在宅ワーク実践者が語る!在宅ワークを活用する3つのコツ


働く女性の皆さんこんにちは。職(はたらくこと)×生(いきること)のみらいデザイナー、シェアリストの神野沙樹です。

最近、在宅ワークに関して次のようなご相談をいただくことがあります。

「会社が在宅ワークを推奨しはじめたのですが、まだ活用している人はほぼいません。在宅ワークのイメージが湧かないのですが、ポイントや注意点があれば知りたいです。」

確かに、これまで「職場で仕事をする」ということが当たり前だった環境において、はじめて「家で仕事をする」というのは、不明点や不安がつきものですよね。
今日は、「働く人の立場」から、在宅ワークを活用する3つのコツをお伝えしたいと思います。

コツ1 時間管理

在宅ワークを始めるにあたって、まず考えるべきは「時間管理」です。
つまり、「仕事をする時間帯」

1日に数時間働くのか、それともフルタイムで働くのか。
時間は決められた時間帯なのか、それとも時間数のみ決められるのか。

このあたりを会社とよく相談して決めておく必要があります。

というのも、在宅ワークを始める理由は人それぞれですよね。
育児をしながら、介護をしながら、あるいは会社がフレキシブルに働けるように制度化した・・・など。

育児をしながら、介護をしながらという場合は、「必ず決められた時間帯に働く」ということが難しいかもしれません。
しかし、場所を限定しない働き方をすすめるためという場合は、「決められた時間帯に働く」という制限も難しくありません。

在宅ワークを始める目的を明確にしたうえで、会社が求める働き方と、自分自身が働きたい(働くことが出来る)働き方をすり合わせておく必要があります。

始めるときには、「あなたの都合の良い時間に、数時間働いてくれたらいいよ」という話だったのに、数か月経つと「連絡を取りたいときに取れないのは不便だ」といわれる、というのでは、お互いに幸せになりませんから・・・。

ちなみに、「絶対の正解」があるわけではありません。

特に導入したばかりという時期においては、会社も働く方も「こうしたい」と主張するだけではなく、互いに「どういう形が望ましいか」を話し合うことが大切だと私は考えます。

コツ2 仕事管理

2つめに考えるべきは、「何の仕事をするか」です。

まず何の仕事をするかですが、分かりやすいのは「完結型の仕事」ではないでしょうか。

デザインの仕事をしている方が受ける「Aというデザインを仕上げる」という仕事や、経理事務をしている方が受ける「○月分の帳票を整理して入力する」という仕事などです。
「仕事の完了」がはっきりしていますし、ある程度、自分で進捗を管理できます。

一方、運用するにあたってひと工夫必要なのは「その都度の仕事」。

例えば、営業が仕事を「取ってきたら」発生する仕事や、お客さんから「依頼されたら」発生する仕事など。
その数がコンスタントにある場合は問題ありませんが、「月に数回程度」などの場合は仕事の分量が読めず、離れた場所にいると仕事が頼みづらい、といった懸念もあります。

また、仕事の質や種類によって、「会社で行った方が良い仕事」と「会社以外で行っても支障が無い仕事(むしろ会社でない方がはかどる仕事も)」があります。

ですから、在宅ワークを勧めるにあたって必要不可欠なことは「仕事しらべ」です。
会社の仕事、部署の仕事、そして自分が抱える仕事に「どんな仕事があるのか」を書き出し、その一つ一つを「完結型-都度型」と「会社(で行った方が良い仕事)-会社以外」の二軸で分けてみてください。

きっと「在宅ワーク」でやることが可能な仕事、在宅ワークが適している仕事が見つけられると思います。

■次のページへ>>>最後のコツは・・・

 


1

2

KES社労士事務所 神野沙樹
「“私たちの仕事はね!”神野沙樹(かみのさき)
株式会社Niesul 代表取締役 / KES社労士事務所 代表
【プロフィール】
「“私たちの仕事はね!”と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。
【働く女性の皆さんへ】
仕事を通してたくさんの企業、そこで働く多くの社員さんとお会いさせていただく中で、いま私は「人生に正解とか不正解なんてない」と感じています。本当に人それぞれだなぁと。だからこそ、正解を求める生き方ではなく、自分が自分のことを認められる生き方をしていけたらなと思います。私ももっと自由に、もっと自然に、生きていきたいと思います。
と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。

関連記事

  1. 周りから誤解されやすい女性の共通点と、誤解されないようにする方法は?

  2. ワークライフバランスに縛られて大事なことを見失わないために。

  3. 頑張りすぎる人の6つの共通点と、すぐできるセルフチェック対策について。

  4. 中小企業のための女性活躍推進のポイントセミナーレポート@大阪

  5. 毎日の通勤時間は無駄?ワーママが考える新しい働き方の形。

  6. 仕事で「いっぱいいっぱい」だった新人時代に先輩が放った名言とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 10/9(火)ぷちでガチ!育休MBA講座優れた起業家の思考法「エフェクチ…

    2018.09.21

  2. <応募無料!>新しい働き方や働き方改革に取り組む「ストーリー」…

    2018.09.10

  3. 本当の自由を追い求めて−Woo!編集長高野美菜子のつぶやき

    2018.09.04

  4. あなたは人が育つフィードバックをしていますか?

    2018.08.13

  5. 仕事も家庭も両立させるシンプルな秘訣とは!?

    2018.08.06