知っておこう、あなたの夢が叶わない原因はこれが足りないからかも。


働く女性の皆さんこんにちは。小川由佳です。
11月末に、本を出版しました。「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」という本です。
今回は、この本を出版するまでの経緯で、最も印象的だった出来事について、書いてみたいと思います。

1 きっかけは小さな出来事でした

writing-923882_640
「いつか本を書いてみたいな」

そうは思っていたものの、1年半ほど前は、まさか自分が書くことになろうとは、ゆめにも思っていませんでした。

最初のきっかけは、出版社が主催するセミナーに、友人の誘いで参加したこと。
そのセミナーは定期的に開催されており、出版を志す方が、自分の企画書をプレゼンし、編集者や他の参加者からフィードバックをもらってブラッシュアップしながら、出版を目指す場となっていました。

ただ、当時の私は、
「とりあえず、将来のために、見学しておこうかな」
そんな軽い気持ち。あくまで見学者という形で参加をさせてもらったのでした。

しかし、セミナーに参加している方々のプレゼンを聞いているうち、だんだん触発され、「私も」という気持ちになってきました。
主催者の方々から、「せっかくだから、次回も参加して、企画書を出してみたら」と言ってもらえたこともあり、セミナーが終わる頃には、
「次回までに私も企画書を書き上げて、もってこよう」
すっかりそんな気持ちになっていたのでした。

2 その後

desktop-1753683_640

とはいえ、その後、日常に戻り、仕事や他のことにかまけているうちに、どんどん時は経ち・・・。
夏休みの宿題のように、「企画書を作らなきゃ」と気にはなるものの、なかなか取り組めず。

そもそも、「絶対に本を書かないと職を失う」といったような「切羽詰まった感」もないため、なんとなく中だるみのまま、来てしまった次回セミナーの2週間前。

なんとなく集中できぬまま、そして、アイデアも出てこぬまま、私は、セミナーに誘ってくれた友人に
「私の企画ですが、結局、未だアイデアがひねり出せぬままでおります。
ですので、次回のセミナーは、またもや企画なしの見学でも、構わないでしょうか。」
というメールを出しました。

「書けないのであれば、次回も見学という形で参加し、いつか書き上がったときに出せばいいや」

そんな気持ちが私の中にあったのだと思います。
そして、「きっと友人も、『じゃあ、書けたときに出したらいいんじゃない』と言ってくれるにちがいない」と。

次のページ>>> 友人からの思いもかけぬ言葉とは…


1

2

小川由佳(おがわゆか)FAITH(フェイス)代表
【プロフィール】
メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。
【働く女性の皆さんへ】
働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!

関連記事

  1. 仕事でやりたいことを見つけるポイント教えます!

  2. 今より稼ぎたい働く女性にオススメの本『まずは「つきあう人」を変えなさい』

  3. タスク管理ツール「Nozbe」が働くママにオススメな2つの理由!

  4. ある会社が行った働き方改革で、業務効率が20%アップ!さて、何をした?

  5. 忙しく疲れやすい働く女性にオススメな3つの夏バテ対策!

  6. 女性部下で悩む上司の皆さんへ〜女性はチームで育てよう〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 女性部下育成研修に参加する上司から感じられる、例年にない変化に…

    2019.08.20

  2. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – …

    2019.07.31

  3. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  4. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  5. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21