気になる記事をClick!

「女性活躍企業の採用担当者に女子大生がインタビュー! 株式会社エクス 市野秀仁さん」

女子大生 インターンズ

女子大生 インターンズ

Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンクの女子大生インターンズです!大学生活と両立し、楽しくインターンをしています!私たちと同じくインターンをしている学生さんにも見てもらえるような投稿を目指しています!


みなさま、こんにちは。ナチュラルリンクでインターンをしている川崎夏子です。
今回は学生のOBOG訪問を受け入れてくださった、株式会社エクスの採用担当、市野秀仁さんに社内教育、採用についてお伺いしました。

1 相互利益を生むOBOG訪問

ichino9

ー川崎:本日はよろしくお願いいたします。早速ですがどうして今回、OBOG訪問テストケースの話を受けてくださったのでしょうか。(現在ナチュラルリンクでは、女性活躍推進企業と意欲のある女子大生を繋ぐOGOB訪問検索サイトを作成中です。)

ー市野さん:よろしくお願いします。きっかけはナチュラルリンクの高野社長から当社代表の抱にお話があったことです。
実は先日、ある大学のゼミ生の方が十数人会社に来てくださり、社員数人と懇談をする機会がありました。その後参加した社員と、「学生さんと話すことは普段考えない視点で物事を捉える機会となり、自分たちの内省にも繋がる貴重な時間だった」と話していたところだったんです。

こういった機会は学生さんにも会社にも、双方にメリットがあると考えて、OBOG訪問を受け入れようと考えました。

ー川崎:学生側にとっては確かに貴重な機会ですよね。
会社としてのメリットはやはり「社員の意識が変わる」という部分なのでしょうか?

ー市野さん:意識の部分ももちろんですが、実際の仕事にも活きます。例えばSE(システムエンジニア)はパソコンの前で作業をしているイメージが強いかもしれませんが、自分だけの視点で物事を考えてはいないのです。

ー川崎:少し意外でした。なぜ別の視点が必要なのですか?

ー市野さん:SEはIT部門以外の現場のお客様にも商品の魅力や使い方をきちんと伝えるためのコミュニケーション能力が必要なんです。学生さんと話すことは、違う価値観や知識の差を認めて話すスキルの向上にも繋がります。

ー川崎:確かに、IT製品に詳しくない大学生はたくさんいますし、大学生にもわかる形で商品の魅力を伝える力は、そのまま仕事に活きそうです!

2 「社内教育」は「支援」

ichino2

ー川崎:採用や教育の担当をされている市野さんにお聞きしたいのですが、日本では社内教育を重視する企業は多いのでしょうか?

ー市野さん:はい。社会全体で企業の社内教育についての関心は高まっていると感じています。

ー川崎:御社では、社内教育をどのような位置づけとしてお考えですか?

ー市野さん:エクスでは、教育を”支援”として考えています。

ー川崎:支援…ですか?

ー市野さん:はい。本人が自分にとって必要だと思うことを探し、実践する支援です。これは気づきやきっかけがないとなかなか見つけられないものだと思います。
入社から何年たったら研修を受けるとか、部長や課長など階層ごとに会社から教育を与えられる会社も多いですが、エクスは新人が受ける研修以外はほとんど決まっていません。

会社から強制的に研修を受けさせることはあまりしたくありません。 仕事における自分に足りない部分は、自分でも探すものであり、自分が学びたいと感じて学ばなければ、改善していきにくいからです。

そこで、人材教育会社が提供する教育研修サービスを利用し、様々な種類の講座から本人が希望するものを選択し、上司の許可が下りれば受講出来る体制を作っています。

ー川崎:自分から課題を見つけない限り、成長には繋がりにくいという話を聞いたことがあります。

ー市野さん:自発的に行動する手助けとも言えますね。実は今回のOBOG訪問についても、若手社員全員に話を投げて、参加したい人を募るという形を取っており、自発的に行動してもらっています。

ー川崎:そうだったんですね。知りませんでした。
ということは、教育を行う目的は、自発的になってもらうことなのですか?

ー市野さん:大前提として、私たちは営利企業なので、教育を行う目的は「会社の業績をあげるため」です。 そのためには個々人が自分に合った方法で楽しく働くことが大切になってくると考えています。1つの能力をとことん伸ばしたい人もいれば、新しい仕事にどんどんチャレンジして自分の能力の幅を広げたい人もいます。

それぞれのニーズはまちまちなので、ニーズを満たすために自分が必要なことを見つけるための支援が必要なのです。

ー川崎:なるほど、個々人のニーズは異なっているがそれを満たすために何をしたらいいのか自分で考え、行動に移していけば自分に合った方法で楽しく働くことに繋がりますね。教育を行う目的を突き詰めれば、ここにたどりつくのですね!
何をしたらいいか本人が考えるきっかけを与え、機会を提供する形で支援していけば、それぞれのニーズに合った成長が出来ますね。

次のページ>>>では一律の教育は…?

 


ページ:

1

2

関連記事

  1. だてにはげてない社長に女子大生が突撃取材!〜代表世話人 杉浦佳浩さん〜

  2. 就活もバイトも部活も欲張りに!同志社大学山口美桜さんインタビュー。

  3. ベンチャー企業で働く女性に編集長が突撃取材!〜中川亜紀子さん〜

  4. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜ベラジオコーポレーション 垣内規利さん〜

  5. IT社長に女子大生が突撃取材!〜ターン・アンド・フロンティア 髙野博史さん〜

  6. 入社2年目の女性社員に女子大生が突撃取材!〜シナジーマーケティング株式会社 樽井みずきさん〜

  7. 働く女性に女子大生が突撃取材!~株式会社PAL 平田 妃紗さん~

  8. 企業の採用担当女性に女子大生が突撃取材!〜PAL 北窓佐和子さん〜

  9. ウォーキング講師で起業した竹澤摩佑子さん〜だてはげ活用術対談vol.6〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 映画や動画で英語は学べる!!!おススメの理由と効果的に学ぶ方法とは?
  2. もう試してみた?チャットワークのβ版UI(ユーザーインターフェース)がとても使え…
  3. こんな女社長がいても、いいんちゃう?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP