ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~


働く女性のみなさん、こんにちは。二瓶 明です。

みなさんは、ひとり旅をしたことがありますか?私は学生の頃、長期休みの度にバックパックでひとり旅にでかけていました。旅をしたことのない大人には「自分探し?」「ひとりで楽しいの?」なんて言われてしまうことも多々あったけれど、やはり旅での気づきは、その後の私の人生に大きな影響を与えてくれているし、いまでも時間があれば旅に出ています。どうして私がひとり旅を勧めるのかを書いてみたいと思います。

1 “THIS IS YOUR LIFE”

出典:https://www.holstee.com/

この画像を見たことがある方も多いかもしれません。HOLSTEEというニューヨークにあるデザイン会社のつくったマニュフェストのポスターなのですが、数年前にネット上で拡散され、世界中で話題になりました。

これを見たときに、だから私は旅に出たいんだなと、とってもしっくりくる言葉たちが並んでいました。日本語訳を最後に載せているので、まずは英語の意味を想像しつつ、この記事を読み進めていただければと思います。

2 誰かのプランに乗っかっているだけだった

私は、大学生のときに1年間休学し、東南アジアとインドをひとりで旅しました。長期の旅は初めてで、自分だけのオリジナルな旅にしようと意気込んでいたのですが、、

実は当初「この町に行けばこれ!」といういわゆる定番のコースをクリアしなければもったいない。という気持ちがあり、もはや義務のように目的地をクリアしていく状態になっていました。おかしな話で、自分の目で見て感じる旅がしたかったはずなのに、すっかり誰かのプランに乗っかっていて、予定調和的な旅程を歩んでしまっていたのです。

プランはなんとかクリアできても、楽しめていないばかりか、ただただ疲労感が募り、こんな旅の進め方に疑問を持つようになります。

思えば私はずっとそんな選択をしてきていました。すでにある程度の見通しがついていて、準備されたものをこなすことはできるけれど、本当に誰かや何かの模倣でなく、自ら見つけたり、築くことをあえて選ぶことなんてありませんでした。

そこからは、自分がどうしたいのか、何にわくわくして、何を嫌だと感じて、何を心地よいと感じるのか…

とことん自分の気持ちと向き合うことにします。

■次のページへ>>>自分の意思で「選択」するということ

 


1

2

二瓶明(にへいあき)
STREET SMART(Thailand) Co., Ltd.現地責任者 / WorkStyeLabo編集長

【プロフィール】
1990年生まれ、仙台出身、立命館大学卒業。大阪のITベンチャーに就職し、入社1年目でタイ現地法人の設立に携わる。2015年より自身の拠点もタイに移し、現地責任者として奮闘中。 「はたらく、あたらしく」を考えるメディア Work Style Laboを立ち上げ、「既存の概念に捉われないはたらき方」を実現するため情報を発信している。
【働く女性の皆さんへ】
大学卒業後、インターン先にそのまま就職し、海外法人立ち上げを行っている経験から、多様な「はたらき方」の選択肢の一つとして情報をお届けできたらと思います。

関連記事

  1. チャットワークを活用したボスコミュニケーションの8つのポイント

  2. 健康になりたい人が知っておきたい「健康の7大条件」とは?

  3. チャットワークエモーティコンに隠れキャラが!?その誕生の秘密とは

  4. 参加費無料!2/20(火)ダイバーシティ研究環境実現キックオフシンポジウム「南近畿からの発信:女性研究者の地平を拓く、未来を創る」@大阪

  5. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

  6. 将来が不安で焦る…そんな時、意識すると前にすすめる大切な事は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ワーママインタビュー

    社外メンターのアドバイスで、気持ちが前を向いた | 男性社会で奮闘…

    2021.03.11

  2. 【オンライン開催】2月19日10:30〜12:30 育休中も復職後も!子連れ…

    2021.02.10

  3. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  4. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  5. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24