気になる記事をClick!

働き方改革のプロ社長に女子大生が突撃取材!〜FCS 藤本繁夫さん〜

女子大生 インターンズ

女子大生 インターンズ

Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンクの女子大生インターンズです!大学生活と両立し、楽しくインターンをしています!私たちと同じくインターンをしている学生さんにも見てもらえるような投稿を目指しています!


※株式会社FCSは2017年4月をもちまして、株式会社シナプスイノベーションに社名変更いたしました。

大学生のみなさん こんにちは。Woo!で学生インターンをしています、羽田 由希 です。今回私は、株式会社FCSの藤本 繁夫社長にインタビューをさせて頂きました。

1 「三方よし」という考え方について

fcs2
ー羽田 :本日はよろしくお願いします。早速ですが、御社大切されている理念を、教えていただけますか?

ー藤本:当社が大切にしている考え方は「三方よし」です。会社の経営は、自分たちの利益ばかりを考えていてはいけませんが、実はお客様の利益だけを考えていてうまくいくものではありません。

お客様、自社、そして関わる全ての人たちにとって満足のいく結果が得られるように考えなければ、無理が生じ、どこかで歪が生まれてしまうので、長続きしません。逆に「三方よし」を大切にしていれば、今年よりも来年、来年よりも再来年と、より良い会社を作っていくことができると思っています。

ー羽田:なるほど…!大変素晴らしい考え方ですね。私も将来は、自分も周囲もより良くしていける働き方がしたいと思いました。では藤本社長は「三方よし」の実現のために、具体的にどのようなことをされているのですか?

ー藤本:お客様、自社、関係する周囲のことを考え「時には仕事を断る」ということもします。

例えば「お客様から仕事を依頼されたけれど、予算を計算すると赤字になってしまった」という場合を考えてみてください。お客様のことだけを考えれば、仕事を断ることはできませんが、会社を継続させるためには、利益は必要不可欠です。
会社が立ち行かなくなれば、結局はお客様や社員、周囲の人たちに多大な迷惑をかけてしまうことになるからこそ、仕事を断る判断も時には必要です。

ー羽田:お客様に断ることができるのは、それだけ自分たちの仕事に誇りを持てつことが出来ているからだと感じました。そのような責任ある事業を運営されている中で、藤本社長は挫折しそうになったことは無いのでしょうか?

ー藤本:苦労したことはたくさんありましたが、挫折したことはありませんね。社長である私が挫折してしまうと、周りに大変な迷惑をかけてしまいますがから、いつもどんなことがあっても逃げずに乗り越えてきたつもりです。

また私は挫けそうになった時「7つの習慣」という本に書かれていることを意識するようにしています。
そこに書かれている習慣を1つご紹介するなら「主体的であること」ですね。
他人が何かしてくれるのを待つのではなく、何事も自分から進んで行動することで、状況は変えていけると考えています。

ー羽田:藤本社長、すごいです!とても格好良いです!

2「誰もが働きやすい会社作り」

fcs4

ー羽田:お話を伺う中で、藤本社長は社員さんとても大切に考えられて、皆さんが働きやすい会社を作ろうとされていることが伝わってきました。だからこそ御社では、多くの女性がイキイキと働いておられるのですね。

ー藤本:「女性が働きやすい会社にしたい」というより、男性も女性も性差なく、
誰もが働きやすい会社を作りたいと考えています。

たとえば育児。今では女性だけの問題ではありません。男性も子育てをするのは当たり前ですから、「男女問わず育児との両立を希望するすべての社員」を積極的にサポートします。
また多くの女性が抱える「出産により一時的に働けなくなる」課題についても、ひとりひとり話し合い、個別で必要な対応ができるようにしています。

ー羽田:では、実際に社員さんが働きやすい会社になるために、どのような工夫をされているか教えて頂けますか?

ー藤本:これはあまり他社では無い対応かと思うのですが「オフィスで働く女性は、男性と比べて、むくみに悩まされる人が多い」と知り、女性社員の椅子は長時間座っていても脚に負担のないものを選んでいます。みんなも満足してくれているようです。

ー羽田:おぉ…座ってみると、普通の椅子とは全く座り心地や脚への負担が違うことが分かります…!自然に姿勢が正されますね。こういった心配りが、社員さんが働きやすい環境作りに繋がっているのです。他には何かございますか?

ー藤本:全ての社員が、有給休暇を取りやすい環境を作っています。
弊社では、性別はもちろん、年次を問わず、誰もが気軽に有休を取得できます。新入社員でも、希望通りに休暇を取っているんですよ!

ー羽田:新入社員でも有休を取りたい日に取ることができるのですか!?暗黙の了解があり、新入社員はなかなか取りにくそうなイメージがあるのですが…。

ー藤本:おっしゃるとおりです。それを解決するために、社員全員の有休取得予定を開示し共有しています。実際見てみると、多くの社員が有給をとっていることがわかるでしょう?他の人の有給取得状況が見えていれば、「自分が休んでいいのだろうか」と気にする必要もありませんから、気軽に休暇を申請できるというわけです。

ただ、「気軽に休んでOK!仕事をないがしろにしてOK!」というわけでは決してありません。
「ここで休む為には、全ての仕事をそれまでに終えられるよう頑張ろう!」と気合が入り、仕事を効率よく行う姿勢が大切です。

私は、長く働くことが良いことだとは考えていません。むしろ、短時間で効率よく仕事をして成果を出すことの方が重要です。

ー羽田:確かに、みんなの休暇の状況が開示されているので、自分も安心して有休がとれますし、その分効率よく仕事をするきっかけにもなると思います!

次のページ>>緊急ではないけれど、●●なことにこそ時間を使うべき。その真意は?


ページ:

1

2

関連記事

  1. 就活生必見!女性活躍が進むベンチャー企業の社長インタビュー企画始動!

  2. 20代の働く女性へ~心が疲れてしまった時の処方箋

  3. 女子大生必見!内定をゲットするための就活面接の3つのポイント

  4. 就活や転職の前に知っておこう、女性活躍企業見分け方の3つのポイント

  5. 女性活躍の第一線で走り続ける女社長に女子大生が突撃取材!~ナチュラルリンク 高野美菜子さん

  6. 転職先にうまく馴染めず焦る女性へ〜心がけたい3つのこと〜

  7. 関西の大学生必見!博報堂×同志社大学が共催のブランドデザインコンテスト「BranCo!KANSAI」…

  8. 働く女性が、仕事を辞めて専業主婦を選択する前に、考えるべきこととは?

  9. 「だてにはげてない」杉浦佳浩さんインタビュー〜夢を持つのに遠慮はいらない〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 毎日忙しい私たちだからこそ身につけよう!時間をコントロールする3つのポイント
  2. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~
  3. 参加費無料!赤ちゃん学基礎講座@京都(同志社大学 学研都市キャンパス)
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP