現役コーチが語る!成果を手にするクライアントさんの共通点とは?


働く女性の皆さん、こんにちは。小川由佳です。

私が仕事としているコーチングでは、セッションを重ねるうちに、多くのクライアントさんの心のあり方が変化していきます。
その過程は人それぞれですが、多くの方が、遅かれ早かれ、最終的に同じような境地に辿り着かれることに、あるとき、ふと気が付きました。

今回はそのお話しをさせて頂こうと思います。

1 あなたは「自分にOK!」を出せていますか?

それは、

「I am OK(私は、今の私のままで大丈夫)」

という境地です。

以下は、クライアントさん達から挙がった言葉の抜粋です:

「『もっとできるんじゃないか』という焦りがあったが、『自分は、できることは最大限やっている』ということがわかった。
今のままの自分で、十分なりたい自分に近づけていっているとわかり、安心できた」

「これまでは、今の自分がイヤだった。
が、今の自分でも十分がんばっているとわかり、自信をもって次にいっていいとわかった。
自分にポジティブな印象を持てた。その結果、次に向かって動き出すようになった」

「自分の人生を信頼する、信じるっていう感覚」

「できる範囲で、今できることをやればいい。それによって可能性は開ける」

「友人でも講座でも何でも、自分に本当に必要なものは、たとえ断っても、ちゃんと残る。
行きたいのに時間が合わないもの(講座)は、今の自分に必要がないもの。
今は参加するタイミングじゃないということ。」

2 手放すことで得られるもの

今、自分にできることをがんばればいい。
今はわからなくても、それは必ず、自分の理想とする未来につながっているから。

焦りを卒業して、そんな境地に辿り着かれるのです。

結果、それも短期的な結果に目を向けて、自分に不合格を出して落ち込んでいたり、焦っていたりされていたのが、結果ではなく、がんばっている、そのプロセス自体に、そして、がんばっている自分自身に、合格を出せるようになるのです。
おもしろいもので、そういう境地に辿り着かれてから後の方が、成果を手にされることが増えていらっしゃるように感じます。

結果を手放したら、結果が手に入るという不思議さ。

ここには、何かしら、自分らしい充実した人生を生きるためのヒントが隠れているような気がします。


小川由佳(おがわゆか)FAITH(フェイス)代表
【プロフィール】
メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。
【働く女性の皆さんへ】
働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!

関連記事

  1. 身近な働く女性が実践するストレス解消法〜どうやって発散してる?〜

  2. 恋をするのが怖い女性にありがちな思い込み〜大人な恋愛をしよう〜

  3. 効果的なプレゼン資料を作る為に知っておきたい3つのポイント

  4. 会社や上司が女性活躍に理解が無い〜悩める働く女性に贈る言葉〜

  5. 女性社長に聞いた、仕事を通して綺麗になれる秘訣とは?

  6. 関西ってそもそもどこ?意外と知らない「関西」と「近畿地方」の違いについて

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. after/ withコロナ時代のパラレルキャリア私論

    2020.09.03

  2. 【女子未来大学:オンライン開催】9月27日(日)withコロナ時代のパ…

    2020.09.01

  3. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  4. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  5. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02