気になる記事をClick!

発音インストラクターが教える、日本語の癖がでるのはなぜ??

日野ゆう子

日野ゆう子

日野ゆう子 英語発音スクールCEPIO京都教室主宰

大学卒業後、日本語講師→英語やりなおし→英会話学校や大学サテライト授業にて英検・TOEIC等資格対策講師として勤務。結婚後、海外学術機関等をクライアントに古書選書コーディネート事業を立ち上げ12年間活動。学生~講師時代・業務を通しての悩みの種・発音を改善したい!とスクールに通い、その有効性に感動。同じ悩みを抱えた方々のお役に立ちたいと2013年より英語発音スクールCEPIO京都教室を開講。生徒さまお一人お一人のくせや状態にあわせた発音レッスンを行っています。

■一言メッセージ:コミュニケーションを楽にするための英語発音のコツや英語やりなおしについての情報などをお伝えしていければと思っています!よろしくお願いいたします。


働く女性のみなさん、こんにちは!日野ゆう子です。
前回、前々回と「英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?」のテーマで、英語と日本語の違いについて記事を書いてきました。
発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?
発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?vol.2

今日はその中でも英語上達に欠かせない、英語のリズムについてさらにお伝えしたいと思います。
英語のリズムは特に、「頭では分かっているけどつい日本語の癖がでてしまう」ポイントでもあります。
なぜ癖がでてしまうのか!?その謎に迫ります。

1 日本語のリズムは均等リズム

ここで日本語のリズムのまとめを少し。 

日本語のリズムは均等リズムと表現されることがあるように
言葉が同じリズムの感覚ででてくることが多い言語です。 

わたしは今日学校に行きました。

スピードの速い遅いはあっても、
わたし と言うときも、わ、た、し の間隔はほぼ均等です。
文章でもこの特徴は同じです。

日本語ではどの言葉も比較的同じ間隔で話されています。

2 英語のリズムは伸び縮み

日本語の均等リズムに対して英語のリズムは伸び縮みします。

英語ではしっかり伝えたい部分は丁寧に、そうでない部分はささっとと緩急(強弱)がはっきりつきます。
これは単語の中でも、そして文章の中でもみられる現象です。
※よく強弱とはその部分だけどなる、声量を上げると思っていらっしゃる方がいますが、声量で強弱を表すのではなく
リズムの感覚(ゴムが伸び縮みするような感覚)に近いです。

information という単語だと、一番はっきり丁寧にいうのはmaの部分、その次はin (辞書をみるとアクセントが載っている部分です。)
ゴムがしっかり伸びる部分ですね。for とtionはそれに比べて早くあいまいに発音をされます。

I got it.  (分かりました。)
この文章では、got の部分が協調されることが多いです。
極端に日本語風に読むと 「アイ ガット イット」 のようになりますが
実際には 「ィ  ガー  ㇼッ」 に近い音が聞こえます。

■次のページ>>>リズムの違いを理解するためには…

 


ページ:

1

2

関連記事

  1. シャンプーとトリートメントについて〜現役美容師が伝えたい大切なこと〜

  2. 終わりのないマイナス思考を断ち切る効果的な方法とは?

  3. 関西で働く女性による、関西で働く女性のためのサイト

  4. 効果的なプレゼン資料を作る為に知っておきたい3つのポイント

  5. Woo!facebookページ

  6. 相手に伝わる文章を「書く」ための3つのコツ〜前編〜

  7. チャットワークを起点に業務効率を上げる裏技:その1

  8. 上半期アクセス2位『LINEとチャットワークの4つの違い』

  9. 働く女性の貯金事情〜気になる平均貯金額や貯金方法は?〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 毎日忙しい私たちだからこそ身につけよう!時間をコントロールする3つのポイント
  2. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~
  3. 参加費無料!赤ちゃん学基礎講座@京都(同志社大学 学研都市キャンパス)
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP