気になる記事をClick!

発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?

日野ゆう子

日野ゆう子

日野ゆう子 英語発音スクールCEPIO京都教室主宰

大学卒業後、日本語講師→英語やりなおし→英会話学校や大学サテライト授業にて英検・TOEIC等資格対策講師として勤務。結婚後、海外学術機関等をクライアントに古書選書コーディネート事業を立ち上げ12年間活動。学生~講師時代・業務を通しての悩みの種・発音を改善したい!とスクールに通い、その有効性に感動。同じ悩みを抱えた方々のお役に立ちたいと2013年より英語発音スクールCEPIO京都教室を開講。生徒さまお一人お一人のくせや状態にあわせた発音レッスンを行っています。

■一言メッセージ:コミュニケーションを楽にするための英語発音のコツや英語やりなおしについての情報などをお伝えしていければと思っています!よろしくお願いいたします。


働く女性のみなさん、こんにちは!日野ゆう子です。

正しい文章をいっているつもりなんだけど英語が通じにくいな。
日本人の話す英語とネイティブが話す英語、全体的に何かが違う・・なんだろう。

そう感じたことはありませんか?
それにはいくつかポイントがありますが、
今日はその中でもとても大切な、リズムの違いについてお知らせしたいと思います。

1 早く話せば英語っぽい?の誤解

stocksnap_y2ahvpyb51

英語を聞いているととても早口に聞こえることがあります。

街をあるく外国人同士のふっと聞こえてくる言葉
映画の中から聞こえてくる英語

確かにスピード感がありますね。

では、とりあえず早く言っておけば英語らしく聞こえるのか?

実はそんなことはありません。

ネイティブの方が話すと
おばあさんがゆっくり誰かに話しかけるのも
演説でゆっくりはっきり聴衆に語りかけるのも
(あたりまえですが)みな英語らしいですよね。

2  英語らしさのカギは『メリハリ』にある

SONY DSC

英語らしさは早さではなくスピードではなく緩急です。メリハリです。
強弱といういい方もされます。

英語は日本語よりもずっとアクセントが重要になる言語です。

はっきり言うところはその語のアクセント部分をストレッチ。
逆にあまり重要でないところはあいまいに弱く早く。

メリハリをつけて発話されます。
この法則は、スピードが速くてもゆっくりでも変わりません。

例えばこの文

「I want to make a reservation.」 

日本語のようにすべて同じリズムで
I /want /to /make /a /reservation.
と早く口で言っても、それは英語らしく聞こえるのではなく、
日本語の土台にのった英語が早く言われているだけなのです。

メリハリリズムに慣れたネイティブスピーカーにとっては、
「聞きづらい英語が早くなっただけ」ととらえられてしまうのです。

緩急・強弱のイメージは

I want to make a reservation.

(状況によってはっきり言う単語のパターンはいくつかありますが)
赤字のところがほかの部分と比べてしっかり出てきます。

赤字部分をストレッチする感覚です。

次のページへ>>>伝わりやすい英語の発音に重要なこととは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 働く女性に伝えたい、心が傷ついたときにするべき3つのこと。

  2. 関西の働く女性による、関西の働く女性のためのサイト

  3. 貯金できない女子でも貯められる!挫折知らずな「365日貯金」のススメ!

  4. 超便利!親子で英語、英会話★電子辞書活用のすすめ

  5. 効果的なプレゼン資料を作る為に知っておきたい3つのポイント

  6. 恋愛成就、美肌の湯…実は女性に嬉しい島根県についてご紹介!

  7. 働く女性の子育てや夫婦を考えるきっかけに。映画「メイジーの瞳」。

  8. バレンタインはご褒美チョコを!ネットで買えるオススメ厳選チョコ4選

  9. 頑張る働く女性を襲う「スーパーウーマン症候群」と対策とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP