気になる記事をClick!

長期インターン中の女子大生に突撃取材!〜同志社大学 桃原彩さん〜

女子大生 インターンズ

女子大生 インターンズ

Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンクの女子大生インターンズです!大学生活と両立し、楽しくインターンをしています!私たちと同じくインターンをしている学生さんにも見てもらえるような投稿を目指しています!


女子大生の皆さんこんにちは。Woo!は主に、女子大生のインターンズが運営をしています。全く「IT」のことを知らなかった彼女たちが、今ではしっかりサイト運営をしてくれています。

今日インタビューするのは、そんなインターンズの1人、同志社大学の桃原(とうばる)彩さんです。

1 インターンシップ生の桃原さん

image

ー高野:いつも癒し系で頑張り屋の桃原さん。今日はインタビューよろしくお願いいたします!沖縄のご家族はお元気ですか?

ー桃原:はい。おかげ様で元気です。先日、高校1年生の弟が「将来は先生になりたいので、大学は教育学部にしようかと思っている」という話をしていたのですが、それが姉としてはとても嬉しかったです。「弟も成長しているんだなぁ〜」と胸が熱くなりました。

ー高野:それは嬉しい!会わない間に、弟さんも着々と成長して行かれているのですね。では、子どもの頃の桃原さんは、どんなお子さんだったのですか?

ー桃原:とにかくシルバニアファミリーが大好きで、友達と持ち寄ってごっこ遊びをしていました。クリスマスや誕生日には「プレゼントは絶対にシルバニアが欲しい!」と両親に頼むくらい大好きだったんです。私は弟が5歳差なのですが、弟が生まれる前から兄妹が欲しいと思っていたので、よく人形で赤ちゃんごっこもしていましたね。

ー高野:とても女の子らしいお子さんだったんですね!その頃は、将来は「働きたい」と思っていたのですか?それとも専業主婦?

ー桃原:将来については漠然としていました。ただ、小学校の時にタイムカプセルに入れた「20歳の自分に向けた手紙」には「元気で働いていますか?」といった内容を書いたことを覚えています。子どもながらに、何となく将来働くことをイメージしていたのかもしれません。

でも当時は、まさか京都の大学に行くなんて思ってもみませんでしたし、「地元の大学に行くのかなぁ」とぼんやり考えていました。

そして高校生の時。1ヶ月間アメリカの高校に留学する機会があり、そこで「世界は広い!」と衝撃を受けました。アメリカに行ったのは1月〜2月だったのですが、ものすごく寒くて…当然ですがまるで沖縄とは違いました(笑)また、雪が降ることや、湖の氷に穴を開けて釣りをすることなど全てが新鮮で、純粋に楽しかったです。

それ以来、「ずっと地元しか知らないのはもったいない」と思うようになりました。

ー高野:それは新鮮で忘れられない体験になったでしょうね。でも、高校で海外に留学に行くなんて、珍しくないですか?

ー桃原:私が通っていた高校には、国際科コースや体育コースといった様々なコースがありました。私は普通科だったのですが、国際科に友達がいて、海外に住んでいた話をよく聞いているうちに、海外留学のプログラムに参加してみたいと思うようになりました。今でも、ホームステイ先のお家の方とは、フェイスブックでやり取りしています。

ー高野:すごいなー。高校の時点で既にフェイスブックがあったなんて…では、その時の経験から、大学は県外に行きたいと思うようになられたんですね。

ー桃原:はい、そうなんです。それまではずっと「沖縄の大学に行く」と言っていましたが、それ以来「もしかしたら県外に出るかもしれない」と両親に話すようになりました。父も母も一度県外に出た経験を持っているので、反対はされなかったですね。基本的に、私の気持ちを尊重して自由にさせてくれる両親なので、「行きたいなら行ったらいいよ」という感じでした。

2.京都に来て本当に良かった。

image
(同じインターンの山口さんとの後ろ姿2ショット。)

ー高野:素敵なご両親ですね。では、そこからなぜ同志社大学に行くことを決められたのですか?

ー桃原:実際にどこの大学に行こうか考え始めた時には、関東の大学のオープンキャンパスにも行きました。でも、ビルが高くて怖いなと思って…(笑)そんな時、中学校の京都への修学旅行で「京都ってすごくいいところだな」と感じたことを思い出しました。
また、もとから神社が好きだったので、京都なら色々なお寺や神社にすぐに行けますし、関東よりも沖縄に近いので、京都の大学に行くことを決めました。

ちょうど高校に、同志社大学の指定校の枠があったので、その枠を掴み取れるように、結構必死で勉強を頑張りましたね。

ー高野:自分で掴みとった大学!素晴らしい!実際、京都に来て生活してみて、そして同志社大学に入ってみて、どうですか?

ー桃原:本当に京都に来てよかったと思っています。私は寮に入っていますが、寮だからこそ出逢えた、学部や地域を超えた人たちの繋がりは宝物です。また最初は「簡単に県を超えられる」ことに驚きました。沖縄は島なので、県外に出るのは結構大変なんですが、京都だと気軽にどこでもいけますよね。さらに大学生はたくさん自由に使える時間があるので「これは色々なことができる!」とワクワクしました。

「能」のサークルに入ってみたり、バイトをしたり、海外に行ったり、本当に自分がやりたいと思う色々なこと、好きなことをしました。授業も、本当に自分が面白いと思うものをとりかったので、2回生の秋学期は授業を全然いれずにスケジュールがすかすかで…だから今必死でとるはめになっています(笑)

こんな感じで、本当に自由に、楽しい学生生活を送ってきました。

次のページ>>> インターンシップは、みんな絶対やった方が良いと思います!そう言い切れる理由は?


ページ:

1

2

関連記事

  1. 30代の管理職女性に編集長が突撃取材!〜笠嶋彩子さん〜

  2. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜エクスで働くワーママ藏樂さん〜

  3. ワーママ部長に女子大生が突撃取材!〜栄水化学 長村和美さん〜

  4. 就職、転職を考える人にオススメ、無料でできる性格診断ツール!

  5. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜ベラジオコーポレーションの竜子さん〜

  6. 宇宙一プラス思考な女性に編集長が突撃取材!〜マイディア 西川順子さん〜

  7. 「人事」という苦手分野にチャレンジして得られたこと〜Mさんの実体験〜

  8. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜WSP 渡辺雅夫さん〜

  9. チャットワーク活用のプロ中川亜紀子さん〜だてはげ活用術対談vol.3〜

コメント

    • 久松 磯也
    • 2016年 6月 28日

    お元気ですか 素敵な女性になりましたね
    大学生活をエンジョイして 下さい
    世界で活躍する人になって下さい 帰郷の際は顔を見せて下さいね

    遠い沖縄より応援しています

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  2. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
  3. 10/26(木)ぷちでガチ!育休MBA講座「金融最新事情~支払いの未来を考える」…
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP