気になる記事をClick!

働くお母さん、ワーママに女子大生が突撃取材!~株式会社WSP 山中美紗恵さん~

女子大生 インターンズ

女子大生 インターンズ

Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンクの女子大生インターンズです!大学生活と両立し、楽しくインターンをしています!私たちと同じくインターンをしている学生さんにも見てもらえるような投稿を目指しています!


女子大生の皆さん、働く女性の皆さんこんにちは!
Woo! で学生インターンをしています、加藤道代です。
今回は、株式会社WSPのワーママ、山中美紗恵さんにインタビューをさせて頂きました。
WSPさんは「ただ“もの”をお届けするだけでなく、その先にある“もの”をきっかけに生まれる素敵な “こと”をお届けする会社であり続ける。」を運営方針として、宝飾品や化粧品の製造販売をしていらっしゃいます。

1 山中さんのお仕事

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-8-2-12%e6%99%82woo%e2%91%a0

加藤:本日はよろしくお願い致します!
まず初めに山中さんの現在のお仕事を教えていただけますでしょうか。

山中さん:はい、WSPは真珠を中心とした宝飾品の卸売業をしています。大阪に本社があり、私は東京事務所で勤務をしていますが、真珠の接客販売をしたり、オリジナル化粧品の企画営業をしたりしています。WSPはジュエリーの販売だけでなく、真珠の成分が入った化粧品を作っているのですが、その工場の方と連絡を取りながら化粧品を企画しています。
真珠の成分が入った化粧品は、実際に女性社員がシミに悩んでいて作り始めました。ただ商品を作るのと、自分が悩んでいてそれを改善したくて商品を作るのとは、思い入れがだいぶん違うと思います。私たちは自社の商品にこだわりを持っています。工場の人にも言われるのですが、「これくらいのコスト内でこんなものを作りたい」ではなくて、「こんなものを作りたい。それにはコストはどのくらいかかりますか」という考え方は珍しいようです。

私たちはお客様の美に貢献できるような商品を提供したい、という気持ちで商品と真摯に向き合っています。

加藤:そうなのですね!山中さんの商品に対するこだわりが伝わって来ました!
しかし、私のような大学生には少しハードルが高いように感じます…

山中さん:そうですよね、ジュエリーの話にはなりますが、パールは高い、というイメージをお持ちの方が多いと思います。しかし、最近はジュエリーのデザインや種類も増えていて、カジュアルなものもありますよ! 商品によっては一万円前後で手に入るようになっていますし、実際使っていただければ、パールに対するイメージが変わるのではないかと思います。それに、誕生日や何かの記念にはぴったりだと思いますよ!

加藤:今まで、パールなどのジュエリーは、学生の手には入らない高価なものだと思っていたので、少しイメージが変わりました。

2 ワーキングママ

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-8-2-12%e6%99%82woo%e2%91%a1

加藤:WSPに入られる前は他の会社で働いていたとお聞きしたのですが…

山中さん:はい、結婚を機に転職して東京に来ました。以前は、ベンチャー企業で働いていましたが、大変忙しい会社だったので、結婚して続けていくのは厳しいかもしれないと思い、転職を決意しました。転職活動では、他にも面接を受けた企業もありましたが、しっくりくるところがありませんでした。そんな中、知人の紹介でWSPを知り、代表の渡辺と話した時に「ここで働きたい!」と思ったんです。ジュエリー関係に携わったことは今までありませんでしたが、働いているうちに好きになっていきました。

加藤:そうだったのですね。
山中さんは、産休・育休を取られていたということですが、復帰後何か不安だったことはありますか。

山中さん:2012年に1年間育休を頂きました。1年間仕事から離れていたので、復帰後にまた以前のように仕事ができるのか、ミス無く仕事をこなせるかは心配でした。行事などで仕事に行けない時もありましたが、職場の周りの方がフォローしてくださったので心強かったです。また、今でも皆さんには子どもを可愛がってもらっています。

加藤:そうなのですね。
育児と仕事の両立はとても大変だと思うのですが、一番大変だったことはなんですか?

山中さん:始めての育児・出産だったので、家事や育児と仕事の生活に慣れるのが大変でした。私の主人は当時自営業をしており、週休二日だったので手伝ってもらいながら両立していました。

加藤:育児と仕事の両立のために工夫していらっしゃることはありますか?

山中さん:両立をうまくするために私が一番工夫していることは、いかに時間を作るかということです。子供の保育所の送り迎えなどは時間が決まっているので、朝は送りに行って、夜はどんなに仕事が忙しくても、お迎えに間に合うように帰らなければなりません。そのため、時短勤務をさせてもらい、10時~18時の間で現在は仕事をしています。

会社でしかできないことを優先して取り組み、終わらなかった分は家に持ち帰り在宅ワークをするという風にしています。仕事の種類にもよりますが、会社でも家でも仕事ができる環境があると、働きやすくなりますね

加藤:時短や在宅ワークができることは、働くお母さんにとって大きな味方なのですね!

■次のページ>>>そんな山中さんの学生時代と、働いているからこそわかるWSPの良さとは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 親子で楽しめる!マスキングテープの3つの使い方をご紹介!

  2. 在宅ワークで人と会えない毎日に刺激を与える工夫とは?

  3. 働き方変革シリーズVol1.私が働き方を変えると決めた決定的な理由

  4. 採用担当の働く女性に女子大生が突撃取材!〜AmidA 糟谷八千子さん〜

  5. 会社初育休取得男性に編集長が突撃取材~平岩公認会計士事務所 平岩雅司さん

  6. 夜泣きにイライラしないコツ〜子育て研究家がママに伝えたいこと〜

  7. 驚きの出産体験記〜赤ちゃんが無事に生まれるのは奇跡なんだ〜

  8. 4/24(日)女性向け〜パワーママプロジェクト関西ワーママ情報交換会@大阪〜

  9. 女性活躍企業のご紹介〜在宅ワークや柔軟な働き方ができるFCS〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP