PICK UP!

改正「育児・介護休業法」で何が変わった?〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~


働く女性の皆さん、ママさん、こんにちは。
神戸を拠点に2008年から産院のキッチンで働くチームとして活動をされている「みらいたべる」さん。
その中で、産み育てるための食事「産育食」を広く伝えるために「月とみのり」というサイトを運営されています。
素敵な記事の中から今回は「育児・介護休業法の記事」をご紹介します。

平成29年1月1日「育児・介護休業法」が改正されました。今回の記事では改正のポイントを4つにわけて紹介されています。

1 ポイント1 契約社員でも育休を取りやすく

1-25-1

これまで
・申出時点で過去1年以上継続して雇用されていること
・子が1歳になった後も雇用継続の見込みがあること
・子が2歳になるまでの間に雇用契約が更新されないことが明らかであるものを除く
という、有期契約労働のひとには難しいものでした。

しかしこれが今年に入ってからは
・申出時点で過去1年以上継続して雇用されていること
・子が1歳6ヶ月になるまでの間に雇用契約がなくなることが明らかでないこと
となり、雇用されるかわからない…というひとでも取得可能に。

-本文より

働く女性の半数以上は非正規雇用です。
その皆さんも育休が取りやすくなるのはいいことですね。

 

2 ポイント2 子供の看護休暇は半日からOK

1-25-2

これまでも、復職後、赤ちゃんが病気になると取れる休みはありました。それが「子の看護休暇」です。
しかし…

これまで
・子の看護休暇について1日単位での取得
だったのが、

今年から
・半日(所定労働時間の2分の1)単位での取得が可能
に!

-本文より

悪化はしてないけど、病院に寄って登園させたい!
午後から予防接種へ!
など、働くママにとってはとても有効に活用できそうですね。

■次のページ>>>気になる残り2つののポイントは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 端午の節句オススメお飾り3選~神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  2. パワーママプロジェクト関西始動、女性向けイベントも開催予定!

  3. 大活躍のキャリアカウンセラー女性に編集長が突撃取材!〜MNキャリア 高橋紀子さん〜

  4. 人を育てるプロが教える、子育てがうまくいくポイントとは?

  5. 業界が注目する「日本公認会計士協会近畿会 女性会計士委員会」インタビュー

  6. 日本に居ながら英語を話す子どもを育てる為に大切なたった1つのこと

  7. 11/20(日)女性向けオススメイベント「ワーママフェスタ」@大阪

  8. パワーママプロジェクト関西のワーママ、女性向けイベント〜女性起業家を招いて@大阪〜

  9. やっちまったの連続。ドタバタ育児も笑い飛ばして楽しくいこう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking!

New記事をClick!

  1. 忙しくても自分磨き!その極意とは・・・
  2. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018…
  3. 脱・「全部自分でやっちゃうリーダー」!今日から「割り振り上手なリーダー」になろう…
PAGE TOP