働く女性の子育てや夫婦を考えるきっかけに。映画「メイジーの瞳」。


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!では定期的に働く女性にオススメな映画ネタをご紹介しています。たまたま見かけたこの映画。まったくこの映画の存在は知らなかったけれど、見ている間に引きこまれていった「メイジーの瞳」。映画はほぼ子どもの目線で撮られていて、途中胸が苦しくなってしまうくらい。「大人の言動」について考えさせれます。第25回東京国際映画祭 コンペティション部門正式出品作品です。働く女性の皆さん、是非ご覧になってみてください。

1.6歳のメイジーから見た世界をリアルに写しだしている。

maisie

6歳のメイジーの瞳に映る、身勝手な大人の世界。自分の居場所を求めて歩き続けたメイジーが最後に選んだ答えとはー?

離婚した両親の家を10日ごとに行き来することになったNYに住む6歳のメイジー(オナタ・アブリール)。ベビーシッターだったマーゴ(ジョアンナ・バンダーハム)が、父の新居にいることに戸惑うが、元々仲良しだった彼女にすぐに打ち解ける。母が再婚した心優しいリンカーン(アレキサンダー・スカルスガルド)も、メイジーの大切な友だちになった。
自分のことに忙しい両親は、次第にそれぞれのパートナーにメイジーの世話を押し付け、彼らの気まぐれに我慢の限界を超えたマーゴとリンカーンは家を出て行く。母はツアーに向かい、メイジーは独り夜の街に置き去りにされてしまうのだが──。

映画『メイジーの瞳』公式サイトより引用

このあらすじを読んだだけで、また泣けてきそう。。

2.両親が喧嘩する日常が、子どもにもたらすものとは。

135117365521613111038_whatmaisieknew

メイジーは6歳の女の子。色白で、目がくりくりで、華奢で、まるでお人形さんのように可愛い。メイジーの母親は売れてるロック・ミュージシャン(ジュリアン・ムーア)、父は美術品のブローカーで、明らかに母親の方が稼ぎがよく、マンハッタンの高級住宅もどうやら母親名義のよう。両親は顔をあわせる度に口論をし、汚い言葉で罵り合っている。

何がせつないかって、両親の喧嘩にメイジーは感情的には反応せず、日常の風景としてそのそばで普通に生活をしていること。本当は辛いだろうに、その感情をおさえることを覚えた子どもの、健気な姿を見て、普段の自分の言動を考えさせられます。

次のページ >>> 親の愛とあかの他人の愛、メイジーはどちらを選ぶのか?…


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 忙しい働く女性が自分メンテナンス時間を確保する為の3つのポイント

  2. 「Stop痴漢バッジプロジェクト」を運営する松永弥生さんインタビュー。

  3. 女子未来大学セミナーレポート~老舗料亭の女将から教わる女性の美の秘訣〜

  4. 関西の働く女性による、関西の働く女性のためのサイト「Woo!」オープン!

  5. 大人女子にオススメスポット@ビルボードライブ大阪

  6. 発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?vol.2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  2. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31

  3. 2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~…

    2019.01.25

  4. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15

  5. Woo!編集長高野の、2019年の決意−「今年はルーチンをどんどん壊そう」

    2019.01.08