バリキャリかゆるキャリかで悩んだら、ゆるキャリを選択するべき納得の理由!


働く女性の皆さん、学生の皆さんこんにちは。Woo!を運営するナチュラルリンク高野です。 バリバリ働くキャリア志向の「バリキャリ」との対比で、「ゆるキャリ」という言葉がよく使われます。ゆる〜いキャリアという感じで、なんとなくあまり良くない印象に聞こえますが、果たしてそうでしょうか。

1 ゆるキャリとは?

4-1

— 「ゆるキャリ」とは、決して仕事第一ではなく、家庭生活を大切にし、自分の趣味や交友も楽しみながらマイペースで働くこと。
本来は、そういうゆるやかなキャリアの女性を肯定的にとらえる表現として、エッセイストの葉石かおり氏が提唱した言葉ですが、
一方で“家事・育児を言い訳にして低パフォーマンスに甘んじる、そこそこの働き方”という批判的な意味合いで使われることもあります。

日本の人事部「バリキャリ・ゆるキャリ」より抜粋 —

 

2 ゆるキャリを目指してもいいと思う

4-2

人生をどう生きるか、どんな風に働くかは、人それぞれですし、それを他人にとやかく言われる筋合いはありません。
だから、ゆるキャリを目指すことも素敵だし、アリだと思います。 むしろ、これからの時代は、ゆるキャリを目指してみてもいいとさえ思います。

以前、小説家の村上龍さんがテレビで、「若い頃に無駄にやる気を浪費していない人は、あるタイミングで本質に気づきやすい」といったことを話していました。

やりたいことが無いのに、無理に「頑張らねば!」とエンジンをかけた状態を続けるよりも、

抜くところは抜いている方が、あるとき「これだ!」と思うことに出会い、

一瞬にしてギアが入る可能性が上がると。

なるほどと思いました。 また、イタリア人は(全員じゃないので偏見もありますが・・・笑)、
ゆったり仕事をして、昼休みは2時間休憩したり、仕事をはやく切り上げたりしているのに、
一人あたりのGDPは日本よりもはるかに上をいくなんていう話もありますもんね。

■次のページ >>> ゆるキャリの何が悪い!?むしろゆるキャリでいこう!・・・ 


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 採用担当の働く女性に女子大生が突撃取材!〜AmidA 糟谷八千子さん〜

  2. 社会人1年目でこれやっときゃよかった〜30代、40代の女性が今思うこと〜

  3. 入社3年目の女性社員に女子大生が突撃取材!~株式会社シナプスイノベーションKさん~

  4. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜ベラジオコーポレーションの竜子さん〜

  5. 「人事」という苦手分野にチャレンジして得られたこと〜Mさんの実体験〜

  6. 長期インターン中の女子大生に突撃取材!〜同志社大学 桃原彩さん〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ワーママインタビュー

    社外メンターのアドバイスで、気持ちが前を向いた | 男性社会で奮闘…

    2021.03.11

  2. 【オンライン開催】2月19日10:30〜12:30 育休中も復職後も!子連れ…

    2021.02.10

  3. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  4. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  5. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24