「今の時代、手に職をつけた方がいい」は本当?


働く女性のみなさん、これから働かれるみなさん、こんにちは。神野沙樹です。

さて、こんな言葉聞かれたことありますか?

「親から手に職をつけた方がいいと言われて、この仕事を選びました」
「手に職をつけた方がいいと思って、この資格を勉強しようと思いました」

そして、よくこの言葉につけられるのが「今の時代」ということば。
しかし、不景気な時代も、少し景気が回復してきたと言われる今も「今の時代…」と言われています。
この言葉って、本当なのでしょうか。

1 手に職をつけるってどういう意味?

手に職をつけるというのは色々な意味があります。

・職業または職能を自分のものとすること
例えば、時間をかけて手に職を得る職人さん(お菓子職人、家具職人)はこれに当てはまります。

・仕事に就くための技能や資格を、獲得すること
例えば、弁護士、看護師、保育士、美容師といったいわゆる「資格」を取得し、仕事として活かすものが当てはまります。

-Weblio辞書より

みなさんはどちらのイメージ、あるいはどんなイメージをお持ちでしょうか。

2 手に職を付けたいと思った時に知っておいた方がよいこと

私は今、社会保険労務士として起業をして仕事をしています。そのため、周囲から「神野さんは手に職を付けているから、これからも安心ですね」と言われることがあります。
あるいは、「手に職があるから、自由がきく働き方が出来るのですね」とも。

確かに、「社会保険労務士」という資格をもって起業し生業を立てていますから、間違いではありません。
また、今思い返すと、社会保険労務士の資格取得が転機になったともいえます。

しかし、「これからも安心か」と言われると、まだまだそこまで言えないのも事実です。なぜなら、これからの世の中、何が起こるか分からないからです。
どんなことが起こっても揺らがない人生…、この先果たして手に入れられるのかは、残念ながら分かりません。

つまり、手に職を付けるというのは、「ある日突然つくものではない」ということ。
そして「手に職がついたから安心・安泰」というものでもないということだと、私は思っています。

■次のページへ>>>それでも「手に職を!」という方へ…


1

2

KES社労士事務所 神野沙樹
「“私たちの仕事はね!”神野沙樹(かみのさき)
株式会社Niesul 代表取締役 / KES社労士事務所 代表
【プロフィール】
「“私たちの仕事はね!”と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。
【働く女性の皆さんへ】
仕事を通してたくさんの企業、そこで働く多くの社員さんとお会いさせていただく中で、いま私は「人生に正解とか不正解なんてない」と感じています。本当に人それぞれだなぁと。だからこそ、正解を求める生き方ではなく、自分が自分のことを認められる生き方をしていけたらなと思います。私ももっと自由に、もっと自然に、生きていきたいと思います。
と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。

関連記事

  1. 転職を成功に導くために大切な、自己分析のポイントについて。

  2. 就職、転職中の女性にオススメの性格診断ツール「ストレングスファインダー」

  3. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜エクスのワーママ高倉さん〜

  4. 最近よく聞く「パラレルキャリア」って一体何のこと?意味や定義について

  5. 20年後の社会と働き方改革~vol.6(最終回)雇用のこれまでとこれから~

  6. ロールモデルは社内に必要?働きながら感じたキャリアの描き方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 女性部下育成研修に参加する上司から感じられる、例年にない変化に…

    2019.08.20

  2. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – …

    2019.07.31

  3. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  4. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  5. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21