気になる記事をClick!

インバウンド業界で大活躍の井野良子さん〜だてはげ活用術対談vol.4〜

natural-link(Woo!編集部)

natural-link(Woo!編集部)

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、"働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に"という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。


関西で働く女性の皆さんこんにちは。Woo!でお馴染み、「だてにはげてない」杉浦佳浩さんのご縁をご自身のステップアップに繋げておられる働く女性を紹介する『だてはげ活用術』第4弾です。今回のゲストは株式会社ウェルフェアソリューションズを設立された代表の井野 良子(いの りょうこ)さん。さて、今回は一体どんなトークが繰り広げられたのでしょうか!?

1.井野良子さんってどんな方?

image
(注釈:手前に写っているのは、カメラマンの手ではなく、杉浦さんです)

今回のゲスト、井野さんのプロフィールはこちらです。

神戸大学卒業後、外資系金融機関に就職。その後、外資系保険会社に転職し、コンサルタントとして活躍。2013年1月、28歳の時、英会話教室を運営する会社として、株式会社ウェルフェアソリューションズを設立。現在は、関西在住外国人向けフリーペーパー「Life in Kansai」発行、心斎橋界隈の外国人観光客向けのクーポン紙作成、飲食店の外国人向けメニュー作りや、大手企業の社員向けの英語研修等、ますます活躍の幅を広げている。

2.英語を好きになったのは、姉の影響だった。

image
(注釈:井野さんとクレアさんに急遽、杉浦さんのための英語講座を開催して頂きました。「自然に禿げる→bald」「自分で剃った→skinhead」だそう。ふむふむ!だてにはげてないを英語にすると「Not just a bald guy!」…「おぉ!超かっこいい!ブルース・ウィルスのようだ!」とみなで大盛り上がりでした。)

ー高野:実は井野さんとは5年ほど前に、ある会社主催のゴルフ大会でお会いしているんですよね。その時はまだ独立されていなかったのに、今日久々にお会いしたら独立されてこんなにご活躍されているとは…!本日はよろしくお願いいたします。

ー井野:私も楽しみにしていました。本日は、当社の英語講師のクレアも勉強のためにインタビューに参加させて頂いております。よろしくお願いいたします。

ー高野:早速ですが、井野さんはもとから、英語がお好きだったのですか?

ー井野:中学の頃、英語暗唱大会で優勝した姉が、優勝特典で海外に行かせてもらったのを目の当たりにしたこともあり、私も英語に興味を持つようになりました。英語暗唱大会とは、「星の王子様」や「フランダースの犬」といった物語の文章を舞台で暗唱し、その順位を競う大会です。…で、肝心の私はというと…大会での結果は4位。賞品はMDプレーヤーでした。子ども心に「優勝は海外で、4位はMDって…えらい違いや。」と思いましたね(笑)

ー杉浦:すごいですよね。僕は英語が全くだめなので、話せる井野さんを尊敬します。といってもこれからは英語必須の時代ですもんね。

ー井野:ありがとうございます。大学時代は、メルボルンと、バンクーバーに短期留学に行きました。また当時は、「外国の方を世界中から集めてイベントを開催する」といった活動もしていました。
ただ、普段英語を使わないとすぐ忘れてしまうので、イベントの直前になると英会話学校に通いつめて必死で英語を勉強していました。

ー高野:すごい!では、大学生の頃から英語はペラペラだったと?

ー井野:いえ、それがそうでもなく…。「日常会話はある程度できても、仕事で使うとなるときついかな」というレベルでした。実際に話せるようになったのは、この会社を立ち上げてからです。なんといっても、必死さが違いますから(笑)

ー高野:さきほどクレアさんとの会話を聞かせて頂きましたが、とても流暢でかっこよかったです。もちろんご本人の努力の賜物ですが「帰国子女でなくても、ここまで話せる」というのは、純粋な日本人からすれば大きな希望になりますね。少し話は変わりますが、杉浦さんと井野さんの出逢いはいつ頃だったのですか?

ー井野:今から5〜6年前です。お世話になっている経営者の方から「保険会社で働くすごい人がいるから、お会いして勉強してみたら?」とご紹介頂いたのが、杉浦さんでした。

ー杉浦:僕の前職入社20周年記念のパーティーを経営者の皆さんが開いて下さるということで、その打ち合わせの席でしたよね。

ー井野:はい。その時はご挨拶程度であまりお話できなくて、そこから約1年はフェイスブックで繋がっているだけでした。その後、杉浦さんと一度お会いする機会を頂き「実は会社をやめて独立しようかどうか迷っている」という相談をしました。

ー杉浦:当時は迷っておられましたもんね。でも、「やるなら早い方がいいんじゃないですか?自分でやってみたらどうです?」というお話をしました。当時はまだ会社員だった僕が偉そうに言うのも何でしたけど…(笑)

ー高野:背中を押されたのが杉浦さんだったんですね。井野さんはその頃、既に「英語に関わる事業をしよう」と決めておられたのですか?

ー井野:ぼんやりとですが、「英語に携わることがしたい」とは思っていました。実は前職で働いていた時、プライベートで英語を教えていたんです。知り合いが朝活英会話をしていたのですが「日本人の先生に英語を習いたいという生徒がいるんやけど、教えてもらえない?」と言われたのがきっかけでした。

ー高野:「英語を勉強したいけど、日本人から学びたい」とは…(笑)日本人は英語が苦手な民族だというイメージがありますが、他言語への苦手意識というのは、日本人特有の気質なのでしょうか?

ー井野:いえ、そんなことはありません。当社の講師陣の中にも、日本に長く住んでいて話せるのに、あまり日本語を話さない人もいます。「間違うのは恥ずかしいし、完璧な状態で話したい」と思うあまりなかなか話せないというのは、どこの国の人でも同じです。
逆に今隣にいるクレアは、まだ日本に来て1年程度なのにどんどん日本語で話かけてくるので、本当にすごいと思いますね。

ー高野:なるほど…では、英語を学びにくる生徒さんや、研修実施先の社員さんには、まず「英語を話すなんて恥ずかしい!無理だ!」という心の壁を超えてもらうことが大切なんですね。

ー井野:はい、そうなんです。「英語は難しくないよ。まず話してみよう!」と背中を押すのも私たちの重要な役目です。

次のページ>>> 井野さんがインバウンド業界で今、引っ張りだこな理由とは?…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 働き方変革シリーズVol1.私が働き方を変えると決めた決定的な理由

  2. 20代の転職に成功した女性に編集長が突撃取材!〜景利友美さん〜

  3. チャットワークが『リモワママ活躍推進プロジェクト』始動!

  4. 就活もバイトも部活も欲張りに!同志社大学山口美桜さんインタビュー。

  5. 全国で活躍する関西出身ワーママ対談〜だてはげ活用術特別企画〜

  6. 入社3年目の女性社員に女子大生が突撃取材!~株式会社シナプスイノベーションKさん~

  7. 大阪ママボノチームがWoo!編集長高野へ突撃取材〜ワーママのためにできること〜

  8. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜エイブルワーク 佐藤栄哲さん〜

  9. 働き方改革のプロ社長に女子大生が突撃取材!〜FCS 藤本繁夫さん〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  2. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
  3. 10/26(木)ぷちでガチ!育休MBA講座「金融最新事情~支払いの未来を考える」…
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP