女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜リグア 川瀬紀彦さん〜


働く女性の皆さんこんにちは。毎回大好評の、女性が活躍する大阪のベンチャー企業の社長インタビュー。今回のゲストは、株式会社リグアの川瀬紀彦社長。リグアは、全国2500院を超える接骨・整骨院に「運営サポート」「経理サポート」「情報サポート」という3つの経営支援を展開する会社です。業界の風雲児として知られる川瀬社長率いるリグアでは、2児の母である女性が活躍されていたり、初の女性営業の方がイキイキ働いておられたりと、女性が活躍する会社としても注目されています。さぁ、今日は一体どんなお話が聞けるんでしょうか?

1.幼稚園の七夕の短冊に「社長になりたい」と書いた。

image

ー高野:40歳という若さで、業界を牽引されている川瀬社長にインタビューさせて頂けるのを、以前より楽しみにしておりました。本日はよろしくお願いいたします。

ー川瀬:よろしくお願いいたします。

ー高野:川瀬社長は、いつ頃から起業することを考えておられたのですか?

ー川瀬:母から聞かされたのですが、僕が幼稚園の頃、七夕の短冊に「社長になりたい」と書いていたそうです。とはいえ、社長の仕事を理解してなりたいと思っていたわけではなく、何となく感覚的になりたいという気持ちを持っていたのだと思います。

ー高野:すごいですね。幼稚園の七夕の短冊にかかれた夢を、しっかり実現されているなんて…。

ー川瀬:大学に行っても「社長になりたい」という思いは変わらず、卒業後は起業のために2社で修業を積み、25歳で整骨院を立ち上げました。柔道整復師の兄と、管理会計に長けた父と、私で事業を始めたのですが、2年目にして年商は1億円を超え、経営も大変順調でした。

ー高野:おぉ…すごいです。川瀬社長はそもそもなぜ、整骨院業界で起業をしようと思われたのですか?

ー川瀬:僕は大学までアメフトをやっていたので、常にケガが絶えませんでした。その頃から、接骨院や整骨院には大変お世話になっており、おかげでアメフトを続けてくることができました。

ただ、僕たちのようなスポーツマンだけでなく、年配の方、会社員の方、主婦の方、みんな常に何らかの体の悩みを抱えながら生活しています。そういった方々の悩みや思いを受け止め、少しでも健康になるためのサポートができればと、整骨院・接骨院の分野で事業をしたいと思うようになりました。

ー高野:…ご自身の実体験がきっかけなのですね。ただ、立ち上げた整骨院を運営し続けるのではなく、そこから新たにご自身で独立されたのは何故ですか?

ー川瀬:整骨院・接骨院の先生は患者さんの思いを受け止める人格が必要ですし、ホスピタリティの精神がなければ院はうまくいきません。「整骨院・接骨院にこそ、ホスピタリティマインドが必要だ」という思いで、整骨院は兄に託し、2001年に教育コンサルティング事業を創業しました。2004年には株式会社リグアを設立し、現在の事業基盤を築きあげてきました。実は整骨院・接骨院の経営支援に特化してサービス展開している会社は、日本では当社しかありません。今では当社のサービスが事実上の業界スタンダードになり、経営サポートに携わる院は全国2500院以上になりました。

2.現在の理念経営のきっかけとなった出来事。

image
(イキイキ働かれているリグアの社員の皆さん。)

ー高野:リグアを創業された後、一時期はリラクゼーションサロンやITツールの代理店販売の事業を展開されていた時期がおありだったんですね。

ー川瀬:はい。実はリグア創業後は、面白いように経営がうまくいっていました。今考えると傲慢なのですが、当時の僕は「経営は簡単だ」という気持ちでいました。もちろん理念を持って事業をしていたつもりでしたが、知らず知らずのうちに僕を含めみんなが、みんながお金を第一に考えるようになっていました。

ー高野:現在のリグアさんでは考えられないような状況ですね。

川瀬:そうなんですよ。「万人の健康と安心を提供する社会を創るという高い志は、一体どこに行ってしまったんや。ここままじゃいかん!」と思いました。以降は、現在の事業に特化し、ここまで基盤を築いてくることができました。

よく「お客様の立場で考える」「お客様に喜んで頂くために」と言いますが、「それぞれのお客様にとって本当に大切なことは何か」まで、深く真剣に考えるようになりました。

人は誰でも、人のために何かしてあげたいという気持ちを持っています。お客様の笑顔やありがとうの言葉を通して「自分が周りの役に立っている実感」を持ちながら仕事をすることが本当の働く意味だと、僕たちは考えています。

ー高野:お客様に喜んでもらいたいという気持ちを素直に行動にうつせる環境で仕事ができる社員の皆さんは幸せですね。そんな社員の皆さんの想いがあるからこそ、リグアさんは全国2500院もの院から支持されているのですね。

ー川瀬:日頃から社員がよく頑張ってくれて、本当に感謝ですね。当社の理念は「良心の相互創生」です。みんなが良きことを思い、良き行動をすれば、良心を相互に創り出すことができ、人生が幸福になるという考えです。僕自身も常にこの理念に立ち返り、これからも仕事をしていきたいですね。

次のページ >>> 女性が活躍するリグアの舞台裏に迫る


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 長期インターン経験を持つ女子大生に突撃取材!〜同志社大学 野呂眞紀さん〜

  2. パラレルキャリアなワーママに編集長が突撃取材!〜湯本理恵さん〜

  3. 満足度98%の女性講師に編集長が突撃取材!〜インターマナー 渡邊優子さん〜

  4. 社会人1年目でこれやっときゃよかった〜30代、40代の女性が今思うこと〜

  5. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜エクスで働くワーママ藏樂さん〜

  6. 女性は福利厚生が整った大手企業なら本当にイキイキ働き続けられるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 自分を整えるということ ー 余白のススメ

    2019.02.18

  2. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  3. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31

  4. 2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~…

    2019.01.25

  5. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15