結婚、出産後も女性が自分らしく働き続ける大切なことは?


働く女性の皆さんこんにちは。冨永亜未です。結婚しても出産しても、仕事も自己実現もあきらめたくない!家族は大事だけど自分らしく生きていたい。

そう思っていましたが、妊娠・出産を通じて
「もう諦めた方がいいのかな。」
「子供が小さい間は家にいた方がいいのかな」などたくさんたくさん悩んで迷いました。

育児休暇中も自分だけ休んでいることの申し訳なさでいっぱい。復帰後も家族にも職場にも迷惑かけているだけじゃないかなと常に罪悪感との戦いでした。

そんな私が母になってから3年経ち罪悪感や後ろめたさを乗り越えて家族を大切にしながら「自分らしく」生きている理由とは?

ようやく手に入れたバランスの理由をお伝えします。

1.ダンナさんの家事能力が高く、協力があるから。

2016.1.21 12時写真①
高校生の時からケーキを焼いていたというほど料理好きのダンナさん。
結婚当初からずっと共働きのため、家事も自然と分担、むしろダンナさんの方が手際がいいためさっさと済ませてくれていることの方が多いです。

なので、私が家を空けていても、私が作るより美味しいごはんを作って子供の面倒を見てくれています。
まー「人それぞれ得意不得意があるからー」というダンナさんの見解です(笑)

「私が自由に仕事ややりたいことが出来るのはダンナさんの家事能力が高く、私の生き方に対して文句は言わない」これが一番大きいと思っています。

日本の女性は「仕事も家事も子育ても全部自分が一人で完璧にしなくちゃ!」と頑張りがち。もちろん、進んでやってあげたい!というのならそれでいいと思うのですが、全部を一人ではなかなかできないもの。
ダンナさんがいるのなら、いきなりすべては難しくても、少しづつ「出来ないからとお願いしてみるのも手だと思います。

ちなみに私は出会った頃から「家事はできない人だ」と思い込まれています笑

2.働く私の母を尊敬し自分もそうなりたいと思っている。

12107851_1705709416326585_1793094104195267013_n
私の母は専業主婦でしたが、離婚して食べていくためにパートから事業主になり、経営者として今でも現役でバリバリ働いている人です。
しんどくてもやりがいを持って働く母を見て、私も結婚しても子供が出来ても絶対に働き続けたいと思っていました。
今でも母と会ったらお互いずっと仕事の話をしています。「一人の女性として、女性起業家としてとても尊敬していて私も母のようになりたい。」とずっと思っていました。

次のページ >>> 子供にどうやったら「ママすごい!」と背中を見せられるか…


1

2

冨増 亜未
美容×コーチングを通じて働く女性が自信を持ちイキイキできるお手伝いをしています!

関連記事

  1. 笑える育児あるある奮闘日記〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  2. 自分を整えるということ ー 余白のススメ

  3. 柔軟な働き方を自ら実践する女性社長に編集長が突撃取材!〜神野沙樹さん〜

  4. 11/20(日)女性向けオススメイベント「ワーママフェスタ」@大阪

  5. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜WSPのワーママ山中美紗恵さん〜

  6. 20歳まで使える母子手帳って知ってた?~神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 12月17日(火)第55回ぷちでガチ!育休MBA講座「戦略のための会…

    2019.11.08

  2. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.29

  3. 11月14日(木)第54回ぷちでガチ!育休MBA講座「エフェクチュエ…

    2019.10.17

  4. 【参加費無料】11月10日(日)「メンターmikke」設立1周年感謝祭~…

    2019.10.07

  5. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.04