ワーママ兼週末起業女性に編集長が突撃取材!〜青山雅子さん〜


3.夫を理想のパートナーに育てあげた秘訣は?

【使用不可】2016.10.12 12時③
ー高野:化学の仕事にずっとついておられて、身についたと思われることは何ですか?

ー青山:身についたというか…気づいたことなのですが、「自分の中でキラリと光るものは、職種が変わっても通用する」ということです。

私が学生時代でアルバイトしていたマクドナルドは、京都で3本の指に入る売上の店舗でした。そこでマネージャーになるには大変なスキルが要ります。ですから当時上司から「マネージャーにならないか?」と言われたとき「え、私、無理です!!」と一度は断りました。

ただそこで上司から「お前がマネージャーになってくれたら、お店の雰囲気がすごく良くなると思うんや」と言われて、お受けしました。

当時のマクドナルドでは、社員がいない日はアルバイトでもマネージャーである自分が店舗責任者という時間帯があり、ハンバーグのストック指示、人の配置変えなどを行う必要がありました。

でも私、お客様がたくさん来られたら、テンパってマネジメントできなかったんです。

「わ!めっちゃお客さん来てるで!どうする!?どうする!?」とかしか言えない(笑)

でもそんな時「じゃあ僕は、これやるよ」「私はこれするから任せて!」と、みんなが自ら仕事を回してくれました。その結果、お店の雰囲気が大変良かったんです。

現在の仕事でもそうですが、大きな分析案件がきた時には「わーめっちゃやばい!すごいのきた!」と私はつい口にして焦りを隠せない性格で…でもそうすると、周りの優秀な派遣社員さんが「手伝いましょうか?」と言ってきてくれます。

そして気づけば、部署でスムーズに仕事がまわる状況が出来上がっています。

「どんな時でも、周囲の力を借りて物事を進めていける」というのは、マクドナルドでも、今でも共通する自分の強みなんだなと改めて感じています。

ー高野:おぉ素敵!青山さんは、なぜ人からそんなに力を貸してもらえると思われますか?「わーやばい!」と言っている人でも、「なんかあの人は協力したくないわ」という人も実際いますよね…(笑)

ー青山:そうですね…(笑)一生懸命だからかなと思います。常に仕事には一生懸命向き合っているつもりですし、大きな仕事が来ても、一度は自分でなんとかしようとします。それではうまくいかないけれど、一生懸命にやっている姿を周囲が見てくれて、動いて下さるのかなと…。

人間は自分一人で出来ることなんてしれていますし、周囲に頼る、甘えるってとても大事ですよね。

ー高野:すごいですね。周囲に頼る、甘えるという意味では、旦那さんも協力的で、すごく素敵なパートナーシップを築いておられますもんね。

ー青山:夫については、理想のパートナーになるように育てました(笑)夫とは、大学生の終わりの頃から付き合い始めましたが、最初から今のようではありませんでした。

ー高野:えーそうなんですか!

ー青山:はい。学生時代の私は、こんなこと自分で言うのも何ですが、理想通りの人とお付き合いしてきました。箇条書きで理想の男性の条件を書き出していたので、理想の男性像がすごく明確でした。なので、別れてもまたすぐにそういう人が現れるという…(笑)

でも、ある時気づきました。「理想100点満点!」という人と付き合うと、減点方式になってしまうなぁと。「あれ?思っていたのと違う」ということが必ず出てきます。

だったら、「ここだけは譲れない」というところをクリアしている人とお付き合いして、時間と共に理想のパートナーに育てていく方がいいのではないかと思うようになったんです。

ー高野:なるほど…!その当時の「ここだけは譲れない」のはどういう部分だったのですか?

ー青山:「正直であること」「誠実であること」「気持ち(モチベーション)が下がることのないこと」でした。それまでは、仕事あるいは部活に対して、めちゃめちゃ熱い想いを持っている男性が好きだったんですが(笑)
実は今の夫は当時から、滅多に熱くはならないけれど、気持ちが落ちることもありませんでした。常に安定しているんです。

ー高野:学生から社会人を経て、彼氏とお付き合いを続けているという友人からは「働きだすと価値観が変わるから、付き合い続けるのが難しい」という話をよく聞きましたが、青山さんはそのようなことは無かったですか?

ー青山:はい、もちろんそれはあります。働きだして新しい価値観に触れるようになると、だんだん合わなくなるのは当然なので、常にしっかり共有することを欠かしませでした。

私は社会人になってすぐからも、週末には様々なセミナーに参加していました。夫(当時は彼氏)は最初は全然興味を持ってくれませんでしたが、それでも「今日はこんなセミナーに行って、こんな話を聞いてな」と話すようにしました。

それをずっと続けていると「何だか楽しそうだな~」と感じるようになってくれたようで「じゃあ俺も、何かやってみようかなー」という気持ちに変わっていってくれました。

また、第三者の言葉で伝えることも大事ですよね。「こうやで!」と私の視点で伝えるよりも「こんな風に本に書いてあったで」「●●ってセミナーでも言ってたで」と言う風に伝えるほうが、相手には入りやすいと思います。

価値観は、先に片方が変わることは絶対にあるし避けられないことだと思いますが、工夫次第で一緒に走れるようになると思いますね。

ー高野:わーすごいなぁ~すごいです!勉強になります!青山さんは、「人生は自分主体」という軸をお持ちなので、お話を聞いていて気持ちが良いですね。

ー青山:ありがとうございます。確かに…常に自分主体で動き、考えていると思います。

でもそのためには「自分が変わること」が大切です。恋愛でも何でも、相手を変えることはできません。「もっとこうしてくれたらいいのに」「もっとこうなったらいいのに」ということはもちろんありますが、そういう考え方でいる限りは、マイナス方向に向かうしかありません。

そうではなく「じゃあ、この人にはどんな良いところがあるのかな?」と自分の視点を変えることで、相手の良いところが目につくようになり、自然と相手のことを褒められるようになります。すると、相手も徐々に変わってきます。

「育てる」とは言いつつも、「相手を変えるのではなく、自分の見方を変えるからこそ相手が変わる」ことが大事だと思っています。

4.動けば分かる、動かないとわからない。

ー高野:すごいですね。きっと今までセミナーや研修に行かれて勉強されたことも、今の青山さんの考え方に大きく影響していると思いますが、今までで印象に残っておられるセミナーはありますか?

ー青山:宮本佳美さんのセミナーです。「可愛いままで年収1000万円」という本を出されているのですが、自分の動きが大きく変わるきっかけになりました。そのセミナーで「あ、私にもできそうだ!」と思えたんです。


「できそう!」と思えば人は動くことができます。ですから、知識やノウハウではなく「私にもできる」と気づくことが大切だと思います。

社会人になってから、代理店ビジネスや物販も色々やりましたが、「自分のビジネス」や「自分のコンテンツでセミナー」をしたことはありませんでした。でも、宮本佳美さんを知って、いい意味で等身大で普通の方だと肌で感じたとき、「私にもできる!」と思えて火がつき、自主セミナーを開催するようになりました。

料理が好きだったので料理教室もやってみましたが、試作を作る大変さに愕然として、私には無理だと気づきました(笑)手帳セミナーに関してはとても楽しいので、もう2年以上ずっと続けて開催しています。そのほか、ラブレッスンや写真撮影会、ランチ会等、コンテンツを変えて様々なセミナーやイベントを行ってきました。これが、2014年のことです。

ー高野:「自分にもできそうだ!」という気持ちって大事ですよね。週末起業ってまず何からすればいいですか?とよく聞かれると思うのですが、青山さんはなんと答えておられるのですか?

ー青山:週末起業で新しいキャリアの作り方セミナーでも伝えていますが「まずやってみたら?」と言います。何をするかよりも、なんでもいいからスタートしてみることの方が大事です。例えば銃の射撃をする時。銃を構えて真ん中に当てようとする、狙って狙って、考えて考えて調整して、そこから「バン!」と打っても、もう遅い。銃を構えて、まず打ってみて、調整はその後です。

動かないと世界は見えないから、まずは動くことが何よりの秘訣だと思います。

ー高野:確かに、「どうしよう…」と言っている間に、あっという間に時間は経ってしまいますもんね。また、本業のお仕事と週末起業を両立させるポイントにもついてもお聞かせ頂きたいのですが…。

ー青山:私は、本業あってこその、副業や週末起業だと思っています。ですから会社の仕事は絶対完璧にこなすし、本業の手は絶対抜かないし、迷惑をかけないと常々思っています。その上で、副業も真剣にやるという感じですね。

会社から「辞められたら困る!」と言われるくらいの人材になるという気持ちは持って、常に仕事しています。

ー高野:素晴らしい!それが出来るのも、やはり身近なご家族の理解や応援があってこそだと思いますが、それについてはいかがですか?

ー青山:そのとおりだと思います。家族との信頼関係という大前提は大事ですよね。もともと本業の仕事をしながら、時には残業もしながら、週末起業しながら、欠かさず毎週往復4時間かけて祖母に会いに行くようにしていました。

身近な人を大切にすることや、家族を大切にすることは、昔から自分にとっては自然なことでしたね。

でも週末起業に関しては、夫は最初は無関心でしたよ(笑)土日にずっと私が動いているのを見て、「ようそんなに動くな~」なんて他人事でした。でもそのうち「俺もやってみよっかなー」とサイトを作ったりWEB関係を勉強するようになり、今では私の週末起業のマネージャー的な役割を担ってくれています。

ー高野:本当に聞けば聞くほど勉強になるお話です。旦那様とは、つきあっていた頃と、結婚してからとで関係性は変わりましたか?

ー青山:いえ、そんなに変わっていませんね。基本スタンスは、付き合う前も、お付き合いをしているときも、結婚してからも変わらないです。結婚生活については、お互い「予想していた通り」という感じです(笑)

ー高野:お子さんが産まれてからはどうですか?

ー青山:結婚したときも、子ども産まれたときもですが、それで大きく自分のスタンスが変わった感覚はありませんでした。「パートナーができた」「家族が1人増えた」という感覚でしたね。夫は娘にメロメロですが、でもあくまで「家族が1人増えたって感じやねー」と冷静です。

ー高野:変わらないスタンスが素敵ですね。では、育児も家事も仕事も楽しくやる方法やコツを教えて頂けますか?

ー青山:基本的には、家事も好きだし仕事も好きなので、「どうすれば全てがうまくいくか」を心がけています。「いっぱいいっぱいだー!」という時も正直、時にはありますが、そんな時は自分にこう問いかけるようにしています。

「いま私、楽しんでやってる?」って。

現在、毎朝お弁当を作っていますが、これは私が作りたくてやっているだけなので、夫からすれば「嫌な思いまでして作らんでいいで」なんですよね。だから、お弁当作りが少し嫌になりそうな時は「私は本当に楽しんでやってるかな?」と問いかけてみて、楽しくなかったら一度思い切って止めてみます。

やめると、「やっぱり楽しいからやってたんだな」と思い返すことができて、また続けられる。バランスが大切ですよね。

ー高野:青山さんは、行動力もあり、自分を客観的に見ることもできる。それらが自分の中に共存しているってすごいですよね。

ー青山:本当ですか?ありがとうございます!そんな風におっしゃって頂いて嬉しいです。私、動物占いだと「トラ」なんです。「トラ」はトータルバランスをとるのがうまく、それが生まれ持った素質でもあるのですが、逆に仕事一本にはできないタイプです(笑)

仕事も1番、家庭も1番、どれも1番がいい。

ー高野:ちなみに私は「猿」でした(笑)…っていうのはさておき、特にこの半年の青山さんの仕事の広がり、ご活躍はすごいですよね。Facebookの投稿を拝見するたびに、新しい何かが起きていることがわかります。

ー青山:ありがとうございます!!

最近特に「思い込みが大切」だと思うようになりました。「関西ではNo.1の週末起業ブロガー」だと思い込むのと、「ただのいちブロガーだ」というのとでは全然違います。

思い込むだけで、立ち位置、考え方、行動、出会う人、付き合う人・・・全てがどんどん変わっていきます。本当に思い込みは大事だと痛感しますね。

ー高野:思い込み大事ですよね。能力やスキルの前に、自分の思い込みや頭の中のイメージで全てが決まると私も思います。では、青山さんのこれからの展望を教えて頂いてもいいですか?

ー青山:活動の幅は更に広げていきたいと思っています。仕事のジャンルも最近では、ミスコンのビューティーキャンプ講師をつとめたり、企業様とのコラボレーションセミナーが決まったりしていますが、もっともっと色々な仕事をしてみたいですね!!

ー高野:ありがとうございます!では最後に、組織で働く女性に向けてメッセージをお願いできますか?

ー青山:会社員で働く女性には、「どうせやるんなら楽しくやろう!」とお伝えしたいですね。
会社によってはもちろん、大変なこと、嫌なことはあるかもしれませんが、イヤイヤ仕事をやるのって、絶対もったいない。同じ時間を使うのであれば、絶対に楽しんだ方がいいですし、嫌だったら転職してもいいですが、現実はそう簡単にはいきません。

だったら、どうすれば今の状況を楽しめるかを考えた方がいいですよね。

どうせやるなら楽しんだもん勝ち!

忙しく働く日々の中で、「私、楽しんでる?」と自分に問いかける時間を少しでも持って頂けたら嬉しいなと思います。

青山さんと初めてお会いしたのは、約5年前だったと思います。そこから大きくパワーアップされて、地に足をつけながらも大きなチャレンジを続ける青山さん。以前にも増して素敵で魅力的な女性になっておられるので、お仕事の幅が大きく広がっておられることも納得です。私たち働く女性も青山さんを見習って「どうせやるなら楽しんだもんがち!」な気持ちで、人生をどんどん切り開いていきたいと思いました。青山さん、ありがとうございました!


1

2

青山雅子(あおやままさこ)
合同会社Lino 代表 / オトナ女子のためのコミュニティーLino Woman主宰

【プロフィール】
1986年京都生まれ。京都工芸繊維大学卒業。大手化学メーカーに就職後、研究職を勤め、入社後から副業をスタート。様々な副業にチャレンジし、2014年にブログ及び手帳セミナーをスタート。一躍人気のブロガー・セミナーとなる。5大ミスコンのひとつ「ミス グラント」での講義を担当したり、数々の企業とのコラボセミナーも経験。2018年に独立。現在は「最高の仲間を作って、”仕事も家庭もプライベートも!”みんなが自分らしい人生を実現させる!」という想いから、コミュニティー運営を精力的に展開している。プライベートでは、一児のママ。夫が2017年に外資系企業に転職したことから「時間と場所にとらわれない働き方・生き方」という夫婦の長年の夢が実現中。
ブログは<こちら>

【働く女性の皆さんへ】
一度きりの人生!楽しまないと絶対に損!仕事も家庭もプライベートも!やりたいことは全部やって、全部楽しみましょう~!!

関連記事

  1. 「だてにはげてない」杉浦佳浩さんインタビュー〜夢を持つのに遠慮はいらない〜

  2. 3/27(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「自分が育つための人事評価を考えてみよう~復職者のための人事評価~」@大阪・京都・神戸

  3. 「はやくはやくっていわないで」益田ミリさんのおすすめ本3選!

  4. ベンチャーで働く女性に編集長が突撃取材!〜Chatwork 河野智英子さん〜

  5. ドキュメンタリー映画『みんなの学校』を観て~”育てる”ことについて思ったこと

  6. 物流業界の風雲児社長に女子大生が突撃取材!〜PAL 辻有吾さん〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 12月17日(火)第55回ぷちでガチ!育休MBA講座「戦略のための会…

    2019.11.08

  2. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.29

  3. 11月14日(木)第54回ぷちでガチ!育休MBA講座「エフェクチュエ…

    2019.10.17

  4. 【参加費無料】11月10日(日)「メンターmikke」設立1周年感謝祭~…

    2019.10.07

  5. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.04