3/7(木)ぷちでガチ!育休MBA特別講座育休復帰キックオフ2019~人生に全力なママ達へ贈るスペシャル企画~@大阪


皆さんこんにちは。ぷちでガチ!な関西の育休ママ、パパ向け勉強会です。
新聞等でも話題となっている、赤ちゃん連れで学べるビジネス講座「ぷちでガチ!育休MBA講座」。いよいよ春からの職場復帰の方へ贈るスペシャル企画を開催します。

キャリアも育児も欲張りに『自分らしい』人生を歩みたい!

いよいよ育休も終盤を迎える今、新たなライフステージへの期待と不安を抱える方は多いと思います。やる気はあっても、職場に戻った後の変動要素だらけの毎日の中で、どうしたら諦めずに『自分らしい人生を歩みたい!という気持ち』を貫いていけるのか。

今回は、そんな貴方の背中をそっと押してくれる特別講師との実践講義をご用意しました。
講師は、転職エージェントとして活躍し、70名近い部下を持つマネジメント職や起業のご経験も含め充実した「ビジネスパーソン」であり、また一方で小・中学生の「2児の母」「妻」でもある森本千賀子さん。
出産・子育てや職位変更、配偶者の転勤や家族の介護など変動要素の多い女性のキャリアでも、しっかりと「なりたい自分」を見つめることで、ポジティブに変化を楽しめるような人生戦略を立てることができる!
講座では「『自分らしい』キャリアのために」と題して講演いただきます。

概要はこちら

■日時: 2019年3月7日(木) 10:45~12:50(開場10:30~)

■プログラム:
 講義 10:45~12:50
 ランチ 13:00~14:30(予定) ランチ会・イベント(途中退室可)
※当日、森本千賀子さんも参加予定です。
*赤ちゃんのご機嫌が悪い場合、ママが疲れたという場合は、ご退席いただいても結構です。

■定員:大阪会場(40名)

■対象:企業・学校・行政などの組織に勤務しており、現在育児休暇中の方。生後2か月以上の子連れ受講可(生後3か月以上推奨)
※上記に該当しない方も、状況により人数限定で受け付けておりますのでikukyu.mba.kansai@gmail.comまでお問い合わせください。

■場所:淀屋橋odona 6F会議室
   大阪府大阪市中央区今橋4-1-1
    https://mitsui-shopping-park.com/odona/top.html#access
   (アクセス)
     地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅直結(中南改札から地下通路で直結)
     京阪本線「淀屋橋」駅 3番出口から徒歩1分

■参加料:3,000円(講座+ランチ付き)

■次のページへ>>>子育てしてても欲張りに生きるコツ

 


1

2

ぷちでガチ! 育休MBA講座
【プロフィール】
関西の育休ママ向け勉強会です。「今まで一生懸命働いてきた。子どもを産んでも仕事を続け、企業に社会に貢献したい。」そんな意欲ある育休ママが、経営についてガチに学ぶ場です。でも育児休暇中なので、プログラムは1時間程度と、ぷちで無理なく、赤ちゃん優先。抱っこしながら、授乳しながら、でも頭をしっかり使って学ぶプログラムを毎月開催しております。

【働く女性の皆さんへ】
乳幼児を持つ育休ママ達なので、赤ちゃん優先で、できる範囲で運営しています。でも、内容は本気の本物。働く上での知識やスキルを身に着けたい。そんな育休ママの思いに応えます。
育休という、素晴らしい機会を活かして仲間を得る。まわりの人に感謝して、私たちは学んでいます。運営メンバーも随時募集中です♪

関連記事

  1. たらの春菊ジェノベーゼソース〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  2. 年間アクセス数3位『働く女性に伝えたい、心が傷ついたときにするべき3つのこと。』 

  3. 結婚式を欠席、遅刻した時の対処法など〜知っておきたい4つのマナー〜

  4. 仕事を頑張る人ほど器用貧乏になってしまう理由と、その対策とは?

  5. Woo!無料メルマガ登録はこちら

  6. 簡単作り置き冷凍おにぎり3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. わが子を「自立心を持ち、仕事を楽しむイキイキとした大人」へと育…

    2019.05.15

  2. 好きなことで生きていけるのは、嫌なこと、苦手な仕事を経験した土…

    2019.05.13

  3. 5/15(水)ぷちでガチ!育休MBA講座「リーダーシップを身につけよう」…

    2019.04.25

  4. コスパのいい英語・英会話スクールを選ぶコツとは!?

    2019.04.19

  5. 新元号が「令和」に ー 新しい時代の幕開けに、今思うこと

    2019.04.02