美肌に効果あり!忙しい働く女性にオススメな豆乳美容のすすめ


働く女性の皆さんこんにちは。今日ご紹介するのは豆乳。牛乳より若干値段は高めかもしれませんが、エステや高級化粧品を買うことを思えば、随分安いですよね。

お肌は食べたものから作られるので、できるだけ体に良く、美容効果のある一石二鳥な食材を口にしていきたいものです。

1.豆乳が持つ美肌効果について。

9e72be78cc2d824ebb566f52a850bed2_s

—-
豆乳には、美容に良いと言われているビタミンB群ビタミンE群が非常に多く含まれています。ビタミンB群は、ホルモンバランスの乱れによる吹き出物や肌荒れをふせぎ、健康な肌に導いてくれます。ビタミンE群はホルモンの分泌を活発にしてくれる働きがあり、血行促進作用もあります。この2つの栄養素だけでもかなりの健康促進効果といえるでしょう。普段から食生活が乱れている人は、豆乳をプラスするだけでも栄養バランスの偏りを防いでくれるメリットがあります。

さらに、女性にとって大きなメリットは、大豆に含まれている大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きをすると言われており、女性の皮膚のハリやツヤを保ったり、生理前のホルモンバランスを整えてくれると言われています。
(出典:「実はすごい豆乳の効果 こんなメリットがあるの」)
—-

大豆は畑のお肉と言われるほど、栄養価が高い食べ物。納豆も、お味噌も、体に良いですもんね。

それにしても、こんなにお肌に良いことづくしだったとは驚きです!

2.飲むだけじゃない!「豆乳洗顔」も効果大!

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s


大豆イソフラボンは、水と溶け合う性質と、油脂性分と溶け合う性質を併せ持っているのだが、この構造は洗顔フォームなどの構造とよく似ているため、毛穴の汚れや余分な皮脂を落とす働きがある。さらにイソフラボンは女性ホルモンに似ていることから、顔の産毛を薄くする効果も。
 また豆乳には他にも、シミを防ぐ美白効果や、保湿効果、血行をよくする効果などを持つ美白成分が満載。まさに「つるん」とした素肌が手に入る“美肌洗顔料”と言えるのだ。
用意するのは調味料の入っていない、無調整の豆乳。まずは洗面器にコップ1杯ほどを入れて、水で薄めれば準備完了。洗い方は、石鹸で洗った顔をこの豆乳水で数回すすぎ洗ってから、ぬるま湯で軽く流すだけ。
他に、この豆乳水をコットンに含ませて肌にパッティングしてから洗い流したり、料理で余った豆乳をそのまま顔に塗ってパックのように使うのもOK。ただし水で薄めない場合は肌がかゆくなることもあるので、注意しながら使おう。
豆乳洗顔を数回行うだけで、小鼻の毛穴の黒ずみが驚くほどキレイになり、洗い上がりにはモッチリツルツルのお肌になっていることを実感できるはず!
出典:Asageiplusつるんと若い美肌を保つ「豆乳洗顔」に挑戦しよう!)


豆乳洗顔…顔が豆乳臭くなったりしないのかな…と若干心配な気もしますが、一度試してみる価値はありそうです!

次のページ>>> ただし、豆乳にはデメリットもあるので、しっかり効能を知っておくことが重要です!…


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. カルシウムたっぷりな高野豆腐グラタン〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  2. 働く女性に一歩踏み出す勇気をくれる「何事もうまくいく10ケ条」とは?

  3. 人に相談するたび ブレる人に起こっていることとは

  4. 今年も有難うございました~Woo!編集長高野より~

  5. 大人女子へのプレゼントに最適!人気の文字入れ可能な商品紹介3選!

  6. 効率的に情報収集したい働く女性にオススメ!Googleアラート!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  2. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31

  3. 2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~…

    2019.01.25

  4. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15

  5. Woo!編集長高野の、2019年の決意−「今年はルーチンをどんどん壊そう」

    2019.01.08