気になる記事をClick!

多くの働く女性が涙した、映画「ツレがうつになりまして」。


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!では定期的に働く女性にオススメな映画ネタをご紹介しています。今日ご紹介したい映画は『ツレがうつになりまして。』映画『ツレがうつになりまして。』は、細川貂々さんという方が、2006年に幻冬舎から出版したコミックエッセーを、2011年に映画化したもの。夫の幹男を堺雅人さんが、妻の晴子を宮﨑あおいさんが演じています。この2人のキャスティングは、これ以上ないというほど物語にぴったりでした。

特に夫婦で観て欲しいこの映画の中で、心をうつ言葉を今日は3つご紹介します。
出典:ib.huluim.com

1.「ツレがうつになりまして。」のあらすじ

〘使用不可〙2016.5.9 12時写真①

—-
幹男はクレーム係の仕事をバリバリこなし、毎朝お弁当まで作る。ある朝、イグアナのイグに「食欲が羨ましい」とか、ゴミ箱の前で「これみんな要らないんだよね」とつぶやく。翌朝、真顔で「死にたい」と呟く。激務とストレスによる 心因性うつ病で「心の風邪」で半年から1年半かかると診断される。上司は「忙しくて皆うつ病みたいなものだ」と辞めさせない。漫画家で結婚5年目の晴子は古道具屋に器が「割れなかったことで価値がある」といわれ、ツレに「会社を辞めないなら離婚する」と告げる。薬で元気になるが揺れがあるからと注意され、認知療法で日記をつける…
引用:Wikipedia「ツレがうつになりまして。」

映画の最初の中盤までは、比較的ゆっくりしたペースで物語が進みます。意外な展開も特になく、隣人の日常を垣間見ているような感じで、ちょっと物足りないな〜と思って観ていました。
でも逆にそれが、「うつ」は他人事ではなく、日常の中で誰でも「うつ」になる可能性があることを示唆しているのかもしれません。
ところが後半、夫の幹男が自殺未遂をするあたりから物語は急展開していきます。そして後半の私は…終始号泣でした。

2.①いつか必ず、今のことを笑える日が来る

〘使用不可〙2016.5.9 12時写真②

作者の細川さんは、「うつに対する知識として「精神的に弱い人がなる」「神経症のようなもの」というイメージを持っていた。作者の周りの人の病気に対する知識の乏しさや誤解が多いと感じ、自分達の世の中にうつ病の事を広めたい」という思いで本を書かれたそう。
そんな作者や家族の実体験をもとにした映画なので、物語の中には終始、胸をうつ深い言葉がたくさん出てきます。
辛いことを体験して、その中でもがき、乗り越えていった人にしか言えない言葉だからこそ、心に刺さる。私は何度も号泣していまいました。

その中のひとつが「いつか必ず、今のことを笑える日が来る」という言葉。よく聞く言葉だけど、この言葉の持つ意味は本当に深いですよね。
この言葉を励みに、私も今、頑張っていけそうです。

次のページ>>> あけない夜はない。たとえあけた空が曇だったとしても…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 上半期アクセス1位『働く女性の心に響く!DJあおいの深すぎる名言3選』

  2. 忙しい女性が、時短で、楽にキレイになれる4つの美容のコツとは?

  3. デキる女性は使ってる!〜一筆箋で仕事もワンランクアップ〜

  4. 各種お問い合わせ

  5. チャットワーク裏技!仕事がはかどるタスク管理4つのコツ

  6. 夏バテ防止「ささみ」のレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  7. 5/28(土)目標達成する自分になろう@高野山成福院合宿セミナー〜

  8. ある会社が行った働き方改革で、業務効率が20%アップ!さて、何をした?

  9. 女性らしく生きていい〜勇気を与えてくれる、働く女性の名言集〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP