未来経営的ワーク・ライフ・バランスセミナーレポート@大阪


働く女性の皆さんこんにちは。2月9日(火)、『NPO法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク』の未来経営塾セミナー「未来経営的ワーク・ライフ・バランス」に参加してまいりました。学術的に研究されていることやデータをもとに、企業の現状と照らし合わせた内容は説得力がありとても勉強になりました。やはり情報を常にインプットする、勉強するって本当に大切ですね。

1.同志社大学の中村艶子先生が今回の講師でした

image
今回講師を担当されたのは、
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部 中村 艶子(なかむら つやこ)先生

==
同志社女子大学卒業後、ロータリー奨学生として米国モントレー国際大学院(Monterey Institute of International Studeies)へ留学(翻訳修士)。米国リゾートホテル管理職として勤務後、同志社大学アメリカ研究科(博士後期課程)にてアメリカ研究を専攻(社会学・女性動労)。会議通訳者、企業内翻訳者を経て2000年同志社大学入社。2009ー2010年フルブライト客員研究員(スタンド―ド大学およびハーバード大学社会学研究科)。専門は「にほんの女性労働とワーク・ライフ・バランス」。
==

華々しい経歴をお持ちで、グローバル・コミュニケーション学部というグローバルで凄そうな学部の大学教授の中村先生。ただ、経歴とは裏腹に、とても気さくで柔らかく、温かい雰囲気をお持ちの素敵な女性でした!

2.これからのワーク・ライフ・バランスは「未来経営的ワーク・ライフ・バランス」だ!

image
ワーク・ライフ・バランスという言葉の本当の意味を、皆さんはご存知でしょうか?

内閣府「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)憲章」については、

「仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらす。同時に、家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしには欠かすことができないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増する。」

仕事もプラベートも充実させることで人生はより豊かになるという意味合いなのですが、最近では『ワークライフシナジー(仕事とプライベートの相乗効果)』ということもよく言われるようになってきました。

仕事とプライベートのバランスを無理に取ろうとするのではなく、プライベートでの経験や体験が、逆に仕事により良い効果をもたらす。
そして、プライベートもの経験や視点を仕事に活かして生産性高く働くことで、またプライベートを有効に活用することができる。

『ワーク・ライフ・バランス』という概念が日本に入ってきてからだいぶ時が経ち、「ワーク・ライフ・バランス」の意味合いが徐々に変わりつつあるんですね。

■第1ステージのワーク・ライフ・バランス=仕事と生活の調和(両立)
主に女性に対してのみ(仕事と育児の両立等)言われてきました。

■第2ステージワーク・ライフ・バランス=4Lの生活
・Work Life 職業生活
・Family Life 家庭生活
・PersonalLife 個人生活
・Sosial Life 社会生活
育児、介護、など、プライベートの変化やプライベートでの役割は男女ともに増えていく。だからこそ、仕事とプライベートをバランスよく協働することが大切である

*渡辺峻提唱

■第3ステージのワーク・ライフ・バランス=未来経営的ワーク・ライフ・バランス
・目標のみでなく、現状分析を伴う
・実現可能な計画や方策を伴う
・より現実的な生活面に即した内容である

このように、ワーク・ライフ・バランスの持つ意味も随分と変わってきたのですね。私は、第3ステージのワーク・ライフ・バランスが一番しっくりきました。

次のページ>>> では、未来経営的ワーク・ライフ・バランスを日本で進めていくには具体的に何が必要か?…


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 女性向けイベント〜女子未来大学×Woo!コラボイベントレポート@大阪〜

  2. 2/1(水)育休ママ女性向けセミナーぷちでガチ!育休MBA講座「交渉学」@大阪

  3. 女性向けイベント〜ビジネスコーチ木村元子さん講演レポート@大阪〜

  4. 5/28(土)目標達成する自分になろう@高野山成福院合宿セミナー〜

  5. 7/10(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「CSRで未来を拓くには」@大阪・京都(リモート)

  6. 5/14(土)女子未来大学関西校ローンチ×Woo!コラボイベント@大阪〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. TVやネットの情報は鵜呑みにしない – 情報化社会だからこそ、…

    2019.09.13

  2. 10月5日(土) 【土曜 週末講座】ぷちでガチ!育休MBA講座「これ…

    2019.09.02

  3. 結果はいつも、少し遅れてやってくる – 焦らず、長い目で見よう

    2019.08.26

  4. 女性部下育成研修に参加する上司から感じられる、例年にない変化に…

    2019.08.20

  5. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – …

    2019.07.31