あなたのチャレンジを応援する人をつくるための「大切なコト」とは


働く女性の皆さんこんにちは。小川由佳です。

自分がチャレンジしたいことがあるのですが、家族からは「そんなの無理だ」と反対をされています。家族の反対を押し切ってでもやってやろう!と思っていたのですが、出来れば家族から応援されてGOしたいと思うようになりました。家族に応援されるために自分ができることで、何かヒントやアドバイスはありますでしょうか?

新しいことにチャレンジしようとするとき、皆がそれを応援してくれるとは限りません。特に家族の場合、より近しい存在である分、心配したり、反対したり・・・ということは十分にありえます。

そんなとき、どうしたら家族は応援してくれるようになるのでしょうか?

どれだけ本気でチャレンジしていますか?


私は、結局、自分がそのチャレンジに対してどれだけ本気なのかに尽きると思っています。つまり、自分の本気や覚悟が家族に伝わって初めて、家族はあなたのチャレンジを認め応援してくれるようになるということです。

先日、テレビのバラエティ番組を見ていたら、女流棋士を目指している14歳の女の子のことが取り上げられていました。その女の子のお母さんいわく、「以前は、まだ中学生なんだからと思って、『(学校の)勉強をしなさい、勉強をしなさい』と言っていた。でも、娘の本気がわかってから、彼女が将棋にのめりこむことを認めるようになった」のだとか。まさにこれです。

実際、私自身も「本気が伝わると応援してくれるようになるんだな」と思える体験をしたことがあります。これについてお話しましょう。

私の体験


私が娘を出産後、新しい仕事にトライしようとしたときのこと。
夫が私のしようとすることに反対してきたのです。

その理由は、私がトライしようとした仕事が、保育園のお迎えに間に合わない、帰宅が夜になる仕事だったからでした。私がその仕事に就くことで、週のうち数日は夫が保育園へのお迎えに行かなければならなくなります。夫から「仕事の性格上、僕は定時に帰るのが難しい。お迎えは君の方でなんとかしてほしい」と言われ、新しい仕事に就くことを反対されました。

そのときの、がっかりした気持ち、モヤモヤした気持ちといったら・・・。「私だって仕事がしたいのに」「なんで私だけ」・・・

すごく恨めしく思ったのを今でもよく覚えています。

■次のページへ>>>もやもやした気持ちを振りきったきっかけとは・・・

 


1

2

小川由佳(おがわゆか)FAITH(フェイス)代表
【プロフィール】
メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。
【働く女性の皆さんへ】
働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!

関連記事

  1. チャットワークを活用したボスコミュニケーションの8つのポイント

  2. モチベーションを自然と上げるために知っておくべきこととは?

  3. 一歩がなかなか踏み出せない方へ~自信と行動の意外な関係とは

  4. 現役美容師が教える頭皮ケアの4つの効果とは?

  5. 簡単さつまいもレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. なぜ男性社長が女の子の世界を変える事業をしているのか?−アウローラ古瀬一臣社長へ突撃インタビュー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 少し早いけれど、2019年の自分自身を振り返ってみました。

    2019.11.29

  2. 12月17日(火)第55回ぷちでガチ!育休MBA講座「戦略のための会…

    2019.11.08

  3. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.29

  4. 11月14日(木)第54回ぷちでガチ!育休MBA講座「エフェクチュエ…

    2019.10.17

  5. 【参加費無料】11月10日(日)「メンターmikke」設立1周年感謝祭~…

    2019.10.07