転職、結婚…決断できる女性になるために大切なたった1つのこと。


働く女性の皆さんこんにちは。
女性の生き方は本当に多様化しています。結婚してもいいし、しなくてもいいし、働き続けてもいいし、一旦やめてもいい。子どもを産んでもいいし産まなくてもいい。ただ、人生は一度きりで、2人分の人生を歩むことはできないから、岐路にたったとき決断を迫られるタイミングは男性より多いと思います。

1.働く女性の幸せは人それぞれ。

image
ある本の背表紙に書いてあった文章が、印象に残りました。
—–

現代の女性が求めるものは人それぞれ。

誰もが目指すモデルはなくなり、
幸せの形も千差万別になりました。

どんな生き方もできるけど、
どんな生き方も絶対ではない。

そんな不確かな時代を生きる女性たちの、
確かな「支え」になりたいと願いました。

——

2.選択肢が多いからこそ悩むけれど。

image
今の時代はSNSやWEBからの情報も多いので、働く女性の生き方に関して色々な情報が自分に入ってきます。
だから、自分の道に迷い、悩むことも多いはず。

かくいう私も、20代半ばから数年間は、とてもとても迷っていました。

私はこのままでいいのかな…。
どんな人生が私にあってるのかな…。
色んな女性の本を買っては読みあさり、

その華やかな経歴や生き方と
今の自分を比べて、
余計落ち込んだり…(笑)

転職や独立もあるけど、でもきっと今より給料下がるだろうなー。
今からまたいちからなんて、きっと無理だよなー。
じゃあ、今のままでいいかーなんて思ううちに時が流れました。

次のページ >>> 決断とは、何かを選ぶことではなく、何かを捨てること…


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 社長を夫に持つ妻の生活ってこんな感じです。

  2. ロールモデルは社内に必要?働きながら感じたキャリアの描き方

  3. 「今の時代、手に職をつけた方がいい」は本当?

  4. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンターサービスを体験した働く女性インタビュー

  5. 自分の市場価値を高めるために今日から出来ることは?

  6. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「いるいないみらい」を読んでみた

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  2. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  3. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24

  4. 【オンライン開催】12月11日(金)第63回ぷちでガチ!子連れMBA…

    2020.11.13

  5. 忙しくて英語を勉強する時間が無いというあなたへ。

    2020.11.11