18歳から東京にいるので、気づけば東京での生活の方が長くなりましたが、それでも地元の関西が大好きです。普段は標準語ですが、新幹線で関ヶ原を超えるあたりから自動的に関西弁になりますね(笑)

ー北窓:私も関西が大好きです!独特の空気感が心地よいですよね。

ー高野:そもそも、お二人と杉浦さんの出逢いのきっかけは何だったのですか?

ー森本:リクルート時代の可愛い後輩で、株式会社エスキャリアを立ち上げた土屋美乃さんから、昨年杉浦さんをご紹介頂きました。「どんな方かは会えば分かるので!」と言われて、全く事前情報が無いままお会いしましたが、会った瞬間ファンになりました。大変謙虚で、素晴らしい方ですよね。

ー北窓:私の場合は、当社の代表のが10年ほど前から杉浦さんに大変お世話になっていて、そのご縁でお会いしました。社内で何か新しいことを始める時や人と出逢いたい時は、必ず杉浦さんに相談しています。

そんな中、杉浦さんのfacebookで森本さんのことをお見かけして、まさかこうして対談させて頂けることになるとは…!森本さんが出演されたNHKの「プロフェッショナル」を見て以来すっかりファンになり、「いつかお会いしたいな〜」と思っていました。今日は本当に感激しているんです!

ー高野:関西ってものすごく狭いですよね。そして杉浦さんの周りってなぜか美女が多いですよね(笑)

ー森本:そうそう!私と杉浦さんを繋いでくれた土屋さんも美女だし(笑)!そして関西は一度繋がると、本当に濃く深く繋がりが続きますよね。そんなところも大好きです。

2 これからの女性の働き方、パートナーシップ、家族外家族の考え方について。

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912016-11-9-9%e6%99%82%ef%bc%92

ー北窓:森本さんは、周囲から「スーパーウーマン」と言われることについて、どんな風に感じておられるのですか?私の素朴な疑問なんですが…。

ー森本:正直言うと「スーパーウーマン」という見方をされることには少し違和感があります。昔から私の中の本質的な部分は全く変わっておらず自分では普通なのですが、周囲の見方が以前とは随分と変わりました。たまに「先生!」と呼ばれるので「くすぐったいからやめて!」と言ったりしています(笑)

ただ、周囲から期待して頂いているのは本当に有難いことなので、その期待には応えていきたいと思っています。

ー北窓:森本さんのように、組織で働きながら個人でここまでエッジがたっている方はそうおられないですよね。

ー森本:ありがとうございます。私としては、「このパラレルキャリアの働き方を極めたい」と思っています。リクルートの仕事が本業ではありますが、プライベートでの活動も積極的に行って、どんどんシナジーを作り出していきたいですね。

ー北窓:以前参加したセミナーで森本さんが、「リクルートの名刺ではなく、自分の名刺を持つ」とおっしゃっていたことがとても印象的でした。

ー森本:そうですね。リクルートの看板ではなく「森本」という看板で信頼頂き、お声がけ頂けるようにしたいと常々考えて仕事をしています。

ー高野:私は前職をやめて独立したとき、会社の肩書が無い私はこんなに信頼が無いのか…と愕然としました。会社に勤めている時は「お客様は私を信頼して下さっている」と思っていましたが、それは会社の看板があったからなんですよね。

ー北窓:そうですよね。私も、組織に勤めながら森本さんのように「自分を立たせる」ことができるようになるのが理想です。

ー森本:私がパラレルキャリアをすすめたいのは、仕事以外で勉強になることがたくさんあるからです。

例えば、マネジメントのスキルをもっと磨きたいと思った時。仕事の場以外でもそのスキルは磨くことができます。北窓さんは小学校のPTAを経験されているかもしれませんが、PTAって本当にすごいです。大いにマネジメントの勉強になります。仕事だけでキャリアを考えるのではなく、仕事以外で経験できることも活かして、どちらにもシナジーを持たせればいいと思うんですよね。

ー北窓:なるほど…!ただ「女性が働き続ける」ことを考えたとき、必ずしも本人の努力だけでは限界があると感じています。クラウドワークが出来ることや、周囲のサポートの有る無しや、環境的な要因も大きいと思うのですが、森本さんはどうお考えですか?

ー森本:本当にその通りだと思います。私は、社会人になった時から東京で働いていて、実家は滋賀なので、子どものことを実家に頼むことが出来ない状況でした。また、夫も出張族なので頼めない。だから他人に…私は「家族外家族」と呼んでいるのですが、ベビーシッターさんに頼むようにしました。

ー高野:おぉ…家族外家族!ただ、ベビーシッターは敷居が高いですよね…。気軽に頼みづらいというか…。私もまだベビーシッターは一度もお願いしたことが無いのですが、東京に比べて関西はまだその文化が無いように思います。

ー森本:そうですね。また、夫・パートナーの考え方も大きいと思います。

「自分が働きたいのなら、外に頼まず自分で育児や家事や家のことを完璧にやってね」という考えの方はまだまだ多いよう。私の夫は「苦手なことは周囲に任せたらいい。そして自分は得意なことに注力したらいいよ。」という考え方なので助かっています。

ー北窓:森本さんの旦那さん…気になります!スーパーウーマンと呼ばれる方の旦那さんって一体どんな方なんでしょうか?

ー森本:いや普通ですよ!強いて言うなら、夫は、余裕を見せる天才ですね。実際はガンガン仕事をしていても、周りからはすごく暇そうに見えます。私とは真逆かも(笑)

子育てについては、例えば子どもが宿題をしていない時、母親としては「ちゃんとやりなさい!」と無理にさせようとするのですが、そんな時夫はこう言います。

「イヤイヤやっても本人にとっては意味がない。宿題をやらずに学校に行って、先生に怒られて、しまった!と本人が感じてはじめて、学びになる。だから、失敗して自分で気づくまで、ほっとけばいい!」って。

ー高野:うわ〜器が大きい〜!めっちゃ素敵〜!!!!

ー北窓:超素敵です!また夫婦は似たタイプであれば衝突してしまいますが、互いに違うからいいバランスなんでしょうね。そんな夫婦だからこそ、こうして森本さんもお仕事と家庭を両立してこられたのだなと思いました。

ー森本:それでも長男が生まれた当時は「自分が何でもやらなければ!」と思っていました。それはそれは大変でしたね…。毎日子どもに「急いで!急いで!」を連発して、時間に追われていました。

今は割り切って、私しかできないことと、周囲に頼むことを分けているので、とても良い形が作れています。

ー北窓:また女性は特に、子どもの頃の家庭教育も影響しますよね。私たちの世代は、母親が専業主婦という家庭が多いので、「母親が全てをやらなければいけない!」という固定概念を持っている人も多いと思います。

私は実家が自営業で、母は会社を手伝いながら、娘の私の面倒も見ながら…本当に大変だったようで。だから今は「あなたの子育てを全力でサポートするで!」と言ってくれています。私も将来おばあちゃんになったら、子どもにそんな風に返してあげたいと思いますね。まぁ、どうなるかはわからんけど…(笑)

次のページ>>> 森本さん、北窓さんが考える「女性のキャリアの築き方、両立、子育て」とは?…


ページ:

1

2

関連記事

  1. パラレルキャリアなワーママに編集長が突撃取材!〜湯本理恵さん〜

  2. 就活や転職の前に知っておこう、女性活躍企業見分け方の3つのポイント

  3. 手遊びから料理まで子どもと楽しめる本3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  4. 赤ちゃんお絵かきアイテム4選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  5. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜中央電力 中村誠司さん〜

  6. 日本に居ながら英語を話す子どもを育てる為に大切なたった1つのこと

  7. 採用担当の働く女性に女子大生が突撃取材!〜AmidA 糟谷八千子さん〜

  8. 長期インターン経験を持つ女子大生に突撃取材!〜同志社大学 野呂眞紀さん〜

  9. 宇宙一プラス思考な女性に編集長が突撃取材!〜マイディア 西川順子さん〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP