発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?


働く女性のみなさん、こんにちは!日野ゆう子です。

正しい文章をいっているつもりなんだけど英語が通じにくいな。
日本人の話す英語とネイティブが話す英語、全体的に何かが違う・・なんだろう。

そう感じたことはありませんか?
それにはいくつかポイントがありますが、
今日はその中でもとても大切な、リズムの違いについてお知らせしたいと思います。

1 早く話せば英語っぽい?の誤解

stocksnap_y2ahvpyb51

英語を聞いているととても早口に聞こえることがあります。

街をあるく外国人同士のふっと聞こえてくる言葉
映画の中から聞こえてくる英語

確かにスピード感がありますね。

では、とりあえず早く言っておけば英語らしく聞こえるのか?

実はそんなことはありません。

ネイティブの方が話すと
おばあさんがゆっくり誰かに話しかけるのも
演説でゆっくりはっきり聴衆に語りかけるのも
(あたりまえですが)みな英語らしいですよね。

2  英語らしさのカギは『メリハリ』にある

SONY DSC

英語らしさは早さではなくスピードではなく緩急です。メリハリです。
強弱といういい方もされます。

英語は日本語よりもずっとアクセントが重要になる言語です。

はっきり言うところはその語のアクセント部分をストレッチ。
逆にあまり重要でないところはあいまいに弱く早く。

メリハリをつけて発話されます。
この法則は、スピードが速くてもゆっくりでも変わりません。

例えばこの文

「I want to make a reservation.」 

日本語のようにすべて同じリズムで
I /want /to /make /a /reservation.
と早く口で言っても、それは英語らしく聞こえるのではなく、
日本語の土台にのった英語が早く言われているだけなのです。

メリハリリズムに慣れたネイティブスピーカーにとっては、
「聞きづらい英語が早くなっただけ」ととらえられてしまうのです。

緩急・強弱のイメージは

I want to make a reservation.

(状況によってはっきり言う単語のパターンはいくつかありますが)
赤字のところがほかの部分と比べてしっかり出てきます。

赤字部分をストレッチする感覚です。

次のページへ>>>伝わりやすい英語の発音に重要なこととは…


1

2

日野ゆう子(ひのゆうこ)
英語発音スクールCEPIO京都教室主宰

HY英語コーチング (オンライン・対面)主宰

【プロフィール】
大学卒業後、日本語講師→英語やりなおし→英会話学校や大学サテライト授業にて英検・TOEIC等資格対策講師として勤務。結婚後、海外学術機関等をクライアントに古書選書コーディネート事業を立ち上げ12年間活動。学生~英語講師時代を通して悩みの種だった英語発音の習得や「TOEICハイスコアなのに英会話が苦手」を克服した経験から、コミュニケーションを楽にするための発音レッスンやスピーキング力養成の英語コーチングを行っています。

英語発音スクール CEPIO京都教室 https://eigo-hatsuon.com/

HY英語コーチングhttps://kyoenglish.com/ アメブロはこちら https://ameblo.jp/kyoenglish

関連記事

  1. 仕事を頑張る人ほど器用貧乏になってしまう理由と、その対策とは?

  2. 混ぜるだけ!簡単豆腐レアチーズケーキ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  3. 男性上司が知っておきたい、部署で女性部下が育たない本当の理由とは?

  4. 夫婦で「ありがとう」を言う習慣を意識したら、喧嘩が激減した!

  5. CWエバンジェリスト直伝!チャットワークプロフィール設定の3つの裏技

  6. 部下育成する人が知っておきたい大切なこと〜蝶はなぜ飛べるようになるのか〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 「英語を勉強しているのに上達した気がしない」という人に、チェッ…

    2020.10.27

  2. 自宅で挑戦 スピーキング力テストVersant 攻略法

    2020.10.20

  3. ネイティブではないのに、英語をすらすら話せる人の共通点とは?

    2020.10.15

  4. after/ withコロナ時代のパラレルキャリア私論

    2020.09.03

  5. 【女子未来大学:オンライン開催】9月27日(日)withコロナ時代のパ…

    2020.09.01