忙しい働く女性が運動するなら、効果があるのは朝?夜?どっち?


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンク高野です。
「9月になって、朝晩少し涼しくなってきたから、運動してみようかなー」そんな働く女性の皆さんも多いはず。では、朝と夜、どちらに運動するのが効果的なのでしょうか?

1.朝の方が脂肪が燃焼されやすい

AWETGB1PS6


運動の効果として朝と夜では効果は違います。

如実に違う点は、朝の運動の方が夜の運動に比べ脂肪が燃焼しやすく、消費カロリーが高いところですね。

朝の体は体が始動しようとするために消費カロリーが高いというのは分かりやすいのですが、脂肪が燃焼しやすい理由としては、朝は体が低血糖(インスリン濃度が低い)からです。

通常、運動時には血液中の脂肪よりも糖分から先に燃焼されていきます。

でも朝の低血糖の体の状態では血液中の糖分が少ない為、脂肪の燃焼がより早く起こりやすくなります。

(引用:発掘ユアlife「朝と夜で効果は違う?ダイエットするならどっちが良い?」

2.寝起きの運動はNG

a1180_014655_m


寝起きに運動をするのは体にあまり良くないと言われる事がありますが、これは朝起きてすぐの、正に寝起きの運動を意味します。寝起きは血流が少なく血管が収縮した状態にある為、寝起きに突然運動をすると細くなっている血管に大量の血が流れる事になり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。

しかしこの血管の収縮した状態も寝起きから30分程度で正常な状態に戻ると言われています。
体全体が完全に覚醒するまでには約2時間を必要とすると言われていますが、2時間待ってから運動を出来る社会人はごく希です。

朝の時間を有効利用して運動をする場合、寝起きから30分後に運動をしだすのが良いでしょう。

(引用:iGotit「寝起きの運動は危険!?朝の運動を正しく健康的に行う方法」

次のページ>>> 夜は身体を休めるのが本当に大事・・・


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 自分の市場価値を高めるために今日から出来ることは?

  2. 頑張りすぎる人の6つの共通点と、すぐできるセルフチェック対策について。

  3. 簡単美味しい栄養満点な菜の花スープ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  4. 何から始めればいい?女性活躍推進のスタートで行うべき3つのこと

  5. 忙しい働く女性の味方?youtubeトレーニングでダイエットを始めてみた。

  6. 働く女性イベント協賛団体

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 育休中の学びを仕事に活かす! キャリアカウンセラー資格の活用実例

    2018.04.16

  2. 芽を伸ばす育成 その要素は3プラス1

    2018.04.09

  3. 育児休業期間中に何をする?私のおススメは・・・

    2018.04.06

  4. あなたのチャレンジを応援する人をつくるための「大切なコト」とは

    2018.04.02

  5. 4/16(月)ぷちでガチ!育休MBA講座「1日で数字が分かる人になる!~…

    2018.03.26