PICK UP!

世界中で仕事する社長に女子大生が突撃取材!〜ベビログ 板羽宣人さん〜


こんにちは、女子大生インターンズです。
今回は3/21に私たちが企業の社長さんにインタビューしたレポートをお伝えします!
まずは、現在ニュージーランドにおられる板羽宣人さん(株式会社ベビログ代表取締役社長)にskypeでインタビューさせていただきました!

1. 家族で世界を飛び回る生活!

%e3%83%8e%e3%83%9e%e3%83%89%ef%bc%93

みなさん、「ノマドワーク」という言葉をご存知ですか?

“「ノマドワーク」とは…「Nomad(ノマド)」とは、英語で「遊牧民」を意味する。

ワーキングスタイル、またはライフスタイルの一つとしてのノマドワーカーとは、特定の職場を持たず、移動しながら仕事をする人々を指す言葉である。”

ノマドワーカーとは? – ノマドの現実・メリット&デメリット より引用

現在、こういった働き方をする人は増えてきています。
板羽さんはそれを一人でされているのではなくご家族ぐるみでされており、はじめは北海道のニセコ、フィンランド、シドニー、ハワイやエストニアと様々なところで「ノマドワーク」をされながら生活しておられるそうです。

それなら板羽さんはすごく旅行好きなのでは・・・?と誰もが思うであろう質問をぶつけたところ、
「いや、旅行はあまり好きではないんです。」
「正確に言うと、観光地に行ったりするのがあまり好きではないということです。私はその国で純粋に『生活する』ことが好きなんです。」

なるほど…!私たちは海外に行く=観光地を回る、と勝手に思ってしまいますが、その国の素のすがたを味わうことってすごく有意義なことですね。
純粋に憧れてしまう板羽さんの生活。では、私たちと同じ大学生のときはどのように過ごされていたのでしょうか。

2.自由に時間を使えるのは大学生の間だけ?

%e3%83%8e%e3%83%9e%e3%83%89%ef%bc%91

よく人生の夏休み、と例えられる大学生活。
「これだけ時間のある大学生の間にいろいろ経験積んだり、将来の道筋ややりたい事を決めておかなければいけない!」と焦っている大学生も多いのではないでしょうか。
しかし板羽さんは公務員勤めをされてから自分の本当にやりたい事を見つけられ、必死に勉強されて起業されました。

「やろうとする気持ちさえあれば、大学生であろうと社会人であろうと関係ない。」
周りの声に流されるのではなく、本当に自分が“今”やりたい事は何か、見つめなおすべきだとういうことを学べました。

そもそも公務員になられたのは、ご自身の過去の経験から幸せな家庭を築くことが夢だったからだそうです。
ではどうして公務員を辞められ、現在のような働き方に至ったのでしょうか。

 

■次のページ>>>安定した職を捨てて!?


ページ:

1

2

関連記事

  1. フリーランスで自由に?社員として組織に貢献?どちらで活躍するにも必要なポイントとは!?

  2. 満足度98%の女性講師に編集長が突撃取材!〜インターマナー 渡邊優子さん〜

  3. 在宅ワークで人と会えない毎日に刺激を与える工夫とは?

  4. ママに働き続けて欲しい会社が知っておきたい、働き方改革の第一歩。

  5. ベンチャー社長に女子大生が突撃取材!〜エクス 抱厚志さん〜

  6. だてにはげてない社長に女子大生が突撃取材!〜代表世話人 杉浦佳浩さん〜

  7. 20年後の社会と働き方改革~vol.4 30代の仕事と出産の兼ね合い

  8. 「女性活躍企業の採用担当者に女子大生がインタビュー! 株式会社エクス 市野秀仁さん」

  9. 創業社長を支える名参謀女性に編集長が突撃取材!〜前本玲さん〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking!

New記事をClick!

  1. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018…
  2. 脱・「全部自分でやっちゃうリーダー」!今日から「割り振り上手なリーダー」になろう…
  3. 何でも自分でしてしまい育成が進まないリーダーに起こっていることとは
PAGE TOP