PICK UP!

上司のパワハラに悩む人へ〜ハラスメントを無くす正しい対処〜


働く女性の皆さん、ママさんこんにちは。人活®心財育成トレーナーのあ~ちです。

日々どこかで起こっているパワハラ、モラハラ、マタハラ、セクハラ・・・。
ハラスメントは会社の中での人間関係で起こっていることに注目されていますが、家庭でも、学校でも、さらに言うと自分一人の中でも起こっています。
ではこれらはどうして起こるのでしょうか?すべては一つの根源から来ています。

1 ハラスメントは2つの役割で構成される

59ac6a6ae979f6fa48a35d7f1fef8886_s

ハラスメントは『嫌がらせ』を意味しています。
どのような行為がハラスメントと言われているのか厚生労働省のページを見てみると以下のようなことを指しています。

•身体的な攻撃(暴行・傷害)
•精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
•人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
•過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
•過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
•個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
(厚生労働省 パワーハラスメント6類型より)

私がが営業として就職活動を始めた時は、『男女雇用機会均等法』ができて2年目だったため、「これは追い風だ!」と活動を始めました。
しかし、表面上は女性も応募していますと出していても、面接では「女性の営業ねぇ・・・」と受け入れる考えがないような言動が数多くあったり、
就職したあとも今でこそハラスメントという言葉ができましたが、セクハラ、マタハラなど異色のものを排除しようという動きを経験してきました。

これらはどうして起こるのか?それは『恐怖心』によって起こります。
そしてここには2つの役割が存在します。

1つは『加害者』もう1つは『被害者』です。

 

2 どうして加害するのか?

black-and-white-businessman-man-suit

加害する人の根底にあるものは「自分に力がない」「自分を信頼していない」と思っているということです。
加害しているのでいかにも色々な力があるように見えたりしますが、実はそうではありません。

加害する人は、自分の存在を確保するために、自分以上の力を発揮する相手や今までの環境に変化を及ぼす可能性のある相手、自分の言う通りにしてほしいのに力が及ばない相手などに対して根底では「恐怖心」を覚えます。

そして、自分以上の力を発揮される前に、環境に変化を及ぼされる前に、相手を阻止しようと言葉や行動によって攻撃するのです。
また攻撃により自分より力の無い存在にしておいて、なおかつ自分の支配下に入れるために救済役に変化し、頼らせる、慕わせる行動に出ることもあります。

これらは企業の中でも起こっていますが、なんと、子どもがいるご家庭でも・・・
子どもが言うことを聞いてくれなくてイライラしたり、片づけたのにまた散らかして環境を変化させられ怒ったり、そして怒った自分を責めたりという経験が一度はあるかと思います。
これも同じことが起こっているのです。

そして、この行動は相手に対してだけでなく、自分の中でも自分自身に対して行っていることがあります。

 

次のページ>>>ハラスメントの「被害者」とは


ページ:

1

2

関連記事

  1. 中小企業のための女性活躍推進のポイントセミナーレポート@大阪

  2. 後輩から慕われる先輩女性に共通する3つのこととは?

  3. 相手に伝わる企画書づくりの4つのポイント〜初心者編〜

  4. 好きなものに囲まれ暮らすことも夢じゃない〜全ては自分の宝物〜

  5. 関西の働く女性による、関西の働く女性のためのサイト「Woo!」オープン!

  6. デキる女性の新常識〜SNSリテラシーの基本とは?〜

  7. 早咲の桜を見に行くなら、ソメイヨシノよりも開花が早い「河津桜」がオススメ!

  8. 忙しい働く女性が運動するなら、効果があるのは朝?夜?どっち?

  9. 本当に「女性社員に力仕事は無理」なのか?〜女性活躍推進の実は〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking!

New記事をClick!

  1. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018…
  2. 脱・「全部自分でやっちゃうリーダー」!今日から「割り振り上手なリーダー」になろう…
  3. 何でも自分でしてしまい育成が進まないリーダーに起こっていることとは
PAGE TOP