決めるとは「捨てる」こと〜断舎離できる自分になるために〜


働く女性の皆さんこんにちは、小川由佳です。
今回は「捨てる」ことについて書いてみたいと思います。

1 「捨てる」を意識していますか?

9F23743383
私は捨てることが苦手でした・・・。というか、ぶっちゃけ今も苦手です、
誕生日に買ってもらった服、お土産でもらった小物、親や友人からもらった手紙、写真等々、特に思いの入ったものはなかなか捨てられません。

モノだけでなくコトについてもそう。

「せっかくここまでやってきたのに、もったいないかな」
「もしかして今みたいな条件って捨てちゃったら後悔するかな」

なんて思ってしまう私がいます。

2 私の「捨てる」のきっかけ

RDX59GX2JT
そんな私が思い切って「今の生活を『捨てる』」ということを実行できたのは、2010年のこと。

妊娠を機に通い婚をやめることにし(それまで、東京に住む私と京都に住む夫は月に2~3回、週末に会う生活をしていました^^)、これまでしていた正社員の仕事を契約に変え、住む場所を東京から京都へ変えました。

東京での通い婚生活は夫と恋人のように過ごせて楽しかったし、友人達も周りにいて心強く、また、収入もけっこうよい方でした。
だから、その生活を一変させるのは、当時はすごく怖かった。

「13年ぶりに夫と”同居”してうまくやっていけるかな」
「子供が出来て万が一後悔したらどうしよう」
「時間的に融通が利かなくなるし、仕事に制約ができちゃうんじゃないかな」
「自分の価値を感じられなくなったらどうしよう」
「慣れ親しんだ土地から離れて大丈夫かな」
「親しい友人と簡単に会えなくなっちゃうけど、さびしくないかな」

などなど、
いろんなことをぐるぐる考えました。

次のページへ>>>そんな私を後押ししてくれたこととは?


1

2

小川由佳(おがわゆか)FAITH(フェイス)代表
【プロフィール】
メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。
【働く女性の皆さんへ】
働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!

関連記事

  1. ディープな神戸の飲み歩きといえば、オススメエリアはEast Side!

  2. 突然の心臓発作を防ぐために…働く女性が意識したい3つの習慣

  3. コメディだけど奥が深い!働く女性にオススメ映画「アラフォー女子のベイビー・プラン」

  4. 女性が働き続けるために大切なこととは?〜キャリアカウンセラーからのアドバイス〜

  5. 今の仕事がマンネリでも、また楽しく仕事に向かえる簡単な方法とは?

  6. 育児か仕事のステップアップか?選択に後悔しないためのポイントは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  2. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  3. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24

  4. 【オンライン開催】12月11日(金)第63回ぷちでガチ!子連れMBA…

    2020.11.13

  5. 忙しくて英語を勉強する時間が無いというあなたへ。

    2020.11.11