ワークライフバランスに縛られて大事なことを見失わないために。


ワークライフバランスという言葉を最近はよく目にするし、耳にする。政府も、企業の長時間労働にメスをいれはじめているし、女性活躍推進とセットで力を入れている部分ではある。

1.長く働くことよりも、出した成果で評価される世の中へ。

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

残業代を削減すること、生産性をあげて働くこと、ムダを削減してやるべきことに集中すること。とてもとても大切なことだし、これからの日本には絶対に必要なことだと思う。

長く働くことを良しとするのは間違っているし、評価は時間ではなく出した成果ではかられるべきだ。

だんだんとそういった風潮にはなってきているとはいえ、今まで長時間働いて頑張ってきた人達にとっては、なかなかすぐに思考と行動を変化させるのは難しいはず。

なにを隠そう、私も以前は「残業歓迎!長く働いてガンガン成果をあげるんだ!」と思っていた時期が長くあった。

2.生産性だけを考えていては、辿りつけない部分があるのは事実。

f977821445cd720844460718774e94b1_s

でも一方で、

残業は一切しない。決められた時間までに確実に仕事をしあげて、その後は、家には一切仕事は持ち込まない。プライベートの時間に、仕事はひきづらない。

と割りきってしまうのも、どうかと思う。

仕事に熱が入っている時というのは、仕事の手を止められたくないし、頭は常に動いている。この仕事を、何とかうまくやりたくて、四六時中考えて、やっとアイデアが生まれて、そこまで考えたり、突き詰めたことだからこそ、シンプルで、実行すればすごくうまくいくこともある。

そういうのって、ワークライフバランスとか、生産性だけを考えていると、きっと辿りつけない部分。生産性高く働くことを考えることと同時に、

仕事をとことん楽しむことにシフトすることもまた必要だし、面白いし、大事だと思うのだ。

次のページ >>> ワーク・ライフ・バランスを考える時、点ではなく…


1

2

匿名女性たちのつぶやき
匿名で記事を発信している働く女性たちです。
【プロフィール】
人材系勤務、メーカー勤務、独立、20代、30代と、様々な働く女性が発信しています。

関連記事

  1. 賢い人に共通する3つの力〜あなたも今日から賢くなれる!?〜

  2. 「雇用される時代」からの脱却~「会社を辞めたい」そう思った時に考えたい3つのこと

  3. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

  4. フリーランスで自由に?社員として組織に貢献?どちらで活躍するにも必要なポイントとは!?

  5. 上半期アクセス5位「20代前半で転職に成功!大阪で女性リーダーとして働く景利さんの場合」

  6. 出張コストを削減できる3つの工夫〜経理女性直伝の経費削減術〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ワーママインタビュー

    社外メンターのアドバイスで、気持ちが前を向いた | 男性社会で奮闘…

    2021.03.11

  2. 【オンライン開催】2月19日10:30〜12:30 育休中も復職後も!子連れ…

    2021.02.10

  3. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  4. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  5. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24