ワーク・ライフ・バランスは追わない、仕事依存症で、何が悪い?


働く女性の皆さん、就活中の女子大生の皆さんこんにちは。昨年から以前にも増して、「ワーク・ライフ・バランス」「働き方見直し」というワードをよく目にするようになりました。ずっと仕事のことを考え、仕事ばかりしていることを良しとしないような風潮が強くなってきましたが、果たしてそうなのでしょうか?

1 一回は、仕事依存症になってもいいやん?

2-2-1

現在プライベートを充実させ、効率よ働く女性の皆さんのお話を聞いていると、「私もかつては仕事依存症だった」という方が多いことに驚きます。

「残業は当たり前」「土日も関係なく仕事」「1年中必死で働いていた」…なかには、「仕事をし過ぎて体調を崩してしまった」という方もおられます。

残業や、休日出勤や、体調不良になるまで仕事をすることを勧めているわけではないのですが、
仕事に熱中したからこそ、「働き方を見直す」きっかけが生まれたという働く女性の方が多いのは事実なようです。

2 仕事が好きだから、働き方を工夫しようと思える

2-2-2

働き方を工夫しようと思えるのは、仕事が好きだから。

そう思います。

仕事のことがどうでも良ければ、働き方を見直さず、会社を辞めてもいいし、仕事をしない選択肢もあります。生活するためのお金を稼げればいいのであれば、責任の重くない働き方に変えることも可能です。

でも、働くことや仕事が好きだから、プライベートも仕事もうまくいくよう「働き方を工夫しよう」と思える。

欲張りかもしれないけれど、やっぱりどちらも自分にとって大切なものだから、自分の考え方や行動を変えてまで、どちらも成り立たせたいと思う。

そして、そこまで自分にとって仕事が大切なものになるには、とことん仕事に没頭する時期が一度は必要だと思います。そうしなければ、本当の意味での仕事の面白みや醍醐味を味わうことはできないですよね。

つまりは一度は、仕事依存症になることも必要なのではと思うのです。

次のページ >>> はじめからワーク・ライフ・バランスを追うと、大きな落とし穴が待っている・・・


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 働く女性に伝えたい、心が傷ついたときにするべき3つのこと。

  2. 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツとは?

  3. 大阪で活躍する女性を応援する「第一回大阪サクヤヒメ表彰」大賞はこの方!

  4. 働く女性の自己分析〜自分にとって大切な軸に気づくための方法とは〜

  5. フリーランスで自由に?社員として組織に貢献?どちらで活躍するにも必要なポイントとは!?

  6. 知っておくと得するGmailショートカットの活用法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 3/18(月)ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーションの本質」~市場創…

    2019.03.04

  2. 3/7(木)ぷちでガチ!育休MBA特別講座育休復帰キックオフ2019~人生…

    2019.02.22

  3. 自分を整えるということ ー 余白のススメ

    2019.02.18

  4. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  5. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31