気になる記事をClick!

発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?


働く女性のみなさん、こんにちは!日野ゆう子です。

正しい文章をいっているつもりなんだけど英語が通じにくいな。
日本人の話す英語とネイティブが話す英語、全体的に何かが違う・・なんだろう。

そう感じたことはありませんか?
それにはいくつかポイントがありますが、
今日はその中でもとても大切な、リズムの違いについてお知らせしたいと思います。

1 早く話せば英語っぽい?の誤解

stocksnap_y2ahvpyb51

英語を聞いているととても早口に聞こえることがあります。

街をあるく外国人同士のふっと聞こえてくる言葉
映画の中から聞こえてくる英語

確かにスピード感がありますね。

では、とりあえず早く言っておけば英語らしく聞こえるのか?

実はそんなことはありません。

ネイティブの方が話すと
おばあさんがゆっくり誰かに話しかけるのも
演説でゆっくりはっきり聴衆に語りかけるのも
(あたりまえですが)みな英語らしいですよね。

2  英語らしさのカギは『メリハリ』にある

SONY DSC

英語らしさは早さではなくスピードではなく緩急です。メリハリです。
強弱といういい方もされます。

英語は日本語よりもずっとアクセントが重要になる言語です。

はっきり言うところはその語のアクセント部分をストレッチ。
逆にあまり重要でないところはあいまいに弱く早く。

メリハリをつけて発話されます。
この法則は、スピードが速くてもゆっくりでも変わりません。

例えばこの文

「I want to make a reservation.」 

日本語のようにすべて同じリズムで
I /want /to /make /a /reservation.
と早く口で言っても、それは英語らしく聞こえるのではなく、
日本語の土台にのった英語が早く言われているだけなのです。

メリハリリズムに慣れたネイティブスピーカーにとっては、
「聞きづらい英語が早くなっただけ」ととらえられてしまうのです。

緩急・強弱のイメージは

I want to make a reservation.

(状況によってはっきり言う単語のパターンはいくつかありますが)
赤字のところがほかの部分と比べてしっかり出てきます。

赤字部分をストレッチする感覚です。

次のページへ>>>伝わりやすい英語の発音に重要なこととは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 女性部下で悩む上司の皆さんへ〜女性はチームで育てよう〜

  2. 悩みから抜け出せる人と抜け出せない人のたった1つの違いとは?

  3. 夏バテ防止「ささみ」のレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. 賢い女性は、職場で男性と戦わない!〜しなやかに勝つ方法〜

  5. 周りから誤解されやすい女性の共通点と、誤解されないようにする方法は?

  6. 忙しい働く女性が綺麗のために実践する、4つの工夫をご紹介。

  7. 効果的なプレゼン資料を作る為に知っておきたい3つのポイント

  8. 教える時間が無くても後輩がぐんぐん育つ裏技ご紹介!

  9. 働く女性の週末の息抜きにオススメ!ラグビー観戦のすすめ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
  2. 女性活躍企業の女性社員に女子大生がインタビュー!~シナジーマーケティング株式会社…
  3. 発音インストラクターが教える通じないアルファベットの秘密
PAGE TOP