マーク・ザッカーバーグの育休取得で日本の父親の育休取得は進むのか?


働く女性の皆さんこんにちは。フェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグが、2015年11月に「妻の出産を期に2ヶ月の育休を取得する」と発言したのはよく知られている話。そんな中、ForbesJAPANにて、父親の育休取得に関するこんな記事を見つけました。お手本はザッカーバーグ?「父親の育休」先進企業の取り組みと課題。この記事を読むと、時代は確実に変わってきていることが伺えます。

1.アメリカで先見性のある企業は、父親の育児休暇制度を本格的に導入している。

8DU3KE91FP

(以下、記事より引用)

先見性のある企業は、父親の育児休暇制度を本格的に導入しているようだ。最近のある調査によると、意思と豊富な資金のある企業は、新米パパ(あるいは両親)のために仕事と家庭の両立をぐんとやりやすくしている。

父親の育児情報&コンサルティングサイトFatherlyでは先日、新米パパにとって最も働きやすい企業のランキングを発表。その結果からは、親業、しかも特に父親業が雇用主や従業員にとって重要な問題であることが伺える。

アメリカを拠点に活躍されている、知り合いの日本人経営者(男性)の方とお話した時「僕も普通に幼稚園の送り迎えにいくし、食器を洗ったりご飯を作ったりしますよ。こちらでは当然という感じです。」とおっしゃっていました。

アメリカの方が、このあたりの考え方については、日本の何歩も先をいっているようです。

2.父親の育児情報&コンサルティングサイトFatherlyの出したランキング

minori
(以下、記事より引用)

2015年のランキングでは、トップ50に入った企業のほぼ半数が、従業員に1週間から2週間の有給の育児休暇を提供していた。それに対して今年は、平均で7.5週間が育児休暇に割り当てられていると同サイト共同創設者サイモン・アイザックスは言う。トップ50企業のうち35%が新米パパに6週間から8週間の育児休暇を提供し、12社は10週間から1年の休暇を提供している。

すごいですね..「新米パパにとって最も働きやすい企業のランキング」というランキングが存在することも凄いですし、トップ50に入った企業のほぼ半数が、従業員に1週間から2週間の有給の育児休暇を提供していたというのもすごい。

アメリカでは、「優秀な人材を採用するために福利厚生に力を入れる」という企業の意識が日本と比べて大変高いそうです。仕事だけではなく、家族との時間を大切にする企業風土や仕組みを作らないと、優秀な人材が自社に入社してくれないんですね。

日本の企業のトップの方々も、このあたりの意識を変えることが求められていますね。

次のページ>>> 新しいパパのお手本は、facebook率いるザッカーバーグ…


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 大阪商工会議所ワーキングマザー応援セミナーレポート公開!

  2. 孤育てを防ぐ「きずなメール」のすすめ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  3. Woo!編集長髙野の出産復帰対談〜だてはげ活用術特別企画vol.9〜

  4. 働くママが忘れてはいけない、大切なたった1つのこととは?

  5. 〜今話題の「産育食」とは?〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」

  6. 【満員御礼】株式会社山田製油×ぷちでガチ!育休MBA in Action@京都~ガチママの力を結集し”ソーシャルイノベーション”にチャレンジ!~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  2. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  3. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24

  4. 【オンライン開催】12月11日(金)第63回ぷちでガチ!子連れMBA…

    2020.11.13

  5. 忙しくて英語を勉強する時間が無いというあなたへ。

    2020.11.11