気になる記事をClick!

男性社会で自分らしく働く女性に共通する3つのこととは?

natural-link(Woo!編集部)

natural-link(Woo!編集部)

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、"働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に"という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンク高野です。
ナチュラルリンクでは、Woo!のインタビューやセミナー企画で、働く女性の皆さんにヒアリングをしたり意見をお聞きすることがよくあります。その中で、「男性社会で女性らしく働いている皆さんの3つの共通点」についてまとめてみました。

1.①一旦は男性側に思考を寄せている

4H7WZC7LSU

一般的に男性は、

・論理的
・数字に強い
・データによる分析が得意
・客観性を重視する

等と言われています。

現在の日本の企業では役職者に男性が多いですし、役職が上がればあがるほど、より客観的に、論理的に、全体最適で考える傾向にあると思います。

そんな男性社会で働く女性の皆さんからは、
「意見をあげたけれどとりあってもらえない」
「それは、あなた個人の意見でしょ?と軽くあしらわれた」
という声を聞くことがあります。

ただ、そんな男性社会で自分らしく、女性らしく働いている皆さんは、必ずと言っていいほど、「論理性・客観性」を意識して上司や周囲と話すようにされています。

・会議では、感覚ではなく、数字やデータをもとに発言する
・意見や提案を上げる時は、データや他者の意見、声を取り上げ客観性を持たせる
・口頭ではなく、目に見える資料で提案してみる

等です。

これにより、男性陣の納得度は大きく変わり、自分も仕事がしやすくなるということでした。

もちろん、論理的思考で考えることが苦手な方や、数字は嫌いだな〜という女性もおられると思いますが、そういう場合は得意な方に相談してみるのもありだと思います。

「郷に入っては郷に従え」と言いますが、まずは一旦男性側に思考を寄せたほうが、うまくいくことが多いかもしれませんね。

2.②女性の感性を大切にしている

PP0A5HAYTO

2点目は、「女性の感性を大切にしている」という点です。

男性社会だから、「男性のようにしなければならない!」ということではなく、思考は男性に寄せたとしても、「あ、こっちの方がいい」という感覚や、心のなかから湧き上がる女性ならではの感情は大切にされている方が多いです。

・商品のキャッチフレーズを考えるとき、「絶対こちらの方がいい!」という女性の勘を大切にした。それを裏付けるために、女性にアンケートを取って上司に声を届け採用された。

・今日、後輩に強く言いすぎてショックを受けているだろうな〜、申し訳ないな〜と思ったら、その日のうちに「ごめんね、言い過ぎたね」としっかり謝る

現在は多くの会社が、女性客を増やしたい・女性社員を増やしたいと思っています。経営者や役員の方も、女性の感性や感覚に期待されている方が多いです。

だからこそ、自信を持って、女性の感性を大切にして、発信していきたいですね。

次のページ>>> 3点目が一番大事かもしれないけど、耳が痛い…!


ページ:

1

2

関連記事

  1. 帰省のお土産に!みんな大満足の京都のオススメ和菓子3選!

  2. たらの春菊ジェノベーゼソース〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  3. 根菜たっぷりドライカレーレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. 辛いことが続いても、毎日をHAPPYに過ごせる習慣とは?

  5. CWエバンジェリスト直伝!チャットワークプロフィール設定の3つの裏技

  6. 将来が不安で焦る…そんな時、意識すると前にすすめる大切な事は?

  7. 出来ない自分に焦ってしまう、そんな時に意識すると良いこととは?

  8. 関西発信の働く女性のためのお悩み解決サイト”Woo!”が目指す姿とは?

  9. 責任感の強すぎる女性へ〜自分を責めるスパイラルから抜け出す方法〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  2. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
  3. 10/26(木)ぷちでガチ!育休MBA講座「金融最新事情~支払いの未来を考える」…
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP