女性は、今と昔とどちらが幸せなのだろう?〜女性活躍と時代背景〜


働く女性の皆さんこんにちは。先日インタビューで「働く女性が、自分らしく働いていくために、大切な考え方ってなんですか?」と聞かれました。「う〜んなんだろう」と考えつつ、その時は「女性はこうあるべきという世間の常識や、自分が持つ無意識の概念に縛られず、それをぶち破る勇気を持つこと」と答えたのですが、ある方とお話をして、「こういう考え方が大事だ」という結論に至りました。

1.ある働く女性とのお話。

9.29 1

先日、50代の働く女性の方とお話をしていた時、

「昔はこうだったなんてあまり言いたくないけど、昔は育休も無かったし、こんなにSNSも無かったし、女性活躍の波も無かったし、本当に何もなかった。働く女性たちは、本当に必死だったんですよ。
それに比べると今は、SNSがあって何でも情報共有でき、人との繋がりも作っていけるし、国や企業も女性活躍のために動いている。本当に良い時代になったと思います。だから働く女性の皆さんには、現状の問題点や課題ばかりを見て嘆くのではなくて、この環境を活かして前向きに頑張って欲しいんです。

とおっしゃっていました。本当にその通りだと思いました。

2.昔、女性を取り巻く環境はどうだったか?

acd9e82e298b9a36d6581db1661222bd_s

私は大河ドラマを良く観るのですが(今は真田丸ですね)、戦国時代の女性(武士等身分の高い人しか知りませんが)は、お家のためだと人質に出されたり、政略結婚させられるのが普通でした。

武士の家にうまれて、「商人になりたい!」なんて絶対に無理で、その家に生まれたらその家の歩みに身を任せるのが女性のさだめ。

父親が謀反を起こせば、問答無用で家族も殺されました。

結婚したらしたで、「世継ぎを産め」という周囲のプレッシャーは半端ないですし、女性が何か言おうものなら、「無礼な!控えよ!」と自分の意見を言うことも許されなかった。

…私には、こんな状況は、絶対無理です。。

次のページ>>> 今を生きる働く女性の私たちに、できることってなんだろう?・・・


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 今の仕事がマンネリでも、また楽しく仕事に向かえる簡単な方法とは?

  2. 発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?vol.2

  3. 失敗した時に、気持ちをサッと切り替えられるオススメの方法とは?

  4. タスク管理ツール「Nozbe」が働くママにオススメな2つの理由!

  5. <応募無料!>新しい働き方や働き方改革に取り組む「ストーリー」を募集しています!~Work Story Awardエントリー受付中~

  6. 読み間違いしやすい漢字チェック〜あなたは全部読めますか?〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 女性部下育成研修に参加する上司から感じられる、例年にない変化に…

    2019.08.20

  2. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – …

    2019.07.31

  3. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  4. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  5. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21