2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~多面的に物事をとらえビジネスの現場で活かす~@名古屋、大阪/京都/仙台(リモート)


育休中こそ、マーケティングを一から学ぶチャンスです!

出産前は、仕事に追われて専門外の知識を学ぶ時間はありませんでしたよね。実は育休中は幅広いビジネススキルを身に着ける絶好の機会なんです!

業界や職種を問わず、すべてのビジネスに携わる方に必須となるマーケティング思考。社会の動きを多面的にとらえ、課題や可能性を発見し新たな市場を切り開くプロセスは、あらゆるビジネスを行う上での教養となります。実践型のマーケティングを得意とされ、ビジネスの現場を熟知された坂田教授の講義を通じて、「実学としてのマーケティング」を学び、実務に生かしてみませんか?

【講師紹介】
坂田 隆文(さかたたかふみ)
中京大学総合政策学部教授・副学部長
神戸大学大学院 経営学研究科 博士後期課程修了(博士・商学)、中京大学総合政策学部教授・副学部長、日本マーケティング学会理事。研究テーマは、マーケティング、商品企画、流通業のビジネスモデル、トヨタ生産方式の異業種への活用、就職活動対策・キャリア教育・アクティブラーニング等。また、活動の一環として、中部マーケティング協会例会指導コーディネーターや中部経済同友会委員会アドバイザー、経済産業省認定「産学連携による社会人基礎力の育成・評価事業」企画・運営、岐阜県山県市観光促進加速化協議会会長、名古屋市有松観光魅力向上事業コンサルタントもなども歴任。

赤ちゃんが泣いても大丈夫。子どもを抱っこしながらでも学べる貴重な機会です!

「ぷちでガチ!育休MBA講座」は育児休暇中のママ、パパたちが子連れで参加できる、ビジネススクールのエッセンスが詰まったビジネス講座です。また講座の企画・運営も育休中のママが行っています。

受講の基本は赤ちゃん優先。

でも、赤ちゃんをあやしながら講座に聞き入り、ワークショップに取り組むママ、パパたちの集中力と判断力の早さに、毎回講師陣もビックリ。この講座で、ビジネスの知識を得てスキルアップを図るだけでなく、同じ意欲あるワーキングマザー、ファザーと出会えるのもこの講座の魅力の一つです。

皆様のご参加お待ちしております。

■2月講座の詳細やお申込みは公式ホームページまたはpeatixより

■現在、第5期(2019年4月以降活動可能な方)運営メンバ―を募集中!お問い合わせもお気軽に。
ikukyu.mba.kansai@gmail.com


1

2

ぷちでガチ! 育休MBA講座
【プロフィール】
関西の育休ママ向け勉強会です。「今まで一生懸命働いてきた。子どもを産んでも仕事を続け、企業に社会に貢献したい。」そんな意欲ある育休ママが、経営についてガチに学ぶ場です。でも育児休暇中なので、プログラムは1時間程度と、ぷちで無理なく、赤ちゃん優先。抱っこしながら、授乳しながら、でも頭をしっかり使って学ぶプログラムを毎月開催しております。

【働く女性の皆さんへ】
乳幼児を持つ育休ママ達なので、赤ちゃん優先で、できる範囲で運営しています。でも、内容は本気の本物。働く上での知識やスキルを身に着けたい。そんな育休ママの思いに応えます。
育休という、素晴らしい機会を活かして仲間を得る。まわりの人に感謝して、私たちは学んでいます。運営メンバーも随時募集中です♪

関連記事

  1. 簡単さつまいもレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  2. 仕事を効率よく行うための3つのコツ〜ワーママ社長が伝えたいこと〜

  3. 栄養豊富なきんぴら時短レシピ3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. 女性は、今と昔とどちらが幸せなのだろう?〜女性活躍と時代背景〜

  5. 4/17(水)ぷちでガチ!育休MBA講座「財務会計 1日で数字がわかる人になる!」~会社で活かせる財務分析~@大阪、京都/名古屋/仙台(リモート)

  6. 早咲の桜を見に行くなら、ソメイヨシノよりも開花が早い「河津桜」がオススメ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21

  2. イライラして、怒って、自己嫌悪になって…そんな日々の中に幸せはある

    2019.06.10

  3. 女性の生き方は、100人100色 – 働く女性も、専業主婦もどちら…

    2019.05.28

  4.  6月11日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第49回 6月講座 企業と…

    2019.05.22

  5. やりたいことをやるか、やるべきことをやるか

    2019.05.20