女子大生に長期インターンから就活まで突撃取材~同志社大学4回生Yさん~


皆さんこんにちは。2016年7月から12月まで、ナチュラルリンクで長期インターンシップをしてくれた、同志社大学 文化情報学部 文化情報学科(2017年12月現在4回生)のYさんに、学生時代の過ごし方から就活まで、インタビューをさせて頂きました。

1 授業とアルバイトの両立

ー高野:インターンシップ期間中のYさんは「とにかく仕事が速くて自立している人」という印象が強い。まさにできる女性という感じ。大学1回生の頃はどんな感じだった?

ーY:授業にはちゃんと出席すると決めていたので、週5で学校に通っていました。また、受験の時に外国語学部に行こうか迷っていたくらい英語が好きだったので、あえて難易度の高い英語の授業を履修していました。4回生になった今も自主的に、全て英語で行われる授業を履修しています。

ー高野:すごいな!英語はこれから必須の時代になるもんね。そういえば、アルバイトもずいぶん頑張っていたよね?

ーY:はい。1回生の4月から3回生の3月まで約3年間、塾講師のアルバイトをしていました。中学の頃、通っていた塾の先生が大変素晴らしい方で、私自身その先生から大きな影響受けました。

そこで私も、自分が将来は誰かに影響与えられる存在になれたらいいなと思うようになりました。

また昔から「何かを誰かに伝えたり教えたりする」ことは好きでしたね。

ー高野:「人に何かを教える」って素晴らしいことであると同時に、すごく難しいことでもあると思うけど、実際はどうだった?

ーY:生徒一人一人の学力も性格も異なるので、難しかったです。その生徒の理解度を把握することから、勉強へのモチベーションをあげることまで、生徒との間に信頼関係が無ければうまくいきません。意識していたことは、自分の中学時代の経験を話したり、同じ目線で考えるようにしたりして、ある意味「先生と生徒ではなく友達同士」のような関係性を心がけました。

ー高野:塾講師のアルバイトと、大学の授業との両立ってすごく大変じゃなかった?

ーY:はい、それ以外にも色々なことを掛け持ちしていたので、両立は結構大変でした。下級生の頃は「夜までバイトして、早朝におきて1限に行く」といった生活でした。大変ではありましたがやりがいを感じられることがモチベーションに繋がっていました。

ー高野:なるほど。お金のためというより、やりがいが大きかったんだね。ところで、私はたまに学生さんから「アルバイトをしたいけれど、何をしたら良いかわからない」と聞かれたりするけど、自分ならどう返答する?

ーY:その学生が文系か理系かにもよりますが、「自分が伸ばしたい能力を伸ばせるバイトをやってみるといいのでは?」とお伝えすると思います。人と話すスキルを伸ばしたいなら接客業がいいでしょうし、パソコンのスキルを身につけたいならIT会社でアルバイトしてみるのもいいと思います。

ー高野:「自分が伸ばしたい能力を見つける」ってなかなか簡単ではないと思うのだけど、どのようにして「自分が伸ばしたい能力」を見つけていったの?

ーY:私は過去の経験から、対人スキルを伸ばしたいと思っていました。また、人に上手く伝えることができなかった経験から、人に上手く物事を伝える力を伸ばしたいと漠然とですが考えていました。

自分の今までの経験を振り返ると、何か見つかるのではないでしょうか。

2 就活に向けての動きについて

ー高野:なるほど。では、就活を意識し始めたのはいつ頃から?

ーY:3回生の春頃です。「就活は短期決戦だ」と聞いていたので、少し早い目から動いておくほうがいいのかなと考えたんです。

ー高野:すごいなー戦略的。では、就活を意識し出してから、実際にまずは何をしたの?

ーY:有志の就活団体が主催している「就活イベント」に行きました。就活に向けての流れ、ESの書き方など、基本中の基本を知ることができる内容でした。結構多くの学生が来ていましたね。

ー高野:なるほどーその後は?ごめん、なんか取り調べみたい(笑)

ーY:いえ、大丈夫です(笑)大手就活サイトを見ると、結構な数のインターンシップ情報が載っていたので、夏の間に実施される短期インターンシップに応募しました。あとは…大学のスタディーツアーでベトナムに行ったりもしましたね。

ー高野:おぉー行動力あるなぁ。就職セミナーの次にインターンシップ申込とな。では、興味のあるインターンシップということだけど、どういう基準で選んだの?

ーY:興味のある業界や実施内容から選びました。と言っても明確にしっかり絞っていたわけではなく、直感で「面白そう!」と感じるところに応募しました。そんな中、大学の授業で高野さんのキャリアの講義を聞き、長期インターンを募集されているとおっしゃっていたので、「ナチュラルリンクのインターンもやってみたい!」と思い、応募しました。

■次のページ >>>長期インターンに向いている人、そして得られること、就活への臨み方は?


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. インターンシップは絶対やった方がいい!〜現役人事担当者の本音〜

  2. 社内初時短管理職ワーママに編集長が突撃取材!〜井本七瀬さん〜

  3. 女性は福利厚生が整った大手企業なら本当にイキイキ働き続けられるのか?

  4. 企業の採用担当女性に女子大生が突撃取材!〜PAL 北窓佐和子さん〜

  5. 柔軟な働き方を自ら実践する女性社長に編集長が突撃取材!〜神野沙樹さん〜

  6. 世界で活躍するビジネスコーチ木村元子さん〜だてはげ活用術対談vol.7〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  2. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  3. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02

  4. 【子育て世代へのアンケート】「子育て×働く」のリアルを探求するキ…

    2020.06.30

  5. 社外メンターに相談して、目の前の霧が晴れた!| メンターサービス…

    2020.06.08