「僕が目になろう」スイミーが働く女性に教えてくれる大切なこと


働く女性の皆さんこんにちは。
世の中には、大切なことを教えてくれる本がたくさんあります。ビジネス書、小説、指南書、そして絵本も。働く女性の毎日は忙しい。やることがたくさんで1日があっという間に過ぎていきます。でもそんな時、ちょっと立ち止まって、生きることについて、人生について、振り返ってみるのもありですよね。

1.黒くて小さなお魚の話、「スイミー」を知ってますか?

book_swimy_01

「小学校で習ったのを覚えてる!」「子供が学校で習った」「ぼくが目になろう!の話ね」

そんな風に覚えている人も多いでしょう。まさに私もそうです。レオ=レオ二さんの絵が美しく、谷川俊太郎さんの訳がなんとも心地よく響く、優しいお話です。子供が大きくなってからも我が家の本棚の定位置にスイミーの絵本があります。その絵本を、ふと時々手に取りたくなります。

なぜか?私にはスイミーの物語が示唆に富んでいて、ロングセラーに関わらず「読むたびに新しい」と思えるからです。

2.そんな時こそ、一歩踏み出す勇気が、必要なんだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スイミーは、赤い魚の中で一匹だけ黒い魚。ある日大きなマグロが襲いかかってきて、スイミーはみんなとバラバラになり、ひとりぼっちになってしまいます。

「スイミーは およいだ。くらい うみの そこを。こわかった。さびしかった。とても かなしかった」

でも岩かげを出て初めて見た海には、色とりどりのいろんな生き物がいるんだと、スイミーは気付きます。そして赤い魚のグループを見つけたとき、スイミーはこう言ってみんなを海に誘います。

「でて こいよ。みんなで あそぼう。おもしろいものが いっぱいだよ」

「だめだよ。おおきな さかなに たべられて しまうよ」

「だけど いつまでも そこに じっと してる わけには いかないよ。なんとか かんがえなくちゃ」

次のページ >>> とても有名なフレーズ「ぼくが めに なろう」のシーンでは…


1

2

リトルムーンインターナショナル株式会社 文美月
人生一度きり!やりたいことやっちゃいましょう。

関連記事

  1. 知っておくと得するGmailショートカットの活用法

  2. ワークライフバランスに縛られて大事なことを見失わないために。

  3. スキンケアにも衣替えを〜季節に合わせた美肌の作り方〜

  4. まずはここから、ファイナンシャルプランニングの基本とは?

  5. 既読がないからビジネスシーンで使いやすい、チャットワーク活用術!

  6. 大阪で働く社長の本音〜女性活躍は政府でなく社長が解決する課題〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  2. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  3. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02

  4. 【子育て世代へのアンケート】「子育て×働く」のリアルを探求するキ…

    2020.06.30

  5. 社外メンターに相談して、目の前の霧が晴れた!| メンターサービス…

    2020.06.08