気になる記事をClick!

女性の間で広がる映画「007」シリーズ、人気の訳に迫る!

高野 美菜子

高野 美菜子

Woo!運営会社 株式会社ナチュラルリンク 高野 美菜子
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々驀進中です!2人目出産を機に2017年は、母親として子どもとの時間を優先し、かつ会社を成長させる働き方を創りだすべく奮闘中! 


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!では定期的に働く女性にオススメな映画ネタをご紹介しています。全世界で絶大な人気を誇る映画「007」シリーズ。観たことがないという働く女性の皆さんでも、主人公の名前「ジェームス・ボンド」は聞いたことある方は多いのではないでしょうか?私も、以前は「おじさんハードボイルド」というイメージを勝手に持っていたので観ていませんでしたが、ダニエル・クレイグが6代目ジェームス・ボンドを演じる現在のシリーズから興味を持つようになり、全作観始めました。そして、最近は女性ファンも増えているということで、その理由を探ってみました。

1.007シリーズとは?ジェームス・ボンドとは?

【使用不可】2016.9.27 9時①
*画像出典:「007 SPECTRE」


007(ダブルオーセブン)シリーズ は、イアン・フレミングのスパイ小説を原作とする人気スパイアクション映画シリーズ。007とは、主人公「ジェームズ・ボンド」のコードネームである。
(引用:ニコニコ大百科)

*日本では、「ゼロゼロセブン」と言っていますが、海外では「ダブルオーセブン」と呼ばれています。


ジェームス・ボンド
誕生日は映画によってそれぞれ異なり、ダニエル・クレイグがボンド役を演じた『カジノ・ロワイヤル』以降の作品では設定が一新され、1968年4月13日、ベルリン生まれ、両親が登山事故で亡くなった後にスコットランド郊外にあるスカイフォールを実家としてキンケイドに育てられた後に、オーベルハウザーという人物に引き取られ義兄のフランツと共に育ったという出生に変更されている。また、義兄のフランツと義父のオーベルハウザーは、皮肉にも登山中の雪崩事故に巻き込まれて死亡し、またも天涯孤独となってしまう。ドイツ系の義父に育てられた経緯からかドイツ語、『慰めの報酬』にてボリビアのホテルの受付との会話シーンが、『スペクター』にてメキシコでテロリスト同士の会話シーンを盗聴するシーン描写があることから、スペイン語にも長けている。『スカイフォール』ではアルコール中毒で引退を勧められ、復帰テストにもお情けで合格させてもらう、といった原作の人物像を多少反映したボンドということになっている。
(引用:Wikipedia「ジェームス・ボンド」

現在、ダニエル・クレイグ演じるジェームス・ボンドは6代目。主役をつとめる役者が変わりながら、半世紀以上もの間シリーズが続くなんて、日本でも全世界でも、珍しいのではないでしょうか。
また、戦略や武器やシステムも最新化され、時代背景にあわせて改良されているあたりも面白く、観ていても飽きないです。

2.初めての金髪ボンド、ダニエル・クレイグが女性に人気!

【使用不可】2016.9.27 9時②
*画像出典:「007 SPECTRE」

初代ジェームス・ボンドを演じたのは、「ショーン・コネリー」。007シリーズで一躍有名になった英国の俳優さんです。

現在は86歳と高齢ですが、若いころの写真を観ると、めちゃくちゃ男前です。ほんっとに、男前です(笑)

長身で、黒髪の、ジェントルマン。
出逢った女性は、必ずボンドに恋に落ちてしまうくらいの甘いマスク。

このショーン・コネリーのイメージが強烈で、007ファンの中には未だに「ジェームス・ボンド役はショーン・コネリー以外認めない!」という人もいるとか。

その後、ショーン・コネリーのイメージを引き継ぎ、(中には、全然引き継いでないっぽい人もいましたが…)選ばれた俳優がボンド役を演じてきました。

そして、2005年、ついに、007初の金髪のボンドが誕生します。ダニエル・クレイグ大抜擢!

(それまでも、ちょくちょく映画ではみかけていましたが、超有名な俳優さんではなかったと思います)

ただ、それまでのボンドのイメージと大きく異なるということで、欧米では発表直後にアンチサイトが出来るなど、バッシングが大きかったようです。これについて本人は、「批判は子供の罵りのような言葉だったけど(耳が大きすぎる、金髪はありえないなど)、実際に言われると傷ついたよ。でも、そういう人たちを納得させるための唯一の方法は、この役を上手くやりこなすことだった。僕自身ほどそれを感じていた人はいない」と語っています。

…かっこいい!

実際に映画が公開されると…なんと、シリーズ最高興行収入を樹立し、「ショーン・コネリー以来の最高のボンドだ!」と評されるなど、大成功をおさめました。

また、毛深いフェロモンムンムンなボンドではなく、スッキリとしてマッチョ、クールでジェントルマンなボンドをダニエル・クレイグが演じたことで、女性ファンが増えたことも納得です。

私も、ダニエル・クレイグのボンドが一番好きです。

スーツの着こなしもめちゃくちゃうまい。ほんと、ダニエル・クレイグのボンドはシルエットがものすごく綺麗なんですよね。

昨年日本で公開された、007シリーズ最新作「スペクター」ですが、このシリーズでダニエル・クレイグはボンド役を引退するという噂です。その後発表された、7代目のジェームス・ボンド候補の俳優には、金髪の方が多いようです。

ダニエル・クレイグの功績は、本当に大きいですね。

次のページ>>> 追求された映像美。アクションなのに、どこかオシャレさがある。


ページ:

1

2

関連記事

  1. 便秘に効果あり!カンタン美味しい「豆乳小豆寒天ゼリー」

  2. WEB画面全体を画像保存できる「Awesome Screenshot」が超便利!

  3. ファンデーションなしでも美肌に見せる、4つのメイクテクとは?

  4. 夏バテ防止「ささみ」のレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  5. ディープな神戸の飲み歩きといえば、オススメエリアはEast Side!

  6. ぷりぷりミックスビーンズの時短レシピ3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  7. 2016年の働く女性に必要な「女子力」はこれ!

  8. 鉄分たっぷりひじきタコライス〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  9. アドラーの嫌われる勇気を実践したら、本当に人間関係の悩みが消えた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  2. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
  3. 10/26(木)ぷちでガチ!育休MBA講座「金融最新事情~支払いの未来を考える」…
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP