PICK UP!

子育てで女性のキャリアは断絶される?〜働き方を創り出すまでの軌跡〜


働く女性の皆さんこんにちは。「転石 ビジネスサークル」代表の小野 曜(よう)です。

前回、「会社勤めをやめた私の退職口実は「子育て優先」、本当の理由は実は…?」と題し、子育て優先を口実に会社を辞めることにしたという話を書きました。
今回はその続編。退職を決意した私は、退職後の生活設計に着手、「子育ての空き時間」で「自分にとって必要なだけのお金」を稼げる「仕事」を探し始める中で「新しい働き方」を創造したいと考えるに至ります。

—-

1 退職後の生活設計

12-19-1

会社を辞めて独立・自営の道を歩むことを決意して最初にしたのは私が退職した後の生活設計。当時、私の職場まで30分という東京都心でマンションを借りて暮らしていました。退職すればここに住む必要はないので、どこに住むかと考えて出した結論が大阪の郊外への引っ越し。大阪は私の出身地で私にとって独立・自営がしやすいと思われたことと、子育てに適した環境で住居費、教育コストが低く、夫だけの収入でも暮らしていけると計算したためです。
ということで、お正月早々、「再来年の3月末までに関西に職を見つけるか、一人で東京に残るか、決めてね」と迫られた夫には、私の想定をはるかに超える同情が集まります(当時も今も。そして多分、将来も!)。

2 退職して、何をする?

12-19-2

家計、貯金をチェックして私が無収入になっても暮らしていける目途はつけたものの、私は専業主婦になる気はありませんでした。夫一人が家計を背負うリスクは回避したいというのが私たち夫婦の考えであり、また、子育てに専念して暇を持て余した私が余計な手出し口出しをして子供の自立を阻むのは目に見えていると思ったためです(笑)。ということで、退職後、「子育ての空き時間」を使って「パートに行くくらい」のお金を稼ぐにはどうすればよいか、探り始めます。
ちなみに私は弁理士という資格と実務経験を持っており、「柔軟に働いて必要なお金を稼ぐ」ためには弁理士業務に従事するのが最善です。ところがここで頭をもたげたのが四半世紀以上も前からの「大分にある放置里山を再生したい」という宿願と、「40代のうちに自分の職能をリセットしたい」という、退職時の秘めたる思い。
私が退職を決意した2014年当時、世間にはすでに20代後半~30代前半で社会課題を解決すべく起業した若手社会起業家が何人も登場していました。「里山再生」を宿願とする私には、社会、特に地域課題の解決に挑む若手起業家が眩しく、彼らのお手伝いをするような形で大分の里山再生を手掛けることができないか、と考えました。

次のページ>>> 起業して成功させるためには、やはり時間無制限で働けなければならないのか?…

 


ページ:

1

2

関連記事

  1. だてにはげてない社長に女子大生が突撃取材!〜代表世話人 杉浦佳浩さん〜

  2. 新米ママさんへおススメの本3選~神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  3. 働き方変革シリーズVol5.自分や会社の価値をあげる方法

  4. 夏の夜に親子で楽しめる!大阪万博の「イルミナイト万博ー夕涼み」

  5. お洒落なお雛様オススメ3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. “リケジョ“として働く女性に女子大生がインタビュー! 青山雅子さん

  7. ワーママ営業マン浅野千賀子さん〜だてはげ活用術対談vol.5〜

  8. 結婚、出産後も女性が自分らしく働き続ける大切なことは?

  9. フリーランスで自由に?社員として組織に貢献?どちらで活躍するにも必要なポイントとは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking!

New記事をClick!

  1. 忙しくても自分磨き!その極意とは・・・
  2. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018…
  3. 脱・「全部自分でやっちゃうリーダー」!今日から「割り振り上手なリーダー」になろう…
PAGE TOP