就活で選考を受けたのは1社だけ!−シナジーマーケティングで働く樽井みずきさんの思いを貫く生き方。


皆さんこんにちは。大阪市立大学2年生の丸本小夏です。今回は私が、入社2年目の樽井さんにインタビューをさせて頂きました。大学生時代からのインターンシップへの取り組みや、就活に対する姿勢など、「大学生の早いうちに聞いておいてよかった!」と思えるお話をたくさんお聞きすることができました。とても素敵なインタビュー時間となりましたので、是非ご覧ください。

Chapter1.今の私

1-1:仕事について

ー現在はどのようなお仕事を?
まず私は、CRM関連製品サービスの企画、ソフト開発、販売を行うシナジーマーケティングという会社で働いています。CRMとは、リピート客の増加や既存顧客のロイヤリティの向上など、企業と顧客との関係強化を目指すマーケティングのこと。この会社で現在私は営業をしています。営業といっても、一方的にものを売り込むのではなく、お客様の要望や課題をヒアリングして解決のための提案を行い、その後のアフターフォローまで行うのが仕事です。

1-2:現在の働き方とその工夫

ー現在のワークスタイルは?
現在はフルタイムです。ただ、業務時間が終わっても、勉強するために会社に残ることもあります。仕事内容は大変充実していますが、お客様の業種が多岐にわたる分大変ですね。業種ごとに状況が異なるので、一つの業種のことだけ勉強すれば良いわけでもなければ、今日使えた知識が翌日そのまま他社の商談で使えるわけでもありません。ただうちの会社は、お客様と企業が関わる接点全てを網羅できるサービスを有しているので、様々な業界の様々なフェーズの話が出来るのは大変面白いですね。事前準備は大変ですが、がむしゃらに働くことができるので、仕事が面白くて仕方がありません。

1-3:会社の雰囲気やバックアップ

ーシナジーマーケティングの風土や雰囲気は?
選考の時に抱いた印象通り、人を想える人が多く、人を育てることに熱心な人ばかりです。先輩や上司が、真剣に指導やアドバイスをしてくださることは、新入社員にとっては大変心強いですね。営業に行くと知識不足でお客様にうまく伝えきれず、悔しい思いをしたことが何度もありますが、その度に「次回はどう改善するべきか」周囲に相談したりしています。私たちのお客様は企業ですが、ミスが生じて迷惑をかけてしまうのは、企業の先にいるお客様。何かあっても私たちはその先にいるお客様には直接謝ることはできないので、この仕事は本当に責任のある仕事だと痛感しています。そういったことも、先輩の仕事に対する姿勢や考え方から学ぶことができています。

1-4:今感じるやりがい

ーどんな時にやりがいを感じる?
学生時代にインターンシップをしていた会社に入社1年後に営業に行きました。うちの会社とのお取引は無かったので、先方の企業様にお願いをして面談の機会をいただいたのですが、そこで、学生のときにはわからなかった課題を発見することができ、解決策も提示出来ました。すると担当者の方から「これからは専門知識を持ったプロとして私たちの事業を支える重要な人材として頼っていきたい」と言っていただいて…。「自分が学生の時に出来なかったことが、社会人になって出来るようになった」と感じられ、本当に嬉しかったです。またがむしゃらに働いてきた中で得たスキルやノウハウがやっと実感できた機会でもありました。

→学生時代のインターンシップから、1社に絞った異例の就活まで…


1

2 3

関連記事

  1. 自分が会社を変える気持ちで−イムラ封筒で働く山口有理さんのぶれない生き方。

  2. 周りを幸せにするおせっかい−Truth笹西真理社長が語る”0から1を創り出す”生き方

  3. 自分の意見が商品に反映される歓び−WSPで働くワーママ山中美紗恵さんの挑戦

  4. だてにはげてない対談−インバウンド業界で活躍する井野良子さんのチャレンジ。

  5. 「こうあるべき」にとらわれず、 スキなことを全部やりたい女性のために。

  6. 「専業主婦から社長へ」−GRiP’S山川紀子社長の人の強みを見つけて伸ばすリーダーシップ。

  1. 発音インストラクターが教える!日本語発音の癖を速攻で取る方法と…

    2018.04.23

  2. 5/23(水)ぷちでガチ!育休MBA講座「仕事でも家庭でも育児でも使える…

    2018.04.20

  3. 育休中の学びを仕事に活かす! キャリアカウンセラー資格の活用実例

    2018.04.16

  4. 芽を伸ばす育成 その要素は3プラス1

    2018.04.09

  5. 育児休業期間中に何をする?私のおススメは・・・

    2018.04.06