最新の研究結果「つわり」の役割〜 神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜


働く女性の皆さん、ママの皆さんこんにちは。神戸を拠点に2008年から産院のキッチンで働くチームとして活動をされている「みらいたべる」さん。
その中で、産み育てるための食事「産育食」を広く伝えるために「月とみのり」というサイトを運営されています。
素敵な記事の中から今回は「最新のつわり研究」についての記事をご紹介します。

1 妊娠中の憂鬱なこと「つわり」

stocksnap_cggpsblsa2
今まで食べれたものが食べれなくなる。
反対に、あるものだけ食べ続ける。
匂いに敏感になる。
ずっと二日酔い・車酔いしてるような状態。
もどしてしまう。

妊娠中の「つわり」の症状は、本当に十人十色です。
また、その程度も人によって様々。

限られた期間だけと理解していても、その苦しさは本人にしかわかりにくいものです。
多くの妊婦さんを悩ます「つわり」、実は妊娠を保つために重要な役割があることが、
最新の調査から示唆されています。
-本文より抜粋-

2 流産リスクが低くなる?

stocksnap_772ab45d4d

2016年にアメリカの国立衛生研究所が発表した論文によると、
気分が悪くなる、または吐いてしまうようなつわりの症状がある妊婦さんでは、
つわりのない妊婦さんよりも、流産のリスクが有意に低いそうです。

調査の対象者は、今までに1度、または2度の
流産を体験した妊婦さん797人(平均年齢28.7歳)です。

調査対象となった妊婦さんの中で、残念にも流産にいたった方は133名いました。
つわりの症状によってこれらの人々を分けたところ、
妊娠中につわりを経験した人は、つわりの症状が全くなかった人たちに比べて、
50%から75%ほど流産のリスクが低くなることがわかりました。
-本文より抜粋-

つわりはお腹の赤ちゃんからママへ「無理しないで!」のメッセージ
という話しは、妊娠中聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

それが、実際の調査からわかったというのは、とても興味深いですね。


いかがでしたか?つわりを経験したママさんの中には「こんなに辛いならもう子どもなんていらない…」とまで感じた方もおられると思いますが、流産のリスクが減るとても大切な役割があると思うと、受け止め方も少しは変わるかもしれませんね。

気になる続きは、コチラからご覧ください
【産育食ラボ】最新の研究から:つわりは妊娠の維持に貢献している!?


Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜WSPのワーママIさん〜

  2. 11/20(日)女性向けオススメイベント「ワーママフェスタ」@大阪

  3. 育休復帰した女性の多くが、なぜ仕事へのやる気を失ってしまうのか?

  4. こんな女社長がいても、いいんちゃう?~ナチュラルリンク高野の独り言~

  5. 10月30日(水)第53回ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーションの本質」~市場創造からの社内外変革~

  6. 5/23(火)満員御礼!ぷちでガチ!育休MBA講座5月講座「マーケティング」@大阪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2月21日(金)「経営幹部のための、2020年代・実践キャリア戦略!」…

    2020.02.08

  2. 2月19日(水)第57回ぷちでガチ!育休MBA講座「ストレスマネジメ…

    2020.01.22

  3. 1月22日(水)第56回ぷちでガチ!育休MBA講座「職場でも子育てで…

    2019.12.29

  4. 2020年1月24日(金)次世代 自律型リーダーシップ「リーダーシップ4…

    2019.12.18

  5. 少し早いけれど、2019年の自分自身を振り返ってみました。

    2019.11.29